« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

ためになる音源とためにならない音源とわたくし

F.B.で、
ウルトラ格好いいトランペット&ボーカルの
ヒロ川島さんがこんな画像をシェアしていました。


http://www.youtube.com/watch?v=rkEcL7xOIME&feature=youtube_gdata_player

ヒロさんと一緒にライブしているドラマーの方が
「演奏中に何を考えているか」が分かる画像なんですが、
これ秀逸です。
短い間に、こんなに色々考えているんですねー。

そして、もう一つ。
今朝、見るなり(聞くなり?)、
爆笑する音源が届きました。

私が10年くらい前にやっていた
大学生の時のバンドサークル時代の
先輩と同期と組んでいた
「偽Jazzヘクトパスカル」というバンドの
音源を、ニコニコ動画的に処理したもの。

このバンド、
結成時のモチベーションはただ一つ、


「俺たちジャズやってるんだけど合コンしない?」
って女の子を誘いたいからっていう
(私の立場はいったい….)

メンバーは次の通り~。

オン・ベースっ!
バンマス、医学部でもないのに
大学に6年いた男、
そして、毎年新年会のたびに
“今年こそ恵子ちゃんの結婚式に
出られますように“とお祈りしやがる、
エイージ・タカーキー。
Taka

ギターっ!今はプロで活躍中、
Jazz’enkaのCDにも参加していただきました、の
伊藤紀彦~(アンドレ・コスプレ)

Nori

そして、いま1人っ!
今は、タイで社長さんになった、
学生時代に彼がつくったオリジナル
「You can make it (you can )You can make it now!
今までのー弱気な自分をかなぐりすててぇーー」っていう歌詞を
ネタに、未だに飲まされてる
海老沢リョーーースケーーーっ!

Ryo

ドラムっ!
「息子さんが仙台市営地下鉄の中で
妊婦に痴漢行為を働いた件で」っていう
オレオレ詐欺の電話が、実家にあり、
お母さんから半狂乱で電話があったっていう、
カズヒロ・イシツカーーーっ!

Ishi


そして、あたしーーーっ!

Photo


曲はMyFavoriteThingsなんですが、
誰もJazzやってなくて。
っていうか私はちょっと始めてたけど
ピアノじゃなくて歌だったんだよな。

いや、バンドではのりさんと私と石塚さんは
一緒のフュージョンバンドにいたし、
他の角松敏生とかやるJ-popバンドにもいたし、
高木くんがボーカルのバンドで
私はコーラスやってたし、
良介くんのバンドではシンセやってたりしたんですけどね。

Jazzは誰もやってなかった。
誰もJazzをしらないでやったら
こうなった、みたいな貴重な音源です。

洗足学園のジャズ科とかで教材にすればいいと思います。
★偽ジャズヘクトパスカルによるMyFavoriteThings
http://www.youtube.com/watch?v=aYcckzIMFWE&feature=youtu.be


ピアノは部同じフレーズしか弾いてないですしね。
途中で飽きてますしね。
後テーマはちょっとしゃれたことしようとして
すぐ失敗してやめてますしね。


懐かしいですわー。
そして今も全然進歩してない自分の手を
じっと見ております。

ちなみに、この偽ジャズ、
結局一度も合コンには行ってないそうです。

2012年5月30日 (水)

一生懸命になってね!とわたくし

昨日は、うち合わせ行って


リハ行ってそのあと待ち合わせ時間までの間
最近首が痛いので
久しぶりにここに行こうかなって。

★清水湯
http://www.shimizuyu.com/

駅から近いんだけど天然温泉で、きれいだし、
安いし(450円)、ここに入るとむくみが
とれるし・・・・(ような気がするし)。

駅降りて、道を歩いていたら
スペイン語教室のA先生に偶然お会いし、
ついつい2人でこの立ち飲みにすいこまれまして。

★晩杯屋
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13111295/

小一時間ワインのみながら近況報告をしあいました。
5月は忙しくてスペイン語をお休みしてたので
久しぶりに先生に会えて妙に楽しかったです。

でもってそれから清水湯に行き、
黒酢ドリンクを飲み、
この間気になっていたここへ、I様と。

★洋食居酒屋デニーロ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13054074/
Dsc_1254

ポテトサラダおいしい。
チーズのフライもおいしい。
前菜盛りはピクルスがちょっと酸っぱかった。

Dsc_1255


帰りにどーっしても気になったことを
マスターに聞きました。

質問「なんでデニーロっていうんですか?」

答え「好きだからです」

会話終了。

次はここ。
★寅圭
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13131255/

ここねぇ、煮込みがおいしいんですわー。
他にも焼きトンだの、キャベツだの、あぶりしめさばだの
まるまるもりもりと。
Dsc_1256

本当はその後に天下一品に行こうといってたのですが、
おなか1杯だったのでおとなしく帰りました。

****

先日、「めんどくさい」という
言葉について書いたときに
コメント下さった方に返事を書きながら
いろいろ考えていたんですけどね。

私が幼少時、
子供読本という不思議な道徳童話集があり、
カルタ形式でいろんな話が書いてあるんです。

初版が昭和2年なので、
言葉とか謎のものも多く、

主人公同士の
「そのくまはかわいいね」
「くまじゃないよ、テテベヤだよ」という
会話のテデベヤが、実はテディーベアの
ことであったり、

「宿題の算術が面倒になると…」とか
「女中さんに探してもらって…」とか
言葉遣いはとにかく古くさい。あたりまえだけど。

その中に
「ころんだらおきよ」という話があります。

それによれば
1:昔世界は泥のようなものであった。それが
いつか陸と水に湧かれ、きれいな世界がつくられた。
はじめは草も木もないし、人間も動物も同じような
へんなものだった。


2;生き物は泥の中をもぐって食べ物を探しおなかが
いっぱいになるとまた泥の中で寝ていた。

3:そうこうしているうひに泥がだんだん硬くなってきたので、
外に出てみよう、とあるものがいいでした。
「いやだ。こわい」といって多くは土の中にとどまり、
「出てみよう、一生懸命になってね」(原文ママ)というのも
少しはあった。

4:かたまりかけた地面に出ると、足が弱いからすぐ転ぶ。
起き上がってまた歩く、をくり返しているうちにだんだん足が
丈夫になる。

5:一団はそうして歩いて山に来る。
山に登ろうという者に対し、「いやだ、こわい」という者、
そして「行ってみよう、もう一度一生懸命になってね」と
いう者が山を登る。すぐくたびれて、巣をつくって住み始めるものもあるが、
山頂までいたったものもある。
山頂にはおいしい木の実がなっており、そこに
とどまるものも出たが、
さらに山から見える海や川をめざすものがいた。

6:長い間、いろんな道を転んではおき、
歩いていると、足は強く、目も耳もきくようになり、
手も器用になり、顔つきもかしこくなった。

7:それが私たち人間の祖先。山頂にとどまったのは猿の
祖先だろう。それより低いところは熊の祖先。
そして、泥の中に残ったのはみみずやむぐら(もぐら)の祖先だろうと
思います。

****

簡単に言えば、
高みを目指して努力するのは
人間の特徴であるから、
何事も頑張るように、ということなのだと思います。

でも、
今考えると、その
「やってみよう、一生懸命になってね」と、
頑張って頑張って、
いろんなものをつくり、開発してきた
先にあるものが、
今いきすぎちゃってるようになってると思うんですわ。

だから、今この本を改定するとすれば

「もうやんなくてもいいんじゃない?」とか
「それって必要?」とブレーキをかける
役が必要なのではないか、と….。


やっぱり時代は移りゆくし
価値観も変わるんだわーって
改めて思いました。

ていうか、
なんでも
「めんどくさーい!」ってなげうつ
私の度胸に価値観がつく日が一日も早く来ますように・・・・。

2012年5月28日 (月)

ラオスとわたくし


日曜日。

10時の電車で帰ってきて、
すぐにジムのきっつい筋トレにいき、
家に戻って一生懸命楽譜を書いていると

「あの代々木公園の、
マイナーな国の祭りに行こうよ、クスクス」と
魅惑の電話が。

行ってきましたよ、
はい、行ってきましたよ、
地球防衛軍ブラック先生と。

2週間前にタイフェスにいったんですが
その時にこの告知を知り、

「ラオスって何食べてるの?」
「さー?虫とか?」みたいな会話をしていたのでした。

ラオックスじゃありません、ラオスです。
ライオンキングじゃありません、ラオスです。
シラスじゃありません、ラオスです。
白洲正子じゃありません、ラオスです。
いわんや白洲次郎おや、ラオスです、

ラオスです、ラオスです、ラオスです…

いまいち面白いこと思いつけないのも、
人民民主共和国っていう硬い国名のせいじゃないかと。

会場である代々木公園入り口にとうちゃーく。

こないだのタイフェスの時は
虚弱なOLだったら
公園の入り口に至るまでの間に
貧血で倒れてしまうのではないかっていうくらいの
人、人、人でしたが、

今回は余裕で、
こういうことしても大丈夫なくらい。
(やらないけど)


Photo_6


さて、ラオス屋台はどんなものがあるのかなー….

ラオスは海に面していない山岳地帯の国。
ゆえに水がおいしく、そこでつくられる
ラオビールは、繊細な味わいと…..(棒読み)

Beer


能書きはいいのですがー
あんまり好みではなかった。残念。

さ、ラオスの食べ物を探しましょう。

ラオスーっ!


Photo_7

大阪…..

ラオスーっ!!


Photo_8

インド….


ラオスーっ!!!

Photo_9

中国……

ラオスーっ!!!!

Photo_10

インドネシア….

ラオスーっ!!!!!(涙)


Photo_11

トルコ….


ラオスーっ!!!!!!


Photo_12

トルコ2….

ラオスーーーーーっ!!!!!!


Where

左から、タイ、タイ、フランス….

もうどうなってるわけ?
どこがラオスフェスティバルなわけ?

ラオスって、

サワディーカーって挨拶しながら
ケバブとフランスパンにカレーはさんでで食事して、
食後はのびーるアイスなわけ?

もうし、そこのお兄さんちょっと、ちょっと、
そこで配ってるのはラオスフェスの
パンフレt…..

Photo_13

Photo_14

え、奥飛騨温泉だし?


どうなってるわけ?

と思ったら、
ありました、ありました。
Dsc_1248

ラオスの焼き鳥とソーセージ。

ちなみに、ここで食べる前に
ソーセージ好きなブラックのためにと
ラオスのハーブのきいた
ソーセージを食べながら歩いていたのですが、

通りすがりの酔っぱらいのおっさんに
「ここにきたら、焼き鳥食わなくちゃ!」と
アドバイスを受け、
素直に従って購入。

私的にはここのソーセージが一番おいしかったです。
安いし。

おりしも会場では、
シークレットゲストである
爆風スランプのライブが行われ…..
るが、面倒なのでビールを飲み続け、

「ラオス独立の歌」に
燃え上がる若いラオス青年達を見ながら
雑貨屋を冷やかしに…..。


Photo_15


オス雑貨。(若干意図的)


ここで買った、スパンコールきらきらの
タンクトップは
よく見たらインド製でした。

なんだかわかんないけど、
ラオス、がんばれー。

というわけで全然食い足りなかったので、
いつものここへ。今回はバルじゃなくて
2階のレストランに行ってみた。

★MADRID
http://www.madrid-tokyo.jp/

なんとなく敷居が高いと思ってたけど庶民的な
雰囲気でおいしかったです。

食い散らかした前菜盛り・・・・。

Dsc_1249


そして海老が攻めてくる感じの
パエリア(演出:ブラック)。

Dsc_1250

Dsc_1251


Dsc_1253


Dsc_1252


おいしかったけど
食べ過ぎました。でもまた行きたい。

****
もーいっかい宣伝。

6月7日(木)六本木Club-t
★Club-t  六本木駅徒歩5分
http://r.gnavi.co.jp/e150800/
東京都港区六本木5-3-4 レーヌ六本木4F
03-3423-9765 20:00-23:30までの間に3set MC\4000

大好きな、そして超素敵なボーカル
浅田尚美さんと御一緒できる日です。
是非!

★池袋HotPepper池袋駅 3分
豊島区西池袋1-37-15西形ビル5階 電話 3971-8669
20:00- 3set MC2000円
http://www.qurie.ne.jp/hotpepper/index.html

ボーカルのMIKE黒宮さん企画のライブの
ゲストに呼んでいただきました。
池袋は終わったあとがまたパラダイスだよねーーーっ!!

★6月14日(木)新宿J 新宿御苑前駅徒歩5分
http://www.jazzspot-j.com/
東京都新宿区新宿5-1-1 ローヤルマンションB1
03-3354-0335 19:15~/20:45~/22:15~ MC\2000

Jazz’enka! すでにご予約いただいております、
Jazz’enka!!!
今回もまた飛ばしていきますよーっ!!

*****
で。
週末金曜日はJazzBirdでした。
お越し下さったみなさま、ありがとうございます。
愛しています。本当だってばー。

メンバーでパチリ。
左後から、
絶対に絶対に、「太陽にほえろ」に出てたでしょ?
ベースの風早龍也さま~。

顔が決まってマス。
かの有名なカーネギーホールでも
コンサートを開かれた
偉大なーるピアニストそしてコンポーザー、
大崎龍治さま~。

今回、前髪が好評でいい気になってます。
あたしーっ。

そして…..
あれ?バンドの人じゃないよ?
TheGiftをリクエストした方だよ?
四万十川の話で盛り上がった方だよ?
名前。知らないよ?
ので、四万十川勝さま~。
(勝、は適当につけました)


ちゃんとした顔ができんのか、と言われ、
良いお顔でやり直し。

てゆうか、リーダーのKemmyさんがいないし?

というわけで、
リーダー、どこの国の人か分かりません。
ドラムのKemmyさま~。

ライブ終了後、
ぁぁぁぁぁぁあああああっ。
また吸い込まれました。
モンゴメリ。

海苔が叉焼の下になちゃったのが
残念です。

土曜はいつものように
朝起きて、洗濯して布団干して
掃除して、保存食つくって、
買い物行ってから

ライブのために熱海JazzClub-Aに~。
月に一回はお招きいただく熱海ですが、
予定があわなくて、4月は入れなかったので
約2カ月ぶりでした。

商店街をぬけたあたりに
こんな、自分がどこにいるかわかんなくなる
看板ができていました。

ライブ、最初お客さんが少し少なかったですが
いつものように、ばらばらと皆様
集まってくださり、楽しいライブとなりました。

始めていらっしゃるお客さまがいて、
ご自身もウェスの大ファンとかで、
ギタリストだということだったのですが、

「君、うまいねぇー」とおっしゃったので
「うまいだけじゃなくて、可愛くてすみません」と
お詫びしたら、

「いや、そこまでは言ってないよ。

でも、あれ、あれに似てるよね、
ほらなんだっけ、あれ・・・・」

この時に私の脳裏によぎった「アレたち」。

米良美一。

屋久島の屋久杉でつくった置物。

スナメリ


正解は
「あの、ほら、デカワンコ!」


ああ、この人だ。

でも、たぶん、こういう方の顔でいってるんだと
思いますが。

Aではライブの後の
マカナイも楽しみの一つ。
近くの割烹武富のおくさん、
さおりんが
いつもおいしーーーー賄いをつくってくれます。

ていいながら

名前が分からない魚の煮物。これすごいおいしい。
そして
名前が分からない魚を焼いたのが
入ってるサラダ、これもおいしい。

これに、鶏団子鍋。
鍋の写真もとったのですが、
例によって例のごとく
ゲロみたいになってしまったので、
武富の名誉のために自粛します。

スタッフの三人。
左から
チカさーーん!
ピアニスト、オーナー、西村さーーん!
バーテンのナナちゃーん!!!

賄い食べながら、
ベースの磯辺さんがおもちゃになっている
(髪型を変えろって言われてました)

「その知的な額を出してっ!」って
捉えられて、前髪をひっつめにされて、
ちょっとちょんまげみたいになっている。


日曜日の朝は、この子が起こしに来てくれました。
西村さんちの桃太郎。
かわいい。

でもって、帰京後はまた
ハードなアレが待っていたのです。
後半に続く。

2つのライブとわたくし


週末、表参道JazzBirdにお越し下さったみなさま、
そして熱海JazzClu-Aにお越し下さったみなさま、
本当にありがとうございましたー。
お陰様でとても楽しかったでーす。
5月のライブはこれで終了~。
6月もよろしくお願いいたします。

6月7日(木)六本木Club-t
★Club-t  六本木駅徒歩5分
http://r.gnavi.co.jp/e150800/
東京都港区六本木5-3-4 レーヌ六本木4F
03-3423-9765 20:00-23:30までの間に3set MC\4000

大好きな、そして超素敵なボーカル
浅田尚美さんと御一緒できる日です。
是非!

★池袋HotPepper池袋駅 3分
豊島区西池袋1-37-15西形ビル5階 電話 3971-8669
20:00- 3set MC2000円
http://www.qurie.ne.jp/hotpepper/index.html

ボーカルのMIKE黒宮さん企画のライブの
ゲストに呼んでいただきました。
池袋は終わったあとがまたパラダイスだよねーーーっ!!

★6月14日(木)新宿J 新宿御苑前駅徒歩5分
http://www.jazzspot-j.com/
東京都新宿区新宿5-1-1 ローヤルマンションB1
03-3354-0335 19:15~/20:45~/22:15~ MC\2000

Jazz’enka! すでにご予約いただいております、
Jazz’enka!!!
今回もまた飛ばしていきますよーっ!!

*****
で。
週末金曜日はJazzBirdでした。
お越し下さったみなさま、ありがとうございます。
愛しています。本当だってばー。

メンバーでパチリ。
2012525_all1


左後から、
絶対に絶対に、「太陽にほえろ」に出てたでしょ?
ベースの風早龍也さま~。

顔が決まってマス。
かの有名なカーネギーホールでも
コンサートを開かれた
偉大なーるピアニストそしてコンポーザー、
大崎龍治さま~。

今回、前髪が好評でいい気になってます。
あたしーっ。

そして…..
あれ?バンドの人じゃないよ?
TheGiftをリクエストした方だよ?
四万十川の話で盛り上がった方だよ?
名前。知らないよ?
ので、四万十川勝さま~。
(勝、は適当につけました)


ちゃんとした顔ができんのか、と言われ、
良いお顔でやり直し。

2012525all2


ちゃんとしてもこの程度で
すいません。

てゆうか、リーダーのKemmyさんがいないし?

というわけで、
リーダー、どこの国の人か分かりません。
ドラムのKemmyさま~。
2012525joekoba

ライブ終了後、
ぁぁぁぁぁぁあああああっ。
また吸い込まれました。
モンゴメリ。
Dsc_1237


海苔が叉焼の下になちゃったのが
残念です。

土曜はいつものように
朝起きて、洗濯して布団干して
掃除して、保存食つくって、
買い物行ってから

ライブのために熱海JazzClub-Aに~。
月に一回はお招きいただく熱海ですが、
予定があわなくて、4月は入れなかったので
約2カ月ぶりでした。

商店街をぬけたあたりに
こんな、自分がどこにいるかわかんなくなる
看板ができていました。
Dsc_1238

ライブ、最初お客さんが少し少なかったですが
いつものように、ばらばらと皆様
集まってくださり、楽しいライブとなりました。

始めていらっしゃるお客さまがいて、
ご自身もウェスの大ファンとかで、
ギタリストだということだったのですが、

「君、うまいねぇー」とおっしゃったので
「うまいだけじゃなくて、可愛くてすみません」と
お詫びしたら、

「いや、そこまでは言ってないよ。

でも、あれ、あれに似てるよね、
ほらなんだっけ、あれ・・・・」

この時に私の脳裏によぎった「アレ」・・・・。


Dsc_1180


正解は
「あの、ほら、デカワンコ!」
Photo_3

ああ、この人だ。

でも、たぶん、こういう方の顔でいってるんだと
思いますが。

Photo_4


Photo_5

Aではライブの後の
マカナイも楽しみの一つ。
近くの割烹武富のおくさん、
さおりんが
いつもおいしーーーー賄いをつくってくれます。

ていいながら

名前が分からない魚の煮物。これすごいおいしい。
そして
名前が分からない魚を焼いたのが
入ってるサラダ、これもおいしい。
Dsc_1241

これに、鶏団子鍋。
鍋の写真もとったのですが、
例によって例のごとく
ゲロみたいになってしまったので、
武富の名誉のために自粛します。

スタッフの三人。
左から
チカさーーん!
ピアニスト、オーナー、西村さーーん!
バーテンのナナちゃーん!!!
Dsc_1240

賄い食べながら、
ベースの磯部さんがおもちゃになっている
(髪型を変えろって言われてました)

「その知的な額を出してっ!」って
捉えられて、前髪をひっつめにされて、
ちょっとちょんまげみたいになってます。

でも嬉しそう。

Dsc_1243


日曜日の朝は、この子が起こしに来てくれました。
西村さんちの桃太郎。
かわいい。
Dsc_1247

でもって、帰京後はまた
ハードなアレが待っていたのです。
後半に続く。

2012年5月25日 (金)

それは私です、とわたくし

本日、表参道JazzBird!
是非お越し下さい。ご飯もおいしいと評判です。
http://www2.ttcn.ne.jp/jazzbird/
19:30~3set
表参道の交差点、246を渋谷を背にして左側に一〇〇メートルくらい
歩くとオレンジ色の看板が。
そこを右折してすぐ。


明日は熱海JazzClub-A。
ぜひお越し下さい。こちらも、ご飯もおいしいと評判です。
http://jazzclub-a.jimdo.com/
19:30~3set

熱海駅降りて、平和商店街だったか、右の方の商店街
をずっと降りていく。
そのまま道なりにうねうねと
「え?熱海に大江戸温泉?」とか思いながら
ひたすら下り坂。

下りきったところにアーケードがあって信号あり。
そこを左折。
一番海側の大きい道より一本中の道を右折。
串右衛門(だったかな?)という串焼き屋のビルの二階。

徒歩15分くらいです。

******

好きなんだけど
食べるのが面倒くさいものってのが
結構あります。

★焼き肉
焼くのがめんどくさい。

★BBQ
焼くのと、とるのがめんどくさい。
こっち焼けてますよーとか、
人とコミュニケーションするのがめんどくさい。

★お好み焼き
 焼くのがめんどくさい。
 ひっくりかえすのもめんどくさい。
 焼いてくださいって言われると、店の人を
 呼びます。

★つけ麺
 つけるのがめんどくさい。
 そばはざるの方が好きなんですけどねー。

★蟹
 むくのがめんどくさい。

だけど、
からをむいて食べる
ピーナツとかピスタチオとか
ひまわりの種とかは大好きなんで、
遊び食いができるものは、
好きなのかもしれません。

あとは、同じ焼き物でも、
その焼ける過程に充分に
たのしませてくれる、ホッキ貝とかは
好きです。

めんどくさいっていえば、
大学生の時、
表参道のウィスキーホールでバイトしてたんですが、
バイトの人たちがすぐに
「めんどくさーい」っていうんですわ。

ある日、キッチンにいる
ものすごく従順ではにかみやな
バングラディシュ人の青年フセイン君が、

私に
What’s the meaning of MENDOKUSAI?
と聞きました。


めんどくさいっていう
単語がわからなかったんで、

“If your boss orderd you something to do,
and you felt you didn't want you do it,

the moment just your feeling is MENDOKUSAI.“

と教えました(めちゃくちゃな英語ですいません)。

すると、フセイン君は
「オーーーッ!」と納得してくれたみたいで、

それ以後、
シェフとかが
「フセイン、これそっちにしまって!」とか
頼むのに
いちいち
「メンドクサイ!」って逆らうようになってしまい、

「誰が余計な言葉をこいつに教えたんだ!」って
ちょっと問題になったんだよな。

それは私です。

従順だったのは否定する言葉がわかんなかったからなんですね。

懐かしいな、フセイン。


2012年5月24日 (木)

Viva! MUSAKO TO WATAKUSHI

一昨日、カメラマンのマリコさんから
メールが来て

「明日、ミスチルのコンサート、いきなり
行けなくなった人がいるので、
よかったらいきませんか?
アリーナです」と誘っていただきました。

「すみません、明日は用事があるんですー。
また誘ってください」
と返信しました。

その用事。ここに行く。

★武蔵小山 寅圭
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13131255/

ここは、以前スペイン語教室のAI先生に
連れてきていただきました。

生ビール1杯390円。
焼きトンが1本80円。
お漬け物200円。
すごくおいしい煮込みが350円。

みたいなかんじでとにかく安い!!!
しかもおいしい。


Dsc_1236

ここで内角をえぐるように
焼きトンを食べ、
ハムカツを食べ、
煮込みを食べ、
キャベツをかじり、

ビール飲んで、
日本酒飲んで、

酒飲みのK様と、
酒飲みで大食らいの私が2人大満足で
お会計4500円くらい。

勢いついて、
もう一つ、これは完全な立ち飲み

★晩杯屋
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13111295/

ここはワインが1杯250円。
ポテトサラダ130円みたいな激安さなんですが、
そのへんのチェーンよりも全然おいしいです。


思えば今年は正月3日から
ここでD様と飲んで、
2000円でぐでんぐでんだったなー。

武蔵小山ってすごく
この手の店が充実しており、

今回御案内したK様も
非常に満足されてました。

もうさー。
武蔵小山があればあたしは何もいらないよっ!

いや、うそうそ、
いる。いります。いろいろ。

ところで、K様に

「今日本当はミスチルに
誘われてたんですよー」と言ったら

「なんで行かなかったの?」って言われました。

そこで気づいたんですけど
あたし、ミスチルの歌、
1曲も知らないかも・・・・。

と言うと、

「大丈夫だよ、絶対どっかの有線でかかってる
はずだから、
サビくらいは知ってる曲があるはずだよ」って言われましたが、
果たして・・・・。

同じように、

★ビートルズの曲を全然知らない
★カーペンターズとかもよくしらない
★だが、カシオペア、DoobieBrothers,
TOTOなどはほとんどの曲でイントロクイズができる

という偏った嗜好をフラットにしたほうが

もてるかもしれないので、

悔い改めていきたいと思います。

2012年5月23日 (水)

赤い靴とわたくし

5月25日は表参道JazzBird、
5月26日は熱海JazzClub-A。
どちらも是非お越し下さいませー。

****

皆様は童謡「赤い靴」を
ご存知であろーか。

そう、あのくらーーーいメロディーのやつですね。

赤い靴(くつ) はいてた 女の子
異人(いじん)さんに つれられて 行っちゃった

横浜の 埠頭(はとば)から 汽船(ふね)に乗って
異人さんに つれられて 行っちゃった

今では 青い目に なっちゃって
異人さんの お国に いるんだろう

赤い靴 見るたび 考える
異人さんに 逢(あ)うたび 考える

***

この3番が若干強引な気もする。

今回、仕事の関係で、この赤い靴について
調べていたのですが、
この「赤い靴」には定説ってのがあるんですね。

この歌のモデルになった女の子の親は
北海道開拓団だったらしいのですが、
あまりにも苛酷な生活の中、この子を育てられないという
ことで
国に帰る宣教師に、この子を託したのだそうです。
後にこの子の父親が、
野口雨情(この曲の作詞家)と
北海道の新聞社で一緒に働くこととなって
その話を聴き、そこから詩想を得たらしいです。

それが赤い靴。

が、よくよく調べてみたら
その子は渡航前に結核を患い、
とても船旅どころじゃないってことで、

鳥居坂の孤児院のようなとこに
引き取られ、そこで9歳で亡くなったんだそうですよ。

実の母もそのことを知らず、
雨情も知らず、
彼女はアメリカ(たぶん)にいるんだろう、と。
実際には赤い靴なんてゆー、
ハイカラなものを履く余裕なんてなかったでしょうね。


しかし、このエピソードを
「この話は捏造だ」とする人もいるみたいで、

あの哀調をおびたメロディーの背後には
結構いろんな闘いがあるのね、と知りました。

関係ないですが、
以前、やはり仕事で野口雨情について
調べたことがあります。

簡単に言えば、北茨城のおぼっちゃまで、
早稲田に入学して坪内逍遙に師事するが
1年で退学して詩作を続ける。
そんなときに、家が没落。
家に戻り家督を継ぐが、
その時に、栃木の金持ち娘と
政略結婚的に結婚。

これがいやだったみたいで、
実にしょっちゅう勝手に家を飛び出して
東京に行ったり、
芸者と樺太に行って、お金持ち逃げされたり、

北海道に行ったり、

いわきの温泉に痔の治療に行き、
そこで置屋のおかみとねんごろになり
3年半も住み着いたり、

結構めちゃくちゃ。

私が覚えてるエピソードとしては、

この樺太に行ったとき、
お金を芸者に持ち逃げされたけど、
とにかく貨物いっぱいのりんごを仕入れて
東京で売ってお金にしよう! ともくろんだけど

途中で全部腐っちゃった話と、

置屋のおかみと住んでいる途中で
協議離婚が成立したときに、
子供2人ちゃっかり押しつけられていることだ。

他にも今wikiで見ていたら、

月刊民謡を立ち上げて不発とか

新聞記者時代には主筆の排斥運動を企てて負け、
クビとか(ちなみに当時啄木が机を並べていたらしい)

なんていうか、
なんていうか、

「つめが甘い」。

けど、晩年は
それらの愚行?を
箒とちりとりで
「ぺーーーーっ!」と掃き集めるがごとく
名声を得ています。


こういう
ぼんぼん育ちの夢見がちな男子を
なんとかして、支えたい、と思う人は
多いのだろうな、と思いました。

私ですか。

「金がないのは首がないのと同じ」です。

2012年5月22日 (火)

あしたこそ粗食とわたくし

もうすぐです。
カミングスーンです。
★5月25日(金)表参道JazzBird
飛び入り歓迎っ!!
http://www2.ttcn.ne.jp/jazzbird/

★5月26日(土)熱海JAzzCLub-A
http://jazzclub-a.jimdo.com/

おまちしてまーすっ!!!

****

おとといの筋トレがあまりにもきつく、
昨日は老婆のようによれよれでした。


そんなときには特効薬。
そう、ビールが一番・というわけで、

わたし、しげちゃん、アッコさん、
Y様、シューマッハ様、エビゾウ様の6人で

渋谷で飲みました。

★CONA
http://r.gnavi.co.jp/e192500/

とにかく飲むメンバーでしたので、
飲み放題コースっ!!
Dsc_1234

結構飲んだ。そして食べた。そして
妙に面白かった。

で、2軒目。
ほんっと、一軒で帰らないよなー。

この時間になると変顔にも気合いが入ります。

Photo_2


★HAMEL
http://hemel.o0o0.jp/

ベルギービールの専門店。
この店、でもすごくよかった覚えがあるので
今度はしらふのときに行きたいです。

そして、帰りはあーあっ!!
あんなに食べたのに
またやっちゃったー。

モンゴメリ。
Dsc_1235


よく考えてみたら6月はクソ貧乏な生活に
なりそうなので、
ここいらで節制しがてら
やせてやろうと思います。

7月。
輝く夏の季節に見事なフジコちゃんバディーになった
私に会えることを楽しみにしていてください(上から)。


2012年5月21日 (月)

ライブ御礼と、日蝕とクルーズの思い出とわたくし

金曜日のライブにお越し下さったみなさま、
ありがとうございました!
次回のJazz’enkaは、6月14日(木)新宿Jですっ!

すでにご予約いただいている方も
いらっしゃりありがたいことでございます。

さぁ、みなさんもJで
アモーレ、マンジャーレ、カンターレ、ですわよ。

私のライブ予定
★5月25日(金)表参道JazzBird ソロ
★5月26日(土)熱海JazzClub-A ソロ
★6月7日(木)六本木Club-t ソロ
★6月8日(金)池袋HotPepper ソロ
★6月14日(木)新宿J Jazz’enka
 6月15日からまたしばらくクルーズでございます。
★6月29日(金)熱海JazzClub-A ソロ

****

今朝の日蝕みなさん、見ましたか?

私は近所のガキンチョの
「見えた、見えたよ!!」っていう
雄たけびで目が覚めました。

その後、裸眼で太陽をみて、これはやばいと思い、
うちにあるあらゆる、うすぼんやり系半透明グッズを
試したのですが、よく見えず、

その間にもガキは

「見えた!見えたよ!!」とはしゃぎまくり、

「くっ。税金のひとつも収めていないガキが
日蝕を楽しむなんて、生意気なっ!」と思いましたが、

その後、うまい具合に雲がかかってくれたので、
見ることができました。

宇宙って動いてるんだね。

そして、細かいことですが、今回、いろんなとこから
「見れた」
「見れた」という声が聞かれたのを聞くだに

「見れた、じゃない!
見られた、といえ!」と「ら」抜き言葉が
相変わらず気になるわたくしだったのでした。

*******

金曜日、Club-Tのライブの後は、
やっぱこれ。
Dsc_1224

何はなくてもこれ。
六本木の天下一品。こってりに決まってる。

ダイスキなボーカルの方が近くの
店にいらっしゃる由、聞いていたので、
久々にお会いしたくてそこに行ったら
結構知人がたくさんいて、懐かしい人たちに
再会できました。うれしい。


次の日は11時過ぎからジム。
夕方から片付け物を始めたら
なんかぜんぜん片付かず、結局元よりも
だめなかんじで一日が終了。
「飲みに行こうよー」の誘惑にも負けず
がんばったのに・・・。

次の日はきっつい筋トレのクラスに出て、
仕事して、
それから、
先日のクルーズの方々との打ち上げ?飲みのため、
大塚の整体師様のお宅に向かった。
お料理上手なんですわー。
そのお料理ブログはこちら。
http://ikebukuro.areablog.jp/page.asp?idx=1000002150&category_idx_sel=&post_idx_sel=&date_sel=&page=1


最初は神宮寺さんと私と整体師さんの
3人でまったり。

最初は棒々鶏(奥)胸肉ともも肉があり、
ソースもおいしい。
Dsc_1229

手前は私がつくったコールスロー。
塩気が少し足りなかったので、生ハムの切り落としを
もって行ったら、整体師さんがきれいに盛り付けてくれた。

野菜のグラッセ。これすごくおいしかったから
絶対まねしたい。
Dsc_1232


Dsc_1233

そして、じゃーん、マーボー豆腐!!!
私が撮るとなんかなー、写真がイマイチだなー。

このほかにも棒棒鶏の茹で汁で
だしをとったラーメンとか、
ビーフストロガノフとか、
ブロッコリー入りのマッシュポテトとか、
とにかくおいしいものがたくさん!!!

途中で、ピアノのY子さんお手製の
おいしいなんか、おいしいもの
(テリーヌか)が来て、
それがワインにあって、

フルートのりょこさんの持ってきた
チーズがおいしくて、ワインにあって、

朝美さんの持ってきた
チーズクッキーがまたワインにあって、

K間さんが持ってきてくれたビールを
がんがん飲み、

ってわけで、へべれけでございました。
総勢7人で楽しく飲み食い。

整体師さん、ありがとうございます。
また6月のクルーズでよろしくぴょん。

このとき、私が昨夏、疲労した
「あまりにもみっともない水ぐもの術」
の画像の話になり、

久しぶりにそれをみんなで見たら、
なんと450件くらいヒットしてました。

http://www.youtube.com/watch?v=kYTnyrbX94Q

Jazz'enkaの映像よりヒットしてる。

もう、ボーカルやめて忍者になればいいですか?

さて、そのときに朝美さんが
旅の間にとった写真を送りましたよ、と
教えてくれました。
なんかすでに懐かしいです。

私がもってないショットが結構ありました。

船の盆踊りのあとで、
浴衣のままニヤニヤピアノを弾いていたらしいわたくし。
Photo

宿毛。なんとなく間抜けな
竜馬の着ぐるみの手をとって
明るいところにいこうとしている
私と朝美さん。

Photo_2


あまりに人がいない道で
ヒッチハイクをしようとしているわたくし。
Photo_3

歌唱教室で、白いピアノで伴奏中のわたくし。
Photo_4


メインショーのリハ。エストーンさんを見守る
のはいいが、余所いきを着たまま床に座るのはよくない。
Photo_5

正月にあんなに希ったおみくじの大吉を、
あたしはこのなぞの屋久島の神社で一発で出したのだ。
Photo_6


巨木パワー、じゅうでぇーーん!!
Photo_7


そして、私に似ているやつらを
朝美さんはダブルで撮っていた・・・・。
Photo_8


ふじ丸からの夕景。
Photo_9


楽しかったです☆

次回はもう少し上手にピアノを弾きたいなーっ。

というわけで、今週もがんばれ、肝臓!(あれ?)

2012年5月18日 (金)

ProjectRunwayとわたくし

本日、18日は、六本木CLUB-Tですよ!!!
Jazz’enkaをまだ知らない皆様、
是非、お越し下さいませ。
Jazzと演歌、コーラスワーク、全てお楽しみ
いただけます。
★Club-t  六本木駅徒歩5分
http://r.gnavi.co.jp/e150800/
東京都港区六本木5-3-4 レーヌ六本木4F
03-3423-9765 20:00-23:30までの間に3set MC\4000

*****

遅ればせながら、昨日
ProjectRunwayの、シーズン1を見終わりました。
     
すでにシーズン10までいってるみたいです。

オーディションを通過した12人の
デザイナーが、
毎回課題を出され、それに沿った制作をして、
審査員に評価され、
1週に1人ずつ脱落していく。

最後に残った3人は5カ月の制作期間をもらって
N,Y,のファッションウィークで
ショウを開ける。
そこで最終選考をし、最後にトップになった人が
BananaRepublicから資金を得て、
ブランドを立ち上げる権利をもつ、っていう
ドキュメンタリーものなんです。

http://www.mylifetime.com/shows/project-runway

平日の朝、
ジムのサウナでいつも水素水の話してる
グループとは別に、
日曜の昼にファッションの話をしてるグループが
いるんですが、
その人達が、この番組がとにかく
おもしろい、と興奮気味に話していたので、

見たんですけどね。

まぁーーー、おもしろいっ!!!


1シーズンを見終わって思ったのは、

アメリカ人って結構人がいいなっていうのと、

結局、芸術と商業っていうのは
切り離せないものなのねっていうこと、

そして、アメリカの評価って、日本と違って
「将来性に期待」とかじゃなくて、
あくまで「今」が評価の対象になるってことでした。


最後に3人残ったうちの一人が、
結構相手に心理戦を挑むのですが、
(といってもそんなに陰険ではないと
私は思う)

彼女に対して他の落ちた人が
「そんな勝ち方をして恥ずかしくないの?」

詰め寄ります。
そのとき、その悪役?の彼女が

「私は勝ち抜いて、ファッションウィークに
出て、さらにそこで勝ってブランドを立ち上げることが目標で
友達と仲良くすることが目標ではない」と答えます。

それに対し、また別な人が
「君にとって大切なのは
デザインすることなのか、
勝つことなのか?」と質問します。

でもさー。
この人の言ってるのは
女子校の生物の時間に
「本当にやりたくて、君はカエルを解剖してるのか?」って
聞くのとほとんど同じだと思います。

やりたくないけど、これやらないと単位がもらえないんだってば!
卒業するには、今これやらないといけないんだってば!

デザイナーとして、今後永く活躍したいために、
今勝たなくちゃならない、ってことがなぜわからん。

やりたくないことに
やらない理由をつけるのは
簡単なこと。
やりたくなくても、やんないと
先に進めないことがあるんだってば。


他の優勝候補の女性は、
この彼女に
「私はあなたが嫌い。
勝つことには過程だって大事だと思う。
私はデザインの実力だけで勝ちたい」といいます。

正論過ぎて言葉もでないし、
たぶん悪役の彼女はそんなことわかってるはずです。

わかってて心理戦を使ったのは、
自分の実力だけじゃ、絶対に勝てないって
知ってるからだろうし、
彼女自身が何度も言ってるように、
メンバー最年長(40歳過ぎてる)、これを
逃したら後がないって必死だから。
勝つためには作戦が必要だった。
(作品に危害を加えるものではなく
あくまでプレッシャーをかけたりする範囲)

そういう気持ちはたぶん優等生の彼女には
一生分からないと思います。

が。
最後の評の時に、
デザイナーの、マイケル・コースが

「皮肉だけど、デザイナーに一番必要なのは
あの、悪役の彼女のようなしぶとさだ」って
言ってました。

もうさーっ。
本当に「芸術」と「生きていく」って折り合いが悪いよねっ!
そして、この折り合いのいいケースってすごい奇跡だよね!!!

他にもいろいろ思うところがありますが、
これ見てると自分も服を作りたくなります。

っていうか、去年からほったらかしの夏物のスカートを
仕上げる気に、やっとなりました・・・・。

2012年5月17日 (木)

モテ期とわたくし

昨夜、
仕事が終わってから
海外出張から帰られる知人Kさんのお迎えに
羽田に久しぶりに行きました。

13147917_1642033070_104box


「空港、久しぶりだわーっ」
「ほんと、空港、久しぶりだわーっ!」と

興奮する私に、Kさんは

「どれくらい久しぶりなの?」と
聞くので、

「えーっと….」と、よく考えてみたら、

一月の終わりに
仕事で鹿児島にいくときに乗ってるのな、
よく考えたら。

スーパー・ビジネスマンでもない
わたしとしては
これはそんなに久しぶりじゃないわけで、

言葉はよく考えてから使おうと思いました。

しかし、飛行場って萌えますねー。

あの展望フロアですか?

暗がりでいちゃいちゃしてるカップルに
私はいいたいですよ。

やい、
そこの大根足と
脂性カップル!(←関係ないやっかみが混入)

空をご覧なさいよ、と。
いちゃいちゃしてる場合じゃないですよっと。


なんかこう、私めがけて飛行機が飛んでくるんですわ。
夜だから光っててね。それがこっちめがけて、一途に。


「くっくっく、あそこにもここにも
私めがけて早く飛んできたいのに、
混んでて着陸できない可哀想なやつらが
旋回しておるわい…..」


そう思うだけで、

「どうしたらもてますかねー」と
言い続けてウン十年の鬱積も
晴れるってもんですよ。

普段もてない人は、
飛行場で飛行機にもてればいいと思います。
もう、もてもてですよ。

JAL、ANA、EVA、DELTAなんていう
アルファベットなやつらから、

中国東方航空、上海航空、なんていう
ちょっと硬派なやつらまでが、
あたしめがけてまっしぐらですわ。

飛行場でビール飲んで串揚げ食べて
帰ってきました。

船も電車も乗るのが好きだけど
飛行機は乗るのも見るのも好きです。

やっぱり私は旅行が好きなんだなーと
思いました。

あぁああああっ!!!
どっかいきてぇーーーーっ!!!!!

★明日、18日(金)は
六本木Club-tライブです。
是非お越し下さいませ!!!
◎Club-t  六本木駅徒歩5分
http://r.gnavi.co.jp/e150800/
東京都港区六本木5-3-4 レーヌ六本木4F
03-3423-9765 20:00-23:30までの間に3set MC\4000
Jazz’enkaです。

2012年5月16日 (水)

もしもボックスとわたくし

最初に5月のライブ案内です!!

■5月18日(金)
Club-t  六本木駅徒歩5分
http://r.gnavi.co.jp/e150800/
東京都港区六本木5-3-4 レーヌ六本木4F
03-3423-9765 20:00-23:30までの間に3set MC\4000

Jazz'enkaでの出演です。この日はちょっと大人っぽく
お届けする予定です。
おしゃれすぎる六本木とユー町に
Jazz'enka、若干苦戦気味です。
是非、応援にいらしてください!!!!

Vo小林恵子 田才靖子 石神知永子
Pf神宮寺直美 B磯部ヒデキ Ds木村徳行

■5月25日(金)表参道JazzBird

表参道 駅徒歩3分
http://www2.ttcn.ne.jp/jazzbird/
港区南青山3-13-1 小林ビルB1
03-5474-2702 20:00~ 3set ¥1300
Dsの花見さんのバンド、KemmyTheYummyにゲストボーカルとして
加えていただきます。
Vo小林恵子 Ds花見至常 カルテット


■5月26日(土)熱海JazzClub-A
熱海市銀座町5-4 柿右衛門ビル2F 0557-81-7785
Pf西村明子 B磯部ヒデキ Ds松田嘉之19:30- 3set ¥3500(1drinkつき)
http://jazzclub-a.jimdo.com/

おなじみとなりました、素敵な熱海のライブハウス、
Aでの演奏です。みんな温泉入りついでにくればいいじゃない?

お問い合わせは各店か私までー。

お待ちしていますー!!!

******

わりと意外に思われるのですが
1人暮らしを始めていらい、
超ざっくりな家計簿をつけています。

ので、だいたいの自分の1週間の食費が分かるんですわ。
(外食費は別です)

話しが少しそれます。
以前ここでも書きましたが、

私が10代の頃、大好きだった彼が
今、一度も就職したことのない
生粋の、純血種のニートに成長あそばしてるんですが、

数年前に久しぶりに再開した彼は、
「日本で一番安い穀類はなんだか分かる?
コメじゃない、そばでもうどんでもない。


スパゲティーなんだ!」


と、熱く語っていました。

なんでも激安スーパーのさらに安売りの日になると、
スパゲティーが1㎏100円くらいになることがあるんだそうです。
それを買って、
100均でパスタソースを買い、
「ソース1袋を3回くらいに分けて食べる」のだ
そうです。

1回の食事に100gのパスタを食べるとして、
麺10円、ソース33円。光熱費を入れたとしても
50円で一食のおつりが来ると、
嬉しそうに話す彼をみながら

私の頭には
「なれのはて」とか
「水は低い方に流れる」とか、
「貧すれば鈍する」とかそういう言葉が
ぐるぐるうずまいていたのでした。

実は私の1週間の食費はだいたい2500円。
(外食は費目が異なるので勘定に入らないけど)

これで朝と昼のお弁当と
家にいる日(だいたい週3)の夕飯は
まかなってあまりあります。

と考えると、(朝1+昼1)×7+夜3、17食の食事を
2500円でまかなっていることになる。

1食約147円。
貧乏な彼の100円増し、というかんじだろうか。

しかも、件の彼と違い、
栄養のバランスはよい。


今朝は、鶏胸肉とキャベツと人参、ジャガイモの
カレースープと、小夏みかんとコーヒー、牛乳。

昼はいつもお弁当で(世の中のランチって
カロリー高くないですか?)、

今日はクリームチーズと
スモークサーモンとバジルの
サンドイッチと、小松菜と人参のオリーブオイルドレッシングの
サラダとゆで卵と小夏みかん。生姜入りの紅茶。

と、ここまでで、
私がいかにきちんとした女であるかが
分かっていただけると思うんですが、

問題の外食費(ってゆーか飲み代ね)。

これの合計を見た瞬間に
「あーーーーあぁあああああああっ!」となります。


あれですよ。
「もしもボックス」ですよ。

「もしも、この世にアルコールがなかったら」
ですよ。

私きっと、今頃森ビルの1個や2個建ててますよ。

いや、そこまでいかないけど、
おおいなるマンション、セザールくらいは買えてるはずですよ。

いや、それが無理ならホームクリーニング、エマールくらいは
してるはずですよってそれは今もしてるんだけどー。

憎い!お酒が憎い!
私からお金を奪い、脂肪に変えて残していく、
酒が憎い!

といいながら、今日も飲みに行く所存です。

てへ!

2012年5月14日 (月)

週末とわたくし

というわけで、久々に、通常の日記。

土曜日のライブにお越し下さった
皆様、本当にありがとうございました。

写真は「雨の慕情」ですね。
NatureBoyとくっつけてみました。
235099_1637276445_29large

初めての横濱、楽しくできたのは
皆様のおかげで御座います!!!

いつもの双子。
田才ちゃんと、ちーちゃん。

Dsc_1205


この二人のステージを降りたときの
オーラのなさは、すごいものがあります。

普段着の二人。
どこにいるか、わかりますか?
Zero


金曜の夜、髪を黒に戻して
すっかり横溝正史の小説の中に出てくる人みたいに
なってしまったわたくし。
Dsc_1206

奈良美智顔でキメてみました。

そして、「女の人は髪が黒い方が絶対いい!」と
力説していた、このお方は・・・。
このお方はいったい・・・・。
Dsc_1207

今回は「そいやそいや!」ってマイクで
言ってくれました。
こっちワールドにあともう少しで引きずり込めそうです。

終わってから少しみんなで飲み、
「天下一品にこれから行くよ」という
PF若林さんに

「今日はやめておきますー」といった
その舌の根も乾かぬうちに学大の
モンゴメリにひっかかる。
ここのラーメン、ほんっとにおいしいんです。

Dsc_1208


マスターがウェス・モンゴメリファンらしいのですが、
「マスター、ウェス好きなんですってね?」と
聞いても無視されるらしいです。


日曜日は、タイフェスへ~!!!
お供は、フェスティバル好きな
地球防衛軍ブラーッック!!!

去年は開かれなかったそうですが、
今年はそのせいでしょうか、
人、人、人……。

トゥクトゥク売り場には
きれいなおねーさんが。
Dsc_1214

そして、それを見守るサダコが….。
Dsc_1213


そして、私はこれを見るとやらずには
おれないのですが、
今回はかなりブツと一体化できたと思います。
Dsc_1215


身動きとれないなかで
ブラックは好物のソーセージを中心に
買い漁る。
Dsc_1209


屋台に出ていた「おす」。
なんかかわいい。
Dsc_1210

他にもソムタムだの、
豚肉の串焼きだのを食べ、
シンハービールを一人頭4本くらい飲み、

お買い物を楽しみ、

そこで勢いがついたわれわれは

ああ、ついにここに足を踏み入れました。
地球の平和を守るには体力つけなきゃねっ!!!

★肉横丁
http://www.shibuyayokocho.com/

ハッピーアワーだとかで
ビール1杯100円とかなんですよ。

まずは、牛タンの由雄。
★http://www.shibuyayokocho.com/shop/?s=13
ここでタンとハラミを食べてビールと
ガリガリ君サワーっ!!

Dsc_1218


Dsc_1219


そして、どうせならはしごしよう、と
次は
★にく求。
http://www.shibuyayokocho.com/shop/?s=6
ここでミノとか蜂の巣とか食べ、マッコリをたくさん

そしてここでも赤いアイツを、ブラックは….

Dsc_1220

さらに、
もう止まらないよ!
〆めに、いついものスペインバルへ。
ここで白ワイングラス1杯
赤ワイン、デカンタ2杯。鰯の酢漬け。イベリコの生ハム。
ワイン、ボトルにすればよかった・・・・。


さらに地元の駅について、
久しぶりにPremierOneで赤ワイン1杯。


飲み過ぎですか? 飲み過ぎです。

でもおいしかったなー。


屋久島とわたくし


土曜日のABSmileライブに
お越し下さったみなさま、ありがとうございました!
お陰様で大盛況でした。
バンドの皆さまもありがとうございます!!!

****

もう一週間経っちゃった・・・。

宿毛の次は屋久島に行きました。

ここでは、もうお客さまと同じツアーに、
朝美さん、師匠、龍生さんと4人で参加。

紀元杉。岡本太郎の太陽の塔に似ている。
Dsc_1158


屋久杉ランド。
私たちは30分コースでしたが
90分コースなどもあるようで、今度はそっちに来たい。


いつもみんなの写真を撮ってくれる
カメラの山ちゃん。ハリーポッターに似ている。

Dsc_1163


屋久杉ランドの売店のとこにあった看板。
「森泉オリジナル」とあるので、
Dsc_1167


ほぇー、あのぶっとんだモデルの森泉さんが
屋久島グッズのプロデュース?と思ったら

この売店の名前が「森泉」(おそらくシンセン)
でした。

お昼を食べたホテルにあった、超リアルな
屋久杉のレプリカ。

Dsc_1175


お昼後、ホテルの庭で
昼寝している龍生さん。ちょっとこわい。

Dsc_1174


屋久島は絶対にもう一度行きたいです。
自分で登って縄文杉まで行きたいナー。

最後によったお土産屋の
手作りポップが
勢いがあるけど全然面白くなかった。


Dsc_1181


Dsc_1182


Dsc_1183


Dsc_1184


Dsc_1185


Dsc_1186

そして、お土産屋にいた、
あたし。たまに地方のこういう店に自分がいて
驚かされる。
Dsc_1180_2


2012年5月11日 (金)

思わぬ伏兵とわたくし

明日、12日は、関内でJazz’enkaLiveです!!
是非お越し下さい!

関内ABsmile
関内駅徒歩7分・日本大通り駅徒歩3分
http://absmile.jp/
横浜市中区太田町1-11-3 4F 電話045-664-6162

19:30~でーす。Jazz'enka、横浜はAwayですんで、
皆様応援にいらしてくださいねー。


******


宿毛で親切なお姉さんに助けられ、
帰船に間に合う電車に乗れたわたしと朝美さん。

「これで安心ですねー」
「電車は遅れないって言ってましたよねー」

と、にこにこ電車に揺られていました。
電車を降りてから、無駄なく動けば
ぎりぎりで船に帰れます。
駅では、前出のマイさんが車で待っていてくれるはず。
もう、大丈夫だね、と一安心です。

ところでこの電車、
なんか運転手?さんが新米みたいで、
えらい大きい声で

「ミラーよし!」
「後方よし!」とか運転中に確認するんですよ。

前日の宴会時に、あるお方様が

「女の子を口説くときは、
あらゆることに気を配る。
天気はいいか、
湿度はいいか、
アンダーウェアはいいか・・・」とか
おっしゃってたんですが、

朝美さんと二人、その話を思い出して
運転手の真似をして
「天気、よしっ!」「湿度よしっ!」
「アンダーウェアよし!」とかいって
笑ってたんですね。

しかし、途中で二人はあることに気がついた。


「なんかこの電車、のろくないですか?」
「そうですよね。
東急線じゃあるまいし、
あと3駅もあるのに、3分じゃ着かないですよね?」

見ると、新米君はまだ杓子定規に
「前方ナンタラよし!」とか叫んでいます。

で、それに横から教官とおぼしき
運転士が
「そこんとこはもっとこうするんや」みたいな
アドバイスをし、
新米君がうなずいてもたもたして、また遅れる、と。

昨日の日記にも書きましたが、
スタッフは帰船時間に1分でも遅れたら
大目玉も大目玉、人格崩壊するくらい叱られると
聞いています。

それは、それだけは避けたい。

私と朝美さんは新米君の背後に仁王立ちになり、

新米「ミラーよし!」と叫ぶと

私たち「ミラーなんかどうでもいいから、
とっととスピードあげてよねー」と毒づき、


新米「時間よし!」と叫ぶと、
私たち「全然よくないんだよ!」と毒づく、

みたいなかんじで、プレッシャーをかけまくり、

宿毛駅についたときに、
また新米くんが

「なんたらよし!」
「かんたらよし!」
「なんた…」といいかけたとこで、


「すいません、早くドア開けてくれれませんか?」と
すごんで、

扉が開くのももどかしく、
階段を転がるようにかけおりて、船に戻ったのでした。


その後、スタッフの方に
「今日はどういう風に過ごしたの?」と聞かれたので

「道で親切な女の人に拾われ、その方に
お世話になって帰りも送ってもらいました」と
お話ししたところ、

「あー、エンタメさんて、本当に地元の人捕まえて
世話になるのうまいですよねー。
特にジャズの人」って言われました。

要領よくてすみません。

そして、宿毛出港。

Dsc_1151

Dsc_1148

地元ブラスバンドの方の演奏に
市長さんの挨拶。そして風船とばし。

最後、ずーっっと見えなくなるまで
見送ってくれました。

ちょっと感動的だった。

またゆっくり来るぞ、宿毛!!!
そして、ごめん、新米君!

その日の夕日。
Dsc_1156

2012年5月10日 (木)

四万十川とわたくし

というわけで、しつこく続けます。

まさか、あなたに乗れると思わなかったよ。

土佐くろしお鉄道っ!!!
Dsc_1128


こないだ仕事で高知に来たときは
飛行機と車移動だったので、
電車に全然乗れなかったんですよー。
嬉しいよー。ばんざーい!

30分ほどで四万十川にほどちかい、
中村駅到着!!

私も朝美さんもビンボーだったので、
タクシーはやめて自転車にしようかといってたのですが、
あまりにも風が強いのと、
一番近い沈下橋まで自転車で50分はかかるということで
沈下橋じたいをあきらめようか、と一瞬なったんですがー。

写真見て行くことに決めました。
ここまで来たらやっぱ、いかなきゃね、と。

で、現れた観光タクシーの運転手さんが、

私たちがしゃべっていることに
「うっひゃっひゃっひゃっひゃ!」て笑いながら
つっこんでくる、
すごい面白くて親切な人で、
時間内でなんとかいい場所を廻ろうって
いろいろ苦労してくれたお陰で、沈下橋を満喫できましたー。

来たぜ、四万十!
Dsc_1129

欄干がないから怖いぜ、沈下橋!
(しかも車が通ったりすると怖さ倍増)

Dsc_1130


ケイト・モスなみのポーズでキメている
私の後ろには

「川に飛び込む人」みたいなのの
撮影に苦心する若造が・・・・。

Dsc_1136

運転手さんがどうしても見せたいといった
赤い橋。青い水に赤い橋で本当にきれいでした。
写真がねー、下手ですみませーんねぇーーー。

Dsc_1143

最後にお世話になった運転手の矢野さーん!!!
また四万十に行ったらお世話になりたいですー。

Dsc_1145


と、ここまで感動的だったのですが、
この帰りの電車が少しだけたいへんだったのでございます。

宿毛の優しい人びととわたくし

宿毛で、私と朝美さんは

「またマジシャンの龍生さんの後にくっついて
いけば四万十川まで行けるだろう」とあてこんでいたのですが、

その肝心の龍生さんは昼に仕事だかリハだかが
あるようで、
遠出はしないとのこと。

とりあえず地図をもらって、宿毛駅まで歩く・・・。
歩く・・・。

何もない・・・。

ここで二人、地図を見て、おかしいねぇと言っていたら
若い女の子の運転する車が停まりました。

「どこいくんですか?」と聞かれたので

「駅に」というと、

「無理です」ときっぱり言われました。

バスもないというので途方に暮れていたところ、

「私、ちょっと今届け物の途中なんですけど、
これ届けたら、送っていきますよ」と言ってくれました!!!

なんて親切なのでしょうかーっ!

ありがたくお言葉に甘え、

「どこに行くんですか?」と聞かれたので
「四万十まで行きたい」というと、


駅の観光協会の方を紹介してくださり、
ちょうど15分後くらいに電車があるので、
それに乗り、そこでタクシーを使えば
行ける、と教えていただきました。

「きれいな人が2人で道に居たから、
どうしたのかと思って、声をかけたら
駅まで歩くっていうからびっくりしたんですよー」と。

え?よく聞こえなかった?
特に最初のところ。
「きれいな人が2人で道にいたから…」

あ、また聞きそびれた?
「きれいな人が2人….」

もういいですか、そうですか。

行きはいいのですが、
帰りがかなり帰船時間ぎりぎりになるし、
遅れるとこの世のものとも思えないほど叱られると
聞いていたので
「じゃぁタクシーを頼んでおいて、それに飛び乗ろう!」と
言ったのですが
「ここらのタクシーはあんまりあてにならないから、
そんなに心配なら私が迎えに来ますよ!」って
言ってくれました。

なんてやさしいのっ!!!
そのやさしいマイさんと、やさしくない私と
やさしい朝美さん。

Dsc_1125


マイさんは
大阪から宿毛の沖の島にお嫁入りし、
こちらの会社を企業されたそう。
マイさんのとこのブリのふりかけ、超おいしいですよ!!!
■沖の島水産
http://www.okinoshima.co.jp/

そしてとても親切にしてくださった
宿毛駅の観光案内所のおねーたま。
Dsc_1126

人の親切をありがたく感じつつ、
俺と朝美は土佐くろしお鉄道に乗り込んだのだった。
(最後だけ、ちょっと土佐っぽく、雄々しくしてみました)

宿毛のゆるキャラとわたくし

「宿毛」みなさん、読めますか?

縮毛、じゃありません、宿毛です。
鼻毛じゃありません、宿毛です。
胸毛じゃありません、宿毛です。
いn…..、いやいや、
さぁだんだん部位が下がってきましたので
この辺で。

すくも、って読みます。高知県です。

今回は小笠原クルーズを終え、一度神戸で小笠原ツアーの
お客さまが降りられてから、
新しく宿毛・屋久島ツアーのお客さまが
乗ってこられました。

でもってひとつめの寄港地が宿毛。
さぁ、何があるか右も左も分からない。
とりあえず、船の外に降りる。
と、物産展のようなものを地元の方が開催
してくれていて、

すぐにくらいつけ、鯛汁!おいしーっ!

Dsc_1121

こういうものって若い娘でなく
お母さんぽいみれくれの人が
つくってくれる方がおいしい気がするのはなんでだろう。

そしてお出迎えにきてくれていた
ご当地ゆるキャラのはなちゃんと龍馬。
右からハナちゃん、私、龍馬、朝美さん。

Dsc_1122


この写真をF.B.にアップしたら
「左から2番目のキャラが一番ゆるい」と
言われました。くやしい。

宿毛はあまりにも具だくさん?盛りだくさんだったので
数回に分けてアップします。
おつきあい下さい。
アンド、ライブ案内・・・・。
★5月12日(土)関内ABSmile 関内駅徒歩7分・日本大通り駅徒歩3分
http://absmile.jp/
横浜市中区太田町1-11-3 4F 電話045-664-6162
Jazz’enka
★5月18日(金)Club-t  六本木駅徒歩5分
http://r.gnavi.co.jp/e150800/
東京都港区六本木5-3-4 レーヌ六本木4F
03-3423-9765 20:00-23:30までの間に3set MC\4000
Jazz’enka


2012年5月 9日 (水)

メインショーとわたくし

今回、多くの方から
「え? ライブやんないの?
 じゃ、なんで船に乗るの?」と言われました。

船の中ではお客さんが退屈しないように
いろんなお教室とかイベントが開催されるのですが、

その中の一つにみんなで唱歌を歌いましょう、
みたいのがあります。

今回は司会進行、歌唱指導が朝美さん、私がピアノという
コンビで乗らせていただきました。

お仕事後の、佐々木朝美先生とKatyDelMundo先生。
「おつかーしたー」

Dsc_1189


そう、前日、お客さまを押しのけるかのように
小笠原に上陸しようとして、叱られたコンビです。


で、本当は歌唱教室だけのはずだったんだけど、
うち合わせ途中から、メインショーにも参加してくださいって
言われて、急遽、室内楽の、ピアノとヴァイオリンのデュオ、
エストーンさんとコラボすることに。

そうはゆうても、
よく知らない方々といきなりコラボー?と思ったんですが
エストーンさんがひっじょうに
しっかり、かつ、たおやか、という
もーーー、爪の垢を煎じて飲めよな、あたし!ってかんじの
素敵な方達でしたので、なんとか
型をつけることができました。

本番前。
120501_2001001


本番の写真。ピアノ大石さん、ボーカル朝美さん、
バイオリン石井さん、電子ピアノあたし。

120503_212630


今回学んだというか再認識したのは
クラッシックを専門に学んだ経験のある人って
やっぱりストイックさがちがうってことでした。

訓練、練習をいとわないっていうか、
音に厳しいっていうか、プロっていうか。

本番前の気持ちの高め方とかも、すごくて、

もー、本番前のリハの前から笑いっぱなしで
本番に疲れて元気がなかった
StarlightJunctionと正反対!(あれはあれで
めちゃくちゃ楽しかったけど)

私は普段、どう見せるか、
ばっかりに気を取られるほうなので、

なんかもうその意識の高さにやられっぱなしで

実は、亀とか食べながらも
自信喪失で、結構ブルーだったんですけどね。

わたしだめじゃん、と思うと、

スタッフの方の一言一言も
「もしや、こういうこと言いたいのの裏返しの
嫌みでは・・・」とか
疑心暗鬼になるってことも経験しました。
わたしのくせに疑心暗鬼。
疑心暗鬼。読めるけど書けないかもしれない。
あ、書けるな、これは。
だめなのは跳梁跋扈とかですね。

話がそれた。

今回、エストーンさん始め、
落語の笑福亭由瓶師匠、マジシャンの龍生さんなど、
活躍されているプロの方達と御一緒し、

普通にみんな仲良く接してくれるけど、

私が彼らに感じるプロ意識くらいのものを
彼らにも感じさせられる力量を持ちたいな、と
思いました。

今回は比較的得意である司会進行に
携わることのできない構成だったので、

「ちぇー、ここでしゃべれば結構挽回できるのに」と
思わないでもなかったですが、

でも、しゃべりを取り上げられたことで、

逆にライブをしゃべりに頼らない音づくり、というものを
もう一度ちゃんとしなくちゃなって思えたので、
よかったのかもしれません。


とゆーわけで、
お客さま、スタッフの皆様、
そして朝美さん、エストーンさん、ありがとうございます!
写真は左から私、朝美さん、
エストーンの大石綾乃さんとそのご家族、
エストーン石井聡子さんのご家族と、石井さん。
120503_213652


あ、音響のS田さん、
大丈夫だから、そんなマイクの置き間違えで

ボーカル登場に一番の山場に
音が出なかったことなんて
ひとつも、これっぽっちも
誰も怒ってないから…….www
怒ってない….から…..

そうそう、あとこれ以外に、
盆踊りのお手伝いってのもありました。
盆踊りの後で、ぱちり。
Dsc_1077


とゆーわけで、
私は歌唱教室の片割れとして乗っていたのであって
決してマグロを獲っていたわけじゃいって
わかっていただけたでしょうかーっ?

小笠原2日目のわたくし

★ライブあんなーい。
5月12日(土)つまり、今週土曜日、
Jazz’enka横浜でライブです!!

是非いらしてくださいね!!!
◎ABSmile 関内駅徒歩7分・日本大通り駅徒歩3分
http://absmile.jp/

横浜市中区太田町1-11-3 4F 電話045-664-6162

******

小笠原一日目を満喫し、

楽しかったですねーっ!と 
きゃっきゃきゃっきゃ帰ってきたその夜のことです。

夕食時に
由瓶師匠が衝撃の発言を。

私「今日はどちらにいらっしゃったんですか?」
由「どこにもいきませんでした」

みんな「えへぇーーー」(サザエさんのマスオさん風)

Images


師匠は今回、ふじ丸に初めて乗られ、
誰か声かけてくれるのかなーと思っていたら
放置されたまんまだった、と。

というわけで、
それはもったいないから是非一緒に、と
声をかけて、次の日は、
朝美さん、私、龍生さん、師匠の4人で上陸。

最初、ジャングルに行こう!ということに
なっていたのですが、
突然のスコールに、ぐったりした

どうやら都会っ子の師匠が

「こんな後に言ったら、
このスタイリッシュな靴が泥だらけになる」と
おっしゃったので、

とりあえず、
前日にカジノスタッフのSさんから聞いていた
「海遊」という中華料理屋に
「あかば」という魚でだしをとった
その名も「あかばラーメン」を食べに行きました。

★海遊
http://r.tabelog.com/tokyo/A1331/A133102/13095479/dtlphotolst/

あかばラーメン、どーん!

Dsc_1079


優しいだしのあじでおいしいです。
ただ、湯麺も同じスープだったそうなので、
野菜をたっぷりとりたい方は、湯麺がいいかもしれません。

その後の予定をどうするか、となり、
その日の夜は、私たちのメインショーだったので、
とりあえず、体力温存・・・。
といいつつ、この心臓やぶりの神社の階段を上がり。

Dsc_1080

眺めがいいけど曇ってるーーー。
左から、師匠、私、龍生さん。

Dsc_1083

後に見える船が、ふじ丸様でございます。

というわけで、この日の昼は
なんのオチもなく、過ぎていったのでございます。

ほな。

2012年5月 8日 (火)

アオウミガメとわたくし

晴海から神戸を経て、
一日かけて小笠原へー。

二見港は今回のような大きな船がつくには浅いそうで、
通船という小さい船に乗り換えて約5分くらいで
港に行きます。
Dsc_1052
Dsc_1085

私と朝美さんは超行き当たりばったりタイプなので、
まぁ船で向こうにわたればなんとかなるだろう、と
思いました。

通船への乗降の時点で、すでに興奮状態はマックスになり、
船つき場につくなり、いてもたってもいられずに降りようとして

「お客さまより先に降りないように!」とか
いい年して叱られてる私たち。

勢いよく降りたものの、右も左も分からず、
どうしたものかと思っていると、

マジックの上口龍生様が現れ、

「海に行きたいなら、10分後のバスに乗らないとだめ」
「そこには売店などないから、食料も買わなくてはだめ」
「さらに、戻ってきてから名物のアレを食べたいなら、
予約を入れていかないとだめ」

と教えてくれました。

バス停の位置もわからないし、
どこで何を買えるかもわからない私たちは

とりあえず龍生さんに言われるままに
食べ物をしこみ、
龍生さんに教えられるままにバスに乗り込み、と

もう、初めて港に降りたときに
お世話になったのが龍生さんだったもので、

後をひよこのすりこみのように
ピヨピヨとついていきました。

二見港からバスで15分ほど、
小湊海岸。水が超きれい。

Dsc_1054


この時の私の顔が、
以前話題を呼んだ
昨年のタイで虎の寺にいった時の
超びびり顔となぜか同じになっています。

13147917_1038312593_2large

13147917_1038312588_87large


少し水が冷たかったのですが
着替えて泳ぎまくったら、再びテンションがマックスに!


後ろ髪引かれる思いで
バスで二見に戻って、島寿司へ。

そう、名物のアレです。

カメー食べいこうー♪

わりかんで行こう~♪

と、パフィーの「渚にまつわるエトセトラ」気分で
乗り込んだ私たち。

(ちなみに、ホントの歌詞は
カニ食べ行こう~
はにかんで行こう、です)


島魚の刺身と
パパイヤのキムチ。
Dsc_1059

アオウミガメの寿司。
Dsc_1061

島寿司と島魚の寿司。

Dsc_1062


島寿司は、所謂ヅケのお寿司。
保存食の意味合いもあるそうです。
八丈島とかでも食べたし、先日赤坂で行った
奄美大島の料理のお店でも島寿司があったから
離島の文化なのでしょーか。
島にはわさびがないので、辛子が塗ってあります。

ウミガメは水っぽくてまずい、という人もいましたが、

私はさっぱりした馬刺しみたいで、後味がおいしいなって
思いました。

スーパーをのぞいてみても
普通にカメを売っていて、あらためて日本って
広いナーと実感。
ていうか、刺身、サラダ、煮込み、とバリエーションも豊富で
なんか、私の中で、カメは動物から食べ物にシフトしました。
Dsc_1063


Dsc_1064

島寿司を出たあとは、
二見港横のビーチでこれも小笠原産のラムを
私と朝美さんと龍生さんとまわしのみしながら
ゆっくりし、

Dsc_1066


また通船にのって船へ。

朝美さんと二人だったら
たぶん、港まわりから動けなかっただろうなー、と
二人、龍生さんに足を向けて寝られないね、
龍生さん祭りだね、と感謝感謝の1日でございました。

ちなみに龍生さんのHPはこちら。
http://ryuseimagic.com/

ショウもトークも超面白かったです。

船の食事とわたくし

よく、船ってどういう食事なんですかって
聞かれるんですが、

お客さまが多いときは、船底に近いところに
ある乗組員食堂で、ビュッフェっていうか、
その日決まった献立を食べたい量だけ食べます。

ここはフィリピン人クルーと日本人スタッフの
メニューが違い、
最初に「フィリピン人のとこからは絶対に取らないように」
と言われます。

日本人用のもおいしいんだけど、
だめって言われると食べたくなるのが人の性。
わからない振りして食べちゃおうかなって
思ったりしましたが、

以前実際にそれをした人がいて
本当に、
海に飛び込みたくなるんじゃないかってくらい、
叱られてたそうです。

他にも、食事前に必ずしっかり手を洗うとか、
食事を取り分けている間にはしゃべってはいけないとか、
席は奥からつめて、とか

よく知らないけど、小笠原流とかったのも
これくらい細かいのかしら? くらい、
いろんなきまりがあります。

というのも、やっぱり船のよな
限られた空間ないで、いつも顔をつきあわせての
仕事、となると、
一番大事なのは「規律を守る」ことなんだそうで。

小さなことだけど、それをしなくては
船上での仕事は成り立たないのだ、と
いうことみたいです。

そういわれてからフィリピン人クルーの食事を
よく見たら、
やれ、これは2スプーン以上食べてはいけない、とか
これは3枚までしかとるな、とか
いろいろ但し書きがあり、
彼らもたいへんなんだな、と思いました。

というわけで乗組員食堂も、
カメラもって浮かれてるとか思われてもやなんで
写真とれませんでした。

後半は、お客さまと同じダイニングで、
同じメニュー。
モーニングコーヒーに始まり、
昼食、ティータイム、夕食、夜食、と
毎回おいしいものが色々出ます。


これはある日の夕食。

ヴィシソワーズ。

Dsc_1019


なんか聞いたことない野菜のサラダ。

Dsc_1018


今回のパートナー朝美さんが、
何日も何日も、美味しかった美味しかったと
牛のようにその味を反芻していた
白身魚のクレオパトラ風という、料理。

Dsc_1020

肉!!!

Dsc_1021


これにデザートとコーヒーです。

すっごくおいしくてつい食べ過ぎるので
私には乗組員食堂の方が良いのかも・・・・。

クルーズとわたくし


★最初にライブ案内

5月12日(土)関内ABSMILE
日本大通り駅徒歩3分
http://absmile.jp/
横浜市中区太田町1-11-3 4F 電話045-664-6162

Jazz’enka 初めて横浜ライブハウスに進出です。
ちょっと楽しみ。
皆様是非、応援にいらしてくださいませ。

Vo小林恵子(Jazz) 田才靖子(演歌) 石神知永子(Jazz)
Pf若林稔 B磯部ヒデキ Ds矢藤健一郎

ちなみにJazz'enkaについては、こちら
田才さんのHPからご覧下さい。
http://www.yasukochaya.com/

*******

全世界、21人くらいの私のファンの方々、
こんにちは。


昨日帰ってきました。

クルーズ中、お世話になった
お客さま、スタッフの皆様、
そして各地の皆様、本当にありがとうございます。

お金をいただいて働いている身でいうことではないですが、
今回のクルーズは、ほんっとうにいろんなことを学ばせていただきました。

と、硬い挨拶はこのへんにして(自分でいうな!ってかんじですが)

なるべく早めに、ずいずいと様子をブログにアップしていきますので
みなさん、私を追いかけてくださいね!


はじまりは、神戸で食べた時代屋のラーメン。

Dsc_1038


おわりはこのうすぼんやりの横浜港。

Dsc_1200


この間10日間の様子です。

はじまり、はじまりー。


« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »