« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月24日 (金)

札幌ラーメンとわたくし

■ライブ案内(若干追加)

424日(金)三軒茶屋 おやまの杉の子

Vo小林恵子 G可世木唯以

19:30- /20:30- 2set 投げ銭式

http://www.oyamanosuginoko.com/

黄色いタック&パティーとしてゆるゆる演奏中。

うどんの他、おつまみなども充実です。

425()甲府 PiedNu

Vo小林恵子 G伊藤紀彦 石塚和弘 B高木栄治

13:00― /15:00 \500

http://www.kofu-town.com/mypage/kf015097

お天気悪いみたいですが、是非!

おいしい天然酵母のパンがあるCaféでのライブです。

今回はボサノバ中心です。

430日(木)三軒茶屋 おやまの杉の子

Vo小林恵子 G伊藤紀彦

19:30- /20:30- 2set 投げ銭式

http://www.oyamanosuginoko.com/

もう、わたしどんだけうどんが好きなんでしょうね。

是非遊びにきてください。

まったり系の曲をやろうと話しています。

54日(月)池袋 VAGABONDO

連休の中日なんですがね。

久しぶりに加藤国夫さんとの共演です。

あ、全員名字がKだ。KKKだ。

19:30- 3set Nocharge

Vo小林恵子 G可世木唯以 Pf加藤国夫

http://www.vagabond.jp/

511日(月)馬喰町 Jazzy

Vo小林恵子 Ds西村孝一トリオ

http://www.barjazzy.com/schedule.html

20:00-3set NoCharge

六本木のセッションに行った先の店で拾われて、

出演です。遠くに売られないように気をつけます。

516日(土)熱海Lydian

Vo小林恵子 Pf西村明子カルテット

19:00- 2set 

http://cafe-lydian.com/

美しい西村さんと一緒に。今回はソウルフルな

曲もやります。私だけど。

521日(木)新大久保BoozyMuse

Jazz’enka Live

Vo小林恵子 田才靖子

Pf伊原康二 B新岡誠 Per木村徳行

お待たせいたしました!

12月以来、ライブハウス、久々の登場です!

今回は大ベテランの懐に抱かれ系で、

暴れまくりたいと思います。

みなさま、ご予約お早めに!

\2800 19:30- 2set

http://www.boozy-muse.com/

Pf伊原康二 ハモンドオルガン奏者としても

有名な伊原さん。サウンドが美しい素敵な素敵な

ピアニストです。

B 新岡誠 スターライトジャンクション時代に

大変御世話になりました。どんなタイプの音楽にも

新しいアイディアで立ち向かってくれる、頼もしい

ベーシストです。

Per 木村徳行 数々のレコーディングに参加されている

安定したパーカッション。少し前のレコーディングでも

大変御世話になった方で、とってもかっこよいです。

お問い合わせは各店へ!

*****

今、池袋東武デパートでは、

北海道物産展というのをやっています。

http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/event.php?kaijyo_kbn=1&sj_no=3021

あなた、これ素通りできる?

できる?

できないわよねぇーー、とおばちゃん口調になるくらい。

うっとりしながら

「蟹」「コロッケ」「アイスクリーム」などを眺めるが

所詮ダイエット中の身。

うかつに買うことはできないのですが、

どうしたってあらがえないのが

ラーメンです。

しかも今回は

期間限定!

道外初出店!

札幌の人気ラーメン店が満を辞して!

などの文句にあおられるがまま、

思うがママ、なすがママ、行って参りました。

■吉山商店

http://r.tabelog.com/hokkaido/A0102/A010202/1004368/

おいしかったです。

ただ、相席になった

中年夫婦が、ずっと

「だから、御義母様にもあなたから

言ってちょうだいよ!

あなたから言えば聞くわよ!」

「そうはいってもなー」と、

「義母を施設に入れたい嫁の要求を

のらりくらりとかわす夫」という会話をしていて、

それを聞きながらだと

弱冠和まなかったが。

ライブきてください。

2009年4月23日 (木)

せつない草薙剛とわたくし

☆ライブ案内

424日(金)三軒茶屋 おやまの杉の子 

19:30-20:30- 2set 投げ銭式

Vo小林恵子 G可世木唯以

すっかりおなじみになりました。うどんおいしいです。

飲み物やおつまみも充実してますよ。

世田谷区三軒茶屋1-34-11 電話:5486-0094

http://www.oyamanosuginoko.com/

425日(土)甲府 PiedNu

13:00-15:00 \500

Vo小林恵子 G伊藤紀彦 石塚和弘 B高木栄治

去年に引き続き、甲府の天然酵母の

パンがおいしいカフェでのライブです。

今回はボサノバ中心にお届け~。是非お越しください。

http://www.kofu-town.com/mypage/kf015097

甲府市古府中町952-1 電話:055-252-6690

*********

草薙剛、公然わいせつ罪で逮捕

http://weblog.imachive.com/?p=4735

いやー、せつない事件ですねぇー。

誰か一緒に脱いであげればいいのに・・・

(そういう問題ではない)。

30男が何が悲しゅうて1人公園で・・・。

全裸の男、といって思い出すのは

大学時代だ。

わたくしのいた音楽サークルは

音楽もまぁそこそこだったが、

何せ、男の子が「飲んで脱ぐ」、

略して“NN”な場所として有名だった。

純粋な10代だったわたくしも

・居酒屋で、全裸の先輩が下半身裸の先輩と普通にまじばなし

・全裸で合宿所の廊下でピラミッドをつくる同級生たち

・さらに、わたしたちの部屋に遊びに来ようとした、関西の大学の

 バンドの人たちを、全裸でおいまわす下級生たち

・酔いつぶれたところ脱がされて、そこにおつまみを

盛られている同級生

なんてのを見続けているうちに、

「あ。またやってる」的に、

何も思わなくなっていったわけですね。

たいてい、彼らは徒党をくんで、

全裸になり、

そのままエレベーターに乗り込んで、

他の大学の男の子をとりかこんだり、

お風呂であばれたりしていたわけです。

1人で全裸というケースはあんまりなかったと思われる。

1人全裸。

このキーワードで一つだけ思い出すのは

I先輩である。

頃は春の初め。

伊豆の温泉だったと思う。

合宿の飲み会で、

みんながまたばんばん騒いで脱ぎだしたので、

わたしたち女の子はそのまま部屋に戻り、

男の子は、また部屋で騒いでいた。

小一時間くらいしたころか。

わたくしがお手洗いに行こうとすると

真っ暗な廊下から

「助けてー助けてー」という声がする。

自慢じゃないが、わたしは怖い話しに弱い。

古びた温泉旅館の真っ暗な廊下から

そういう声が聞こえたら普通怖いですね。

おそるおそる廊下を進むと

「助けてぇー」という声は1F上、3Fから

聞こえていることがわかった。

ここで私は思い出したのです。

私たちが部屋に戻る直前、

全裸でみんなではしゃいでいた男衆のうち、

なぜだかI先輩だけがとらえられ

浴衣のヒモでぐるぐる巻きにされて、

Fに連れていかれていたことを。

Fにあがってみると、

I先輩が床に転がり、

「助けてぇー、寒いー、痛い~」と

震えていたのですが

さすがに全裸の人間にさわるのはやだな、と思い、

階下の男衆に知らせたところ、数名の部隊によって

先輩は速やかに救出された。

縄をとかれたときの先輩の第一声。

「ばか!なんで助けたんだよ!

暗くて怖くて、痛いし、寒かったけど、

それがよかったのに!!!」

まじで怒ってました。

そんなI先輩もいまや

某国立大学の助教授。

何を教えているかは不明。

2009年4月16日 (木)

彼からの手紙とわたくし

18()は、新宿Jに是非おこしください。

http://www.jazzspot-j.com/

Vo小林恵子Pf寺島優樹 B坂根格 Ds佐藤匡昭 Tsマイケル伊藤 Tp木谷賢一

インストの曲、結構いいの選んでましたよ。

わたしも日本語の曲も含めてやるかんじです。

******

つきあって1年目の彼から

こんな手紙がきた。

おもしろいので全部載せます()

*****


もう付き合って1年も経ったんだね。

ケイティーのことだし、記念日とかどうでもいいとは思うんだけど(笑)。 
最近はあまりコミュニケーションをとれてないし、今日ぐらいは手紙でも書いてみるよ。 

さて、何から書こうかな。 
あー、これ結構言いにくいんだけどさ、

ケイティーのブラひもってねじれてないことがないよな(苦笑)。 
ってわざわざ記念日に書くようなことじゃないか。この話はナシ(笑)。 

この前、結構強い言い合いになったよね。おれが携帯壊れてるときに親にどうしても連絡しなくちゃいけないことがあって、「携帯貸して」って頼んだのに貸してくれなかったんだよな 
というかケイティーの携帯は普段からロックもかかってるし会ってるときは絶対にサイレントにしてるし、何をそんなに徹底して隠すことがあるのかおれには分からない。そういうとこには不信感があるよ。 

こんなこと言いたくないけど、ケイティーって、もうだいぶ冷めてない?飽きたのか、おれのことが面倒になったのか、よく分からないけど。前から何を考えているのか全然見えないタイプだしね、ケイティーって。意地っ張りだし。 
最近思うんだ。ケイティーって、本当は誰にも言わないけど甘えたいんじゃないかって。「強そう」「しっかり者」って一面的に見られてて、疲れてるんじゃないかって。だとしたら、おれが甘えさせてやれないのがいけないんだよね。 
なんか、それはそれでヘコむな 

てか、記念日のわりに内容がひどいな。話題が暗すぎる 
よし、良い方向に話を変えよう。 

なんだかんだ言って、おれはケイティーには感謝してるんだ。 
ケイティーは、色で言えばくっきりした黄色なんだよね、おれのイメージ。一緒にいると明るくて楽しくて。和みはしないけど、キンキンして目立つからこそ惹きつけられた気がする(虫か)。独特なオーラで存在感があったし、この一年間は、寂しい気持ちにはならなかった。むしろうざいくらいだった(笑)。 

ケイティーが言っていた「まぁ気張らずに付き合って、結果としてうまくいったらいいね」っていう投げやりなセリフにおれは少し戸惑ったけど、それでも何気にその言葉が嬉しかったから、おれも日々を大切にして一緒に歩んでいけたらなと思うよ。ケイティーが今どう思ってくれているかは気になるところだけどね(笑)。 

これからもたくさんすれ違いとかあると思うけど、二人なりに、支え合いながら進んでいこう。あ、それと、会うたびにおれの服装に点数つけるのはやめてくれ 

では、これからも末永くよろしく。ケイティーがいてくれてよかったよ。ありがとう。 

P.S.
おれがケイティーの部屋にいくと絶対にファブリーズかけるよな 
***** 

種明かし。

1年目の恋人からの手紙」

http://tegami.hanihoh.com/q/

このシリーズには他に、

「初恋の人からの手紙」というものもあり、

それの別バージョンですね。

結構、リアルであたってる気がするのが

笑えます。

いや、ファブリーズはかけませんし、

携帯くらい貸しますが。

さらにこれにはご丁寧な分析まで

ついてくる。

かなり「余計な御世話」なんだが、

ちょっとあたってるかんじもしました。

真綿でクビをしめるような表現をしていますが、

「がさつ」だ、ということなのでしょう。


【こんな問題ありませんか?】 
実は「いかにも女子グループ」みたいなのは苦手だ。 
少し重苦しいような思い詰めた男性は苦手だ。

なんだかんだで男性を傷つけることが多い。 

【分析と課題】 
ケイティーさんは、わりと男性からアプローチを受けやすいほうだと思われます。それは、ケイティーさんにとって男性というのは遠い存在ではなく、近しい存在だからです。平均的な女性よりも、ケイティーさんは男性に対して心の距離感が近いのです。さらに言えば、そこには「男性には好かれるものだ」という無意識が存在しています。むしろどちらかといえば女性のどろどろした感情を苦手に思っているかもしれません。 

それは男性への好みにも表れていて、ケイティーさんが小ざっぱりした(あまり女性らしくない)性格なだけに、あまりねちねちした男性が相手だと「うっ(重っ面倒くさっ)」と思ってしまうことでしょう。ケイティーさんと付き合う男性には、あまり小さなことは気にしないような、ケイティーさんに振り回されたりしないような、どんと構える余裕が必要なのです。 

しかしケイティーさんと付き合っていると、どんと構えていた男性も弱ることがあるでしょう。ケイティーさんがあまりに自己完結した人なので、自分が必要とされているのかが分からなくなり、不安になるからです。よく束縛されたり、相手に依存されたり、付き合っていくうちに相手がねちねちした男性になっていくということはないでしょうか?それはケイティーさんのそっけなさが招いている部分もあるのです。 

ところで、ケイティーさんは彼女付きの男性や、既婚者と恋に落ちたことはありませんか?ケイティーさんのことを少しほったらかし気味で扱ってくれる人といえば、そういった人たちがうってつけだからです。あくまで可能性の一つという程度ではありますが。 
【恋愛キーワード】 
「論理思考」「甘え下手」「余裕」「勘違いされやすい」「思いやり不足」「美少年ハンター」「追われる側」「ポジティブ」 
【最後に】 
ケイティーさんは、男性に甘えられなくなっていたり、世の男性たちが弱々しく感じられて、どうも最近は恋愛が味気ないもののように感じられたり、そうでなくても面倒くさいもののように感じられているのではないでしょうか。「以前はもっと何も考えていなかったのに」そんな気持ちになっていないでしょうか。または成就しないような恋愛にどっぷりハマってはいないでしょうか。 

想像するに、ケイティーさんは、わりと自分の心を操作しようとする人だと思われます。自分に厳しく、甘えた考えは出さないように、自分を律して生きているのではないでしょうか。しかしそれがケイティーさんの「みずみずしさ」を奪っていくことにつながります。強さと引き換えに、あまり感情が増幅しなくなってきている可能性があります。 

恋愛は「心が共鳴」するものですから、自分の心がドキドキしなければ、相手はドキドキしにくくなります。いくら肌の露出を増やしても、本当の意味でのセクシーさを失っていきます。 

ケイティーさんが今後充実した恋愛をするために、我々と恋愛を学習してみませんか?ケイティーさんも把握していない自分の心が、驚くほどクリアになっていくことと思います。

****

みなさまも是非おためしください。

おためして、頭に来てください。

2009年4月15日 (水)

おばさんの頭の中の世界地図とわたくし

今週末、土曜日は新宿Jに是非お越しくださいませ!

悪いようにはいたしません。

2管で豪華な編成ですよ!

http://www.jazzspot-j.com/

*********

昨日、ジムのサウナでおばさんが

熱弁ふるって話していたこと。

「ケニアってのは英語なのよね。

アフリカはほら、だいたいの国が英語じゃない?

あれはどうしてかしらね?

アフリカって元の言葉がないのかしら?

そういえば、東南アジアはフランス語よね。

タイでプーケットにいったらフランス語だったわ。

インドネシアもそうかしら?

インドネシアって、でもフランスから遠いのにね。

不思議ねぇーー。

メキシコって何語?フランス語よね?

フランス語を話す地域って多いのねぇーーー」

おばはんの頭に

「植民地」という概念はないようでした。

言うまでもないが、ケニアは英語だが

それ以外は全部間違い。

東南アジアのフランス植民地は

ヴェトナムだし、

インドネシアはオランダ領だったし、

メキシコはスペイン語だろう。

昔、塾講師のバイトをしていたとき、

受験直前(1月くらいだったと思う)

の中3の女の子に

全く地理が分かっていないので、

「あのさ、アメリカの首都わかる?」

「ニューヨーク」

これを間違えるのは想定内だった。

「じゃさ、フランスの首都は?」

「・・・・・スペイン?」

みんなの頭の中の地図を見てみたいですね。

そういうサイトが前あったような気がします。

以前、腹をくだしがちなわたくしは、

山手線、渋谷駅から池袋駅までの間の

すべてのトイレの位置を把握しておりました。

関係ないですね。

J、是非!

2009年4月13日 (月)

週末つれづれとわたくし

☆最初に今週のライブ案内

417()中野坂上 小原病院院内コンサート

Jazz’enka

418日(土)新宿J

Vo小林恵子 Tsマイケル伊藤グループ

Pf寺島優樹 B坂根格 Ds佐藤匡昭 Tsマイケル伊藤 Tp木谷賢一

老舗ジャズクラブJ.タモリさんもたまに、見えてます。

今回は2管を従え?、偉そうに登場です。

インストの曲も結構凝ってますので

楽しんでいただけるのではないかと。

新宿厚生年金会館の隣の隣のローヤルマンション地下1階。

http://www.jazzspot-j.com/

******

先週の9日、10日は、

長野県上田から上田電鉄別所線で

ちょこっといった、

別所温泉へ。

Photo

朝早い新幹線で上田に出、

乗り換えの前に、早速駅そばを1杯。

長野県って駅の立ち食いも本当においしい。

別所の宿はシャビイでしたが、

感じもよく、何しろ別所温泉の泉質が

非常によろしく。

露天に入ったらちょうど満月で。

「こんなにいい月を1人で見て寝る」と

尾崎放哉気取りになる。

次の日は、上田城から始まり、中山道の

海野宿、そして

小諸へ。

小諸義塾を創設した

木村熊二に関する資料を展示した、

小諸義塾記念館へ。

この方、藤村とのゆかりも深い。

この熊二先生は明治女学校の創設者。

キリスト教教育に熱心だった彼は

様々な偉業を残している。

なんとなく系図を見る。

私「へぇー、熊二のお父さんも熊二って名前ですね」

友「しかも、お父さんの兄弟熊一、熊二、熊三だよ」

私「よっぽど熊が好きなんですかね・・・」などと

どうでもいい話しをしながら見ていた。

そこに年譜が。

私「熊二は、三〇代で奥さん亡くしてますね」

友「でも、そのすぐ後に、10代の嫁もらってるね」

私「しかも、これ生徒ですよ」

友「うわー、熊二・・・」

それから数年後。

私「あ、熊二離婚してる!」

友「妻が不祥事を起こしたって・・・」

私「あ、でも熊二、再婚してる!!!」

友「52歳のくせに、23の嫁もらってる!」

私「しかもまた生徒ですよ!!!」

友・私「くーまーじーーー」

というわけで、

島崎藤村も自分の生徒と恋愛して

明治女学院の教師をやめたり

しているから

この2人、仲いいの分かりますよね。

とても偉い人なのでしょうが、

よく言えば「ロマンティスト」

悪く言えば、いや、特に言うまい。

土曜日はジムに行き、

スペイン語へ。

スペイン語の教室に

メキシコからのお客様を迎えた

歓迎会があったので、そこで

テキーラを飲んで、

あっという間に駄目になっているわたくし。

Photo_3

早めに辞しましたが、

楽しかったです。

うちに友人が来た。

まったりと近況報告しつつ飲む。

こちらもゆるゆる楽しくすぎる。

が、多分、とちゅうからゆるゆるじゃなかったですね、

次の日の朝目が覚めたら

またジャンベがケースから出て、

今回はクラーベがちらかり、

サルサのCDがかかってました。

何やってたか考えたくない。

次の日は、

久しぶりにゆっくり、

日中どこにも行かず

夜になりました。

なんという非生産的な時間!

でも疲れがすっかり取れた。

夜は友人と、三軒茶屋の

Il Chiassoというイタリアンへ。

最初にスプマンテを頼む。

前菜に

里芋のテリーヌとトマトのサラダ

Photo_4

ブロッコリーと槍イカのアンチョビマリネ

鶏レバーのクロスティーニ

そして、空豆とラグーのタリアテッレ

ここまでで結構お腹いっぱいになったので、

メインはパスして、

デザートの私はアフォガード(バニラアイスに

エスプレッソがかかってる)。

最期にレモンチェッロを食後酒に。

ここの自家製のレモンチェッロ、

最高においしいです。

というわけで

またダイエットに励みます。

はい、夏までに

メヒョウのようになりたいと思います。

Photo_2

2009年4月 2日 (木)

串揚げとわたくし

☆最初にライブ案内☆

43()

麻布 BlueFlame 

http://blueflame-jp.com/

Vo小林恵子 G伊藤紀彦

20:30過ぎくらいからゆるゆるっと演奏します。

立教大学時代のサークルの先輩で、

今はプロのギタリストの伊藤紀彦さんとの

デュオです。

http://ameblo.jp/norihiko0816/

在学中、「立教で一番ギターがうまい」と言われて

いました。

ギターだけでなく、駄洒落、物まねなど、

多芸多才な方です。

彼の放った「ダスティン・ホ譜面」や

「ふちゃコップ」(雑な居酒屋にありがちな

何かがついて、汚れたコップ)

は、今だに私の中での金字塔です。

ボサノバを中心にお届け予定。

☆立教関係の方→

アルビオン、アメ民が結構来てくれます。

良かったら同窓会気分でお越しください!

もちろんFU、オーバーオールも!

あ、おたまも!(祝迫さんとか元気なんですかね・・・)

44()

水道橋 東京倶楽部

http://www.tokyo-club.com/intro/

Vo Takaちゃん Cho小林恵子

Pf遠藤征志 B金子健 Ds井川晃

ゲスト マジック・マリッキー

ボーカル ヴィラ・カミムラ

こちらも毎回多才なTakaちゃんの

ライブ。今回はちょっとジャズっぽくなるみたいですね。

私は3曲お手伝いします。

途中のゲストのショーも超おもしろいですよ。

四谷あたりでお花見したあと、是非お越しください。

****

週末。

28日に大阪でライブをした。

Jazz’enka,プライベートパーティーのゲストに

呼んでいただいたのだが、

いやー、楽しかったです。

Jazz’enkaは結構こういう

パーティーやイベント系の仕事が多いのですが、

主催者の方というか

その会の中心となる人がよい方だと

会自体、とても雰囲気がいいものだ、と

つくづく感じました。

最期には、また、みんな出てきて

ステージで踊っちゃってました。

ふじ丸の二の舞です。

わたしたちには人を踊らせる力がある!

(だからなに?って話しですが・・・)

次の日、会の主催の方たちが

「大阪案内」をしてくださる。

まずは通天閣。

一時間待ち。

見れば通天閣の隣には

同じくらいの高さのマンションが。

はい、速攻却下です。

そして新世界の串揚げ屋に

突入。

その名も「必殺」。

藤田まこととは無関係だそうです。

Hissatsu

午前からビールと串揚げを堪能。

以前にもここで、

いくつか書いたが、

わたくしは、自分の中に

「これだけはすまい!」を

いろいろ決めているのですが、

「いくら休日でも

午前から酒を飲まない」という禁をここにきて

侵し、

また一つ、自由への階段を上り、

幸せへの階段を下りました。

わたくしの通っていた中高の標語みたいなので

「自由の裏には責任がある」という

言葉があり、

それ故にうちの学校に校則はなく、

だのに、ちょっと派手な服とか着ると、

「自由の裏には責任があるのよ。

ちゃんと考えて行動して!」とか怒られ、

「だったら、校則でしめあげればいいのに、

まわたでクビをしめるようなまどろっこしいこと

いいやがって・・・」と反抗期の私は

思っていたのですが、

今、まさに自分のクビをまわたでぎゅうぎゅうしめて

いるかんじです。

でもおいしかった。

この後、うどん食べて帰ったら、

せっかく成功していたダイエットが

元の黙阿弥に。

最近は走る距離を倍にして、

とうとう10キロ。

はい、夏に向けてさらにしぼります。

ってなんの話しだっけ?

あ。大阪か。

また行きたいです。

Beer

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »