« 君じゃないんだよ・・・とわたくし | トップページ | 担々麺とわたくし »

2010年5月13日 (木)

かんちがいとわたくし

■ライブ案内

適当に調べて来てください。

515日(土)熱海 よいどれ亭 Pf西村明子トリオ

525日(火)六本木 Club-T ラテン・セッション

528日(金)表参道JazzBird Kemmy The Yummy セッション

6 02日(水)新宿J Jazz’enka +Ensemble Creatif ←超お勧め!

605日(土)熱海 よいどれ亭 Pf西村明子トリオ

612日(土)新宿J 斑尾Jazz Session 

613日(日)関内FarOut *15:00から Pf西村明子カルテット

618日(金)学芸大学AsianCafe Per.BRAGADA Latin Unit

620日(土)高田馬場Familia “Resonancia” Latin セッション

623日(水)大久保BoozyMuse Pf西村明子セクステット Latinセッション

626日(土)熱海 よいどれ亭 Pf西村明子トリオ

79日(金)水道橋 東京倶楽部 Jazz’enka

こうしてみると、ラテン、全然できないくせに

結構ラテンのユニットに起用されているのは、

単に性格がいい加減だからと思われ・・・。

***

最近PCの調子が悪い。

14ページ分の原稿がパーになった。

パーは自分だけで充分だ。

なんとか今日やり直した。

偉いね、自分。偉人さんだね、自分。

赤い靴履いてた女の子を、連れていかなくちゃね、

自分。

偉人さんとして。

関係ないが、この「赤い靴」の歌詞の

「異人さん」部分を

「いいじいさん」「美人さん」

など、

「偉人さん」という語彙のない子供たちは勝手に解釈する。

うちの兄は、

幼少の頃、「鳩サブレ」を「鳩サブロウ」と執拗に

言っていたそうだが、これも

小さな子供の語彙に「サブレ」がないため、

自分の知ってる最もサブレに似ている単語、

サブロウが起用されるわけで、

あのなんとなく西洋の香りのするビスケットは、

一気に、江戸の長屋の住民のようになってしまう。

小学校の頃、「ファーブル昆虫記」が教科書に出ていた。

確か、34年の頃だと思う。

「とりわけ虫が好きだったファーブルは・・・・」という

一文を、クラスの98%が

「とりわけ虫」という虫だと勘違いしていたのを

思い出す。

そして、残りの2%の彼、

確かわたしの隣の席の、確かI・たけしくんだったと

記憶するが、

「鳥は毛虫が好きだった。ファーブルは・・」と

区切って読んだ。

「は」と「わ」も無視する彼の独創性。

遊園地にいった次の日、

筆箱をジェットコースターに見立てて、

そのすばらしさを実演してくれるさまが

あまりにくどくて、うざかったので、

笛で殴ったところ、

声を殺してずっと泣いていたのも彼だ。

しかも、彼のお父さんと私の父は

同じ会社で、しかも彼のお父さんの方が

ちょっと偉かったもんだから、

私は家に帰ってから、えらく叱られた。

私の4年生の時の先生は

「妊娠中で気が立っている」ということを理由に

石の文鎮で子供の頭をばんばん殴るデスペラードだったので、

皆、ものすごく先生を怖がっていた。

たけしくんも例外ではない。

算数で「図形」の問題の解き方が

分からなくて解けない、

叱られる~というので、

「だからさー、ここを切って、

こっちに△と□に分けて考えればいいじゃん」と

指導したところ

「教科書を切ったら、先生に叱られる」と

言っていた。

馬鹿だよなー。

そんな馬鹿な伊藤くんも、

ラグビー推薦でW大に入ったと聞いた。

ずるいよなー。

ライブ、来てください。←強引に終了。

« 君じゃないんだよ・・・とわたくし | トップページ | 担々麺とわたくし »

コメント

客室乗務員をしている知り合いが、本気で言いました。

「トラって、ライオンのメスじゃないのー???」

「そうだよ?」って、言っておきました。


こないだ、なんかのテレビで
やってましたが、
虎とライオンを戦わせた場合、

虎が勝つことが多いそうですよ。

関係ないけどさー。

ひさです!
伊藤くんイイ♪

ケイティ、ハイレベルブログ健在っていうかフォーエヴァーですね。
またきます~

>おおうえさま

 おお!心の友よ!
 ちょっとまた遊ぼうね。遊んでね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 君じゃないんだよ・・・とわたくし | トップページ | 担々麺とわたくし »