« メシと身体とわたくし | トップページ | 梅と桜とわたくし 週末その2 »

2014年3月10日 (月)

モデルとわたくし 週末1

これ、すごいなー。

500 Years of Female Portraits in Western Art

http://whats.be/152

古来から、美人とゆーものは

絵に描かれるもの。

芸術家の魂をゆさぶってこそ美人。

芸術家の創作意欲を湧かせてこそ美人。

芸術家をキャンバスに向かわせてこそ美人。

言い換えれば絵に描かれなければ美人ではないと

言っても過言ではないかもしれないのです。

(強気だか弱気だかわからない主張)

何が言いたいか、

もうおわかりでしょう。

昨日、私は、私をモデルにした

絵をプレゼントされたのです。

飲み屋のコースターの裏に描かれた

落書きではありません。

きちんと額に入った素敵な作品です。

K様にお会いしたのは鎌倉のヨット関係のパーティー。

2年前、ヨットに友人も誘って乗せていただいた際には

私の手料理で、次々にみんなが嘔吐し、

殺人料理人としての名声をいただきました。

K様は趣味で絵も描かれているんです。

ジャズも歌われるんです。素敵です。

では、ご覧下さい!

小林暁彦画伯による

美しい私をっ!!!!






1394421266386

いいでしょー。

すっごく気に入っております。

年末に小林さんがグループ展に出していらっしゃる絵を見て、

とても色遣いが素敵だったので、

「私も描いてください~!」とお願いしたら、

昨日、持ってきてくださいました。

ブログの写真を見ながらお描きになられたそうで、

奥様に傍らから

「本当にそれでいいのか?」と念を押されたそうです。

「これいただいていいですか?」と

半ば

奪い取るように持ってきてしまったんですが

このような場合はどのように御礼をしたらいいのか、っていうか

誰か教えてください...

小林さん、本当にありがとうございます!

これからもラッパ飲んで生きていきます!

続く

« メシと身体とわたくし | トップページ | 梅と桜とわたくし 週末その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メシと身体とわたくし | トップページ | 梅と桜とわたくし 週末その2 »