« 寿司と渓谷と餃子とわたくし | トップページ | 宇宙葬とわたくし »

2012年8月13日 (月)

眼科でやられちまったわたくし

金曜日、目が覚めたら
左目がお岩さんみたいに腫れていました。

虫さされ?何?でもかゆくないし?

とりあえず、氷で冷やしたけど
全然よくならない。

というわけで、仕事が終わってから眼科にいったんですわ。


受付で、まず「コンタクトの処方ですか?」と
聞かれたので

いや、目が腫れているのです、と答えました。
そのころにはだいぶ治まってたんですけどね。

女医さん登場。
私の目を触る指から醤油の匂いがぷんぷんしてて、
もう、その指肴に、刺身食べられちゃうくらいで。

「ものもらいでもないみたいねー」
「何もできてないわねー」
「外も虫刺されのあともないわねー」
といったあと、

「アレルギーがあるみたいだから、
それかしらね。軟膏だしておきましょう。
目薬もいる?」

いるっていわれても、
わかんないし。

でね、そのあと、ちょっとこっちきてって

なんか花火みたいな画面をずっとみせられて
「あー、左は視力が悪いわねー」

次はこっちきて、といわれて

視力検査。
私は右1.5、左0.1くらいの
ガチャ目なんですが、

「視力の矯正は考えてますか?」というので
「考えてない」っていいました。

だのにいつまでも

レンズをがちゃがちゃ入れ替えて
あれでもないこれでもない、これなら
見えるかって、聞かれ、

なんのためにやってるのかよくわかんなかったんですよ。

でも、お会計の時に分かりました。


検査料とやらで5000円近く。

目の腫れにはよくわからん軟膏しか
出さず、

いりもしない検査で、この金額はなんやねん!
なんでやねん!
なんで指が醤油臭いねん!
なに食うてるねん!

と、関西弁ですごむこともできず、
すごすご払って出てきました。

お医者さん、お願いです。

貧乏人を診察するときは
せめてどうしてこれが必要かという説明してください。

« 寿司と渓谷と餃子とわたくし | トップページ | 宇宙葬とわたくし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寿司と渓谷と餃子とわたくし | トップページ | 宇宙葬とわたくし »