« 熱海から踊りまでとわたくし | トップページ | 連休とわたくし ドス 三島大社と紙芝居 »

2014年3月24日 (月)

連休とわたくし ウノ!谷川晃一雑貨展とわたくし

金曜日。

早起きして向かった先は~。

三島 大岡信ことば館

http://www.zkai.co.jp/kotobakan/index.html

で、行われている

「これっていいね 雑貨主義展」

http://www.zkai.co.jp/kotobakan/index.html

画家・谷川晃一さんの集めた世界各国の雑貨が

どどーんと。一同に介しています。

それも本当にいろーーんなもの。

スタバの袋とか、ガーナの布とか、

オールドノリタケのティーセットとか、

ただのマッチかな、と思ったら

水戸岡デザインだったりとか、

人によっては「で?」なものもあると思うんですが、

たぶん「うゎーーっ!」って思う人が多いかと。

雑貨というのは

価値が一定じゃない。

その分、

個々で出会うもの、発見するものである。

と、思いました。

あ、この言葉はパンフレットの

受け売りです。

これくらいのことさらっといえるようになりたい。

でも本当にそうだと思った。

私は雑貨の中でも

世界の台所用品に異常に惹かれます。

アルミやホーローの

小鉢やバットは私にとって

「なんて素敵」ですが

うちの父ヒロシとかからみれば

「こんな脱脂粉乳入れみたいな器...」となる。

私はときめくが

ヒロシはときめかない。

さらに、私は「スプーン・れんげ」が

大好きで、

特に

スプーンは高級なのでなく

プラスティックとかキッチュでカワイイ色のが好きで

見つけると

必ず買う。

卑近なとこでは、コンビニでもらう

白いスプーンがすごくかわいいと思っていて、

あれが集まると

木のテーブルに並べてにやにやしたりします。

そういうのも

人によっては

「貧乏くさい」趣味なんだと思いますが

どうにも好きなんでございます。

人によって違う。

金子みすず的に言えば

「みんなちがって みんないい」

のでしょうか。

相田みつを的に言えば

「貧乏くさくてもいいじゃないか 人間だもの」

でしょうか。

(そんなことは言っていない)

そういうのが雑貨のおもしろさでしょーか。

「おとこのおばさん」(本人談)

谷川さんが世界を回っているうちに

自然に集まった雑貨。

展示方法も

「アジア」「アフリカ」など別れておらず、

インドの水牛の人形と、

日本のイヌイットの人形が普通に並んでいても

なんにも違和感がない不思議。

「え?」と発見する楽しみ満載なので

新幹線に乗る機会の有る方、

三島駅前で6月までやってますから

是非、ぶらーり途中下車してみてくださいませ。

終わった後は、すごい勢いでラーメン屋。

今年16杯目。

「がっつり麺ふじもり」の

魚介とんこつラーメンと

ビール。

Sdsc_0806

いい年した女が入る店名じゃないせいか

私しか女は店内にいなかったけど

おいしかったです。

でもお腹いっぱいになりすぎて、

このあと何も食べられませんでした。

つづく

« 熱海から踊りまでとわたくし | トップページ | 連休とわたくし ドス 三島大社と紙芝居 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熱海から踊りまでとわたくし | トップページ | 連休とわたくし ドス 三島大社と紙芝居 »