« フライヤーとわたくし | トップページ | 素敵な曲とわたくし »

2014年3月 5日 (水)

猿の惑星とわたくし

痴呆が進んでいます。

今日、セッションライブでした。

皆様是非、楽器で乱入し、さらに歌いにいらしてくださいね!

歌わない方でも歓迎でーす。

☆表参道JazzBird

港区南青山3-13-1小林ビルB1F 19:30~ 3set \1300

http://www2.ttcn.ne.jp/jazzbird/

Pf鈴木みよ B野村進一 Ds花見常至 Voケイティー小林

*****

先週の土曜日、仕事でご一緒した方と

打ち合わせ終了のあと、

なんだか「猿の惑星」の話になりました。

とても博識な紳士で、

その日

「○○って知ってますか?」とそのお方様から言われたことの

98%は知らなかった私は、

私は今まで何をしてきたんだろう、

電車の中で

キャンディークラッシュやってますなんて

死んでも言えない...と思いながら

話を聞いていました。

関係ないんだけど、

少し前まで、携帯のゲームなんてゆーのは

いい大人がするもんじゃない、と思っていました。

その時間があればどれだけの本が読めるか、と。

携帯ゲームでレベルをあげたところで

なんの生産性があるか、いや、ない、と。

しかし、友人に教えてもらって

なんの気になしに始めたところ、

もう、ダメ。飽きる日がくるのかなーこれ。

話を戻しますと、そのとき、

「猿の惑星」の話になりました。

昔、テレビで映画をよくやっていた頃、

どういうわけだかわが家では

必ず年に一度放送されていたと思われる

「犬神家の一族」と「猿の惑星」を

毎年家族で見ていたような気がします。

もしかしたら他にも見ていたのかも

しれないけど、幼心に怖かったのを覚えてるのは

この二つ。

見たのは覚えてるけど、

どんなだったか覚えてない。

たしかコーネリアスとかいう

人が出てきましたよね? と聞くと

「コーネリアスは人ではない。

猿側、もっと言えばチンパンジーだ」と

言われ、

「あなた、本当に何も知りませんね..」と

あきれられたのでした。

悔しいので、週末、「猿の惑星」と

「続猿の惑星」を続けてみました。

昔の映画って、ストーリーは単純だけど

すっごくおもしろい、とあらためて思いました。

「進み過ぎる文明への警鐘」とか

「軍事兵器の怖さ」とか

壮大なメッセージの傍らで、

「え?でも檻に入れられたメスとは

いつの間にかできてるってわけ?」みたいな。

また、見ているうちに昔怖かったシーン、

例えば、ミルク飲み人形みたいのを

投げたら

「ママー、ママー」と泣くとか、

(結構重要なシーンなんですが)

ああ、あったなーこういうの、と

思い出しました。

今、調べて思ったんですが、

このジーラ博士(チンパンジー)

「欲望というなの列車」で

ヴィヴィアン・リーの妹役だった人なんですね。

キム・ハンターという美人女優。


Kim

この顔を見て、

この顔に抜擢。


Images

謎です。

では、本日、お待ちしております!

« フライヤーとわたくし | トップページ | 素敵な曲とわたくし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フライヤーとわたくし | トップページ | 素敵な曲とわたくし »