« 95歳のラッパーとわたくし | トップページ | ハロウィンとわたくし »

2016年10月28日 (金)

東急の広告とわたくし

本日28日は成城学園F−giccoで

お天気悪いみたいだけど。。。ぜひぜひお越しください。
ピアノは神宮寺直美さまです!
ハロウィン近いんでもちろん仮装です!

Photo
18時オープン、19時から19時半の間に始めます!
皆様のお越しをお待ちしております。
***
Photo_2
まぁ、車内での化粧はやめましょう、という広告に対して
「みだしなみだからいいだろう」とか
「誰にも迷惑かけないんだからいいじゃないか」派と
「公共の場なんだから控えるべきだ」派に分かれるという
いつもの終わらない論争ですね。

当然、わたしは「自分の部屋か化粧室でやれ」派なんですが
でも、車内で化粧することを
「他人に迷惑かけてない」って思う感覚の人には
何言っても無駄だと思います。

事実、そんなに迷惑かけてないし。
「じゃ、隣の席の人が鼻毛抜いててもいいの?
みだしなみだし、
あなたに迷惑はかけないと思うけど」といったとしても
「化粧と鼻毛は違う!」みたいな話になっちゃうと思うんですよ。
こういう人は
自分はこれでいい、と思ってるからもう、いいと思うんです。
ずーっと誇りを持って「一生電車の中で化粧をする族」
でいればいいと思います。
そこまで言うなら、国の法律で「車内化粧禁止」となっても
頑張って化粧してほしいです。
投獄されても頑張って化粧してほしいです。
だけど、ただ、「別にいーじゃん」で
やってるんだったら
世界が広がったときに
その感覚だと門前払いされる場所が
たくさんあるんだってことを知るのだと思います。
大人になって思うんですけど
残念ながらこの平和で平等な日本には
明らかに階級というか
グループというものが存在します。
その階級差はものすごーーーく瑣末なところにまで存在している。
それはもちろん経済格差のようなものもあるけど
それと同時に「感覚」がある。
ちょっと魅力を持ってるような人って
いくら若くても派手で破天荒に見えても
根本的に
「日本に古くからある美徳」みたいなものを
すごく大切にしている人が多い と思います。
そういうところの仲間に入れなくなる。
今、思い出したけど、そうだ、簡単な言葉がありました。
「お里が知れる」
実家のお母さんとかは絶対、電車の中で
化粧しなさいってしつけしてないと思うんだけど。。。
以上です!

« 95歳のラッパーとわたくし | トップページ | ハロウィンとわたくし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 95歳のラッパーとわたくし | トップページ | ハロウィンとわたくし »