« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月26日 (木)

最期の言葉とわたくし

昨日の日記に書いたが、

島崎藤村の最後の言葉は

「風が涼しいね」だったという。

板垣退助の

「板垣死すとも自由は死せず」

(ちなみにこれに関しては、

相原コージのコージ苑の中に、

死ぬ瞬間、この言葉を言おうとした板垣が

同じタイミングで放屁してしまい、

次の日の新聞に

“板垣退助最後の言葉!

『板垣死すとも 自由はプゥ!』

と一面に出てしまう、という秀逸なのがあります)

ゲーテの

「もっと光を」

ハイネの

「書くんだ。紙、鉛筆・・・僕は死ぬ!」

クロティウスの

「多くのことを理解したが、何も完成しなかった」

イサドラ・ダンカンの

「さようなら、お友達。私は栄光に向かって走るわね」

普通死ぬ間際に、本当にこんなかっこいいこと

いえるのだろうか。

第三舞台の

鴻上尚史が浪人生時代に寮生活を

送っていたときの話。

同じ寮の男の子が、えらい事故にあった。

どれくらいすごいかといえば、

その子の遠くに住む両親が

呼ばれたくらい。

仮に名前をヒロシとする。

昏睡状態のヒロシ。

横で、「ヒロシ!眼を開けて!」と泣き叫ぶ母。

「ヒロシ、ヒロシ、しっかりしろ」と励ます父。

そんな中でヒロシが意識を取り戻す!

眼をこちらにやり、

やはりその場にいた鴻上尚史に

近くに来るように訴えた。

「親・・・ 外・・・・」

「なんだ!親に来てほしいのか?」

「ちが・・、親・・・外・・・・」

どうやら親に外に出てほしいらしい。

そこで、いぶかしがる親を外に出し、

彼の口元に耳を近づけると

「布団・・・・の下・・・・、

エロ本・・・・」

だそうで、つまり自分に何かあったときのために

布団の下に隠してあるエロ本を

両親に見つかる前に処分してほしい、というのが

この彼のいまわの際、一番気になったことなんである。

(幸い一命はとりとめたようです)

同様に、私とユニットをしているタサイちゃんの

お母さんが病気で倒れ、

病院に運ばれたとき、

やはりタサイちゃんに

何か言い足そうにしているお母さん。

みんなが心配しておろおろしまくっているところで

お母様がタサイちゃんに必死で

伝えた言葉は

「ほ・ほたて・・・・・」だったそうだ。

後で元気になってわかったのだが、

近所のナントカさんちに、

おいしい帆立をあげようと、取り寄せておいたのが

腐ってしまう前に、あげてほしい、ということ

だったらしい。

というわけで、

リアルってそういうことなのではないかと。

でも、

日本人は結構素敵な言葉をノコしています。

若山牧水

「なぜみんなそんなにオレを見ているのだ」

太宰治(遺書)

「みんないやしい欲張りばかり 井伏さんは悪人です」

グレート金山(ボクサー)

「気分が悪い 吐きそうだからバケツとって」

しかし、やっぱ、これもかっこいなー。

「あっちに行け!出て行け!臨終の言葉なんてものは

充分に言い足りなかった馬鹿者たちのためにあるんだ!」

カール・マルクス

死ぬ前に変なこと言わないように、

高尚な生活をしたいと思います。

2009年3月25日 (水)

島崎藤村とわたくし

今週末はJazz’enka、大阪でライブです!

待ってろ、大阪!(意味なく興奮)

********

昨日、母校の教授と仕事の打ち合わせがあり、

大学まで足を運んだ。

わたくしは立教の校舎が大好きで、

いつも「ああ、美しひ・・・」と

旧仮名気分でほのぼのする。

そこで教授と今度の仕事「中山道紀行」の

打ち合わせ。

私のイメージの中山道は

なんとなく木曽路であり、

木曽路というと、島崎藤村ですよねーなどと

話した。

というのも、私の通った中学校は

まぁくどいようだが、変わっており、

あんまりちゃんと教科書とか使わない。

中1の1学期の授業は確か

藤村の「ふるさと」という童話だったと記憶している。

これは馬籠で生まれた藤村が

子供時代を偲んでつくった童話。

かなりメルヘンチックな物である。

今でも忘れないが、

第1話は雀の親子の話で、

竹藪の中にある雀が、

竹の子を見てはしゃぐ、という他愛のなさ、

「あそこにも竹の子」

「ここにも竹の子」という台詞があり、

童顔で子供らしい顔ではあるが

心は生意気盛りだったわたくしは

「なにいってんだか。これが13歳の読む物か」と

思っていた。

当時、先生は

「藤村さんの無邪気な心が現れていますね」と

言っていた。

さらに、くっどいくらい

「藤村さんは、クリスチャンだったんですよ」と

まるで

「こういう無邪気な文章はクリスチャンだから

書ける」のような感じで繰り返し言われたのだが

「クリスチャンが無邪気だったら

今まで一度も宗教戦争なんて起きないのでは」と

童顔だが生意気だった

私は思った。

と、長くなったがここまでは前哨戦。

藤村と木曽路、というテーマなら、

ちょっとすがすがしくていいかな、と

思ってそれを提案したのだが、

教授は渋い顔をしていた。

「うーん。

僕は島崎藤村という人の文学だけを見れば

こんなに品格のある人はいないと

思うんだけど、

どうも人が好きじゃないんだよな」

とおっしゃる。

「破戒とか夜明け前とか

社会派でお堅いかんじだからですか?」というと

「違う違う」

そこで私は知ったのですが、

藤村は姪っ子との間に関係をもち、

さらに姪が妊娠、という事件を起こし

逃げるようにパリに留学したのだとか。

4人子を成した妻が亡くなったとき、

1人では子供の世話が大変だろう、と

藤村のお兄さんが

自分の娘を手伝いにだしたら、

その人に手をつけたということですね。

で、自分だけ逃げるように国外に。

それをまた帰国してから

関係が再燃し、

それを小説の題材にしたんだけど

それがまた自分本位でいやな小説らしい。

(調べたら芥川が酷評していた)

そんな人が、

「あそこにも竹の子」

「ここにも竹の子」。

なにいってんだか。

しかも亡くなるときの言葉が

「涼しい風だね」だったそうで、

なんか気障でしゃくにさわる。

はい、くだらない話ですみません。

というわけで藤村企画はボツになりましたとさ。

2009年3月24日 (火)

強烈なお酒とわたくし

☆ライブ案内から

328日(土)大阪 Jazz’enka Privateparty

43() 天現寺 BlueFlame

原信夫とシャープスアンドフラッツの原さんゆかりのお店。

超素敵なバーです。

Voけばやし G 伊藤紀彦

というわけで、立教大学アルビオン出身の皆さんは来るように。

のりちゃんが来ます。

あと、アメ民のあやちゃんも来ます。

というわけで、後輩の集客よろしくね→ややさま

松にも鹿児島から来るように言ってね。

ヤギは親の葬式とぶつかっても来るように。

44日(土)水道橋 東京倶楽部

Vo Takaちゃん Choけばやし

Pf遠藤征司 B金子健 Ds井川晃

すごいメンバーだなー。

途中でマジックショー、ゲストボーカルのショウなどあります。鳩がでます。

まじ楽しいです。

417日(金)中野坂上 小原病院院内コンサート

 Jazz’enka

418()新宿 J

Voけばやし Pf寺島優樹カルテット

若手でめきめき頭角を現す寺島さんとの共演です。

Jは老舗。ちょっとアングラでおもしろい店です。

424()三軒茶屋 おやまの杉の子

Voけばやし G可世木唯以

うどん屋でジャズ。しかも投げ銭。是非。

425()甲府 ピエヌ

Voけばやし G伊藤紀彦 石塚和弘

はい、こちらは甲府のあやちゃんの企画。

昨年に引き続いて、今年も、甲府のおいしい

天然酵母パン屋さんの庭先でのライブです。

去年はお花見ライブ、今年は新緑ライブです。

*******

先日の熱海のライブ、

盛況でした。

熱海のみなさまありがとうございます!

東京から来てくださった方もあり、

ひとえにわたくしの人徳のおかげ、と・・・(以下略)

さて、この日の演奏終了後、

ピアノの西村さんに

「けばやしさんにお勧めの店がある」と

連れていっていただいた、

この店。

焼き鳥「万楽」

安いし、メニューが個性的でおもしろいのだが、

ここに

「イグアナ酒」と「三蛇酒」いうのがあり、

是非、飲んでみてほしいと。

どちらも理科の実験室にある

ホルマリン漬けっぽいかんじで、

どうテンションを高くもっていっても

「うわぁーー、飲んでみたぁい」とは

思えない。

ボトルから匂いをかがせてもらったところ、

三蛇酒は、もう、

夢野久作著「ドグラマグラ」臭といいますか、

廃院になった病院の消毒液が

すえたような、あの臭い。

イグアナ酒のほうが

まだしもフルーティーに思えたので、

一応飲み干してみました。

その直後の、

もう、何もとりつくろうことができない

素顔のまま、

味がそのまま顔にのっかっちゃったみたいな

私の表情をご覧ください。

200903212313000

この写真をアップすることに関しては

近しい筋から、

「イメージ悪くなるんじゃない?」と

指摘を受けたが、

おもしろいと思うので、

載せます。

しかも、特記すべきこととして、

次の日にまったくお酒が残らず、

かなり良い寝覚めだったこと。

イグアナって体にいいんですね。

よけりゃいいってもんじゃないけど。

次に熱海にいったら、

三蛇酒かな・・・・。

2009年3月19日 (木)

飛び出す臓器とわたくし

21日は?

熱海ライブ!

是非お越しください。

Café Lydian 

http://r.tabelog.com/shizuoka/A2205/A220502/22004599/

18:30からです!

今回は私の部分はボサノバを多めにしてみようか、と

画策中。

その前に、初めてのまつげエクステの予約をいれました。

夜明けのオカマみたいになったらどうしよう。

****

今朝、会社に行くのに

山手線に乗っていたら、

私の目の前にでっかいアイスボックスっていうのかな、

釣りの人がもっているようなのを

下げた初老のおじさまが立った。

その人は、クビからあの、

なんですか、外資系の会社の人がよくさげてる

IDカード、あれを下げて(多分取り忘れたんでしょう)

いたのですが、

見たら、うちの会社のすぐ近くの

胃腸病院の院長だった。

そうなると俄然気になるのが

アイスボックスの中身だ。

胃腸病院の院長+アイスボックス

臓器が入ってるのかな、と

思いますよね。なんとなく。

そこで大きく揺れる電車。

思わずふっとぶアイスボックス。

その留め金がはずれて

中から、

肝臓や、腎臓が

・・・ということはなく、

電車は進みました。

何が入ってたんだろう、と

まだちょっと気になります。

2009年3月18日 (水)

やつらが来る!とわたくし

今週21日、土曜日は

熱海のCaféLydianでライブです。

是非お越しを。

すごいおしゃれカフェなんですー。

http://cafe-lydian.com/

始まる時間が18:30くらいから。

前売りの方が500円お得ですので

いらっしゃる方は是非、ご予約を!

413-0015 熱海市中央町18-8 
0557-81-9053

******

少し前の休日。

寝ていたわたしの家のドアが

ノックされた。

「こんにちわー」

ちょうど、発注していた物があったので、

「あ、宅配便」と思い、

元気に「はいー」と返事をし、

パジャマの上に軽くひっかけて、

ドアを開けようとし、

その前に

確認の意味で、魚眼レンズをのぞいたら。

あーーあ。

おばさん2人と、子供1人。

間違いない。

そう、宗教の勧誘ですね。

あんなに元気に返事したけど、

手のひらを返すように、

私は息を殺し、居留守を決め込んだ。

しかし、ドアは何度もノックされる。

「こんにちはー、近所の佐藤でーす」

これも最近のやつらの手で、

名乗るんだよね。

そうすると、「あれ?どこの佐藤さん?

何か用かしら?」と思っちゃうしね。

それでもじっと動かずにいると、

やつらは

A「今、返事したわよね?」

B「うん、いたわよね?」

A「なんででないのかしら?」

それは、あんたたちがウザイからです。

という思考回路は彼らにはない。

そういう思考回路があれば

休日の朝なんていう、

一番、起こされたくない時間にやってこない。

そこで導き出された驚きの意見は

B「外国人なんじゃない?言葉が分からないのよ」

であった。

その後2人は

我が家のトビラをばんばんたたきながら

「ニーハオ!ニーハオ!」と

大声で叫びだしたのでした。

腰がくだけました。

警察を呼ぶことも考えました。

なぜ、ニーハオ・・・。

しかもそれで本当に

私が中国人でそれにつられて

外に出てきたとして、

彼女たちは中国語で布教できるのだろうか。

関係ないけど、

新しく知り合いになた人とメール交換したら

アドレスに「MORMON」と入っており、

真偽のほどはサダかではないけど

なんとなく

それ以来、怖くてメールに返事出来ずにいる私でした。

別にいいんですけどね。

2009年3月11日 (水)

頑張ら(れ?)ないわたくし

最初にライブ案内。

■ライブ案内

☆3月21日()熱海Café Lydian

Vo小林恵子 Pf西村明子カルテット 

熱海市中央町18-8 0557-81-9053

熱海駅より徒歩15分くらい

MC前売り1500円 (当日2000)

http://r.tabelog.com/shizuoka/A2205/A220502/22004599/

熱海のおしゃれカフェです。

17:30開場、18:30開演。ちょっと早いけど

そのあと飲みに行ける~。

ピアノの西村さんの音は本当にきれい。

サックスの亀岡さんは元ニューハードにいらした方です。

ドラムもベースも若手でうまくて素敵です。

328()大阪 PrivateParty

Jazz’enka

43日(金)天現寺 BlueFlame

http://blueflame-jp.com/main.html

Vo小林恵子 G伊藤紀彦

港区南麻布4-14-2 3446-7730

20:3021:30-22:30- 

MC ¥2800(カウンターの方は1ドングリサービス)

 

最近、プロのギタリストとしてたたれた

私の大学時代の先輩です。

立教で一番ギターがうまいと言われていました。

一緒にバンドで

「ッチャラッチャッチャッチャッチャッチャッチャラッチャ」

(CASIOPEA Halle)

「チャララーラッチャリラリ~ン」

(CASIOPEA DominoLine)

「ベンベーンベベンベンベンベン

ベーンベーンベベンベンベンベン」

(山下達郎 Merrygoround

などとやってたわたしたちが

こんなおしゃれなバーで演奏することに

なるとは・・・。

楽しみです。

是非みなさまお越しください。

☆4月4日()水道橋 東京倶楽部

千代田区神田駿河台2-11-16 3293-6056 

水道橋駅徒歩6

http://www.tokyo-club.com/intro/

Vo たかちゃんPf遠藤征志 B金子健 Ds井川晃

Cho 小林恵子

Guest 田端のフランク・シナチク大盛り ヴィラ・上村

Magic マリッキー(鳩が出ますよ)

19:50-21:50- MC1500/ステージ

これ、すごいメンバーだなぁーー!

たかちゃんは歌うまいです。ギターもうまいです。

絶対に素敵になりますよ!こちらも是非お越しを!

いつもよりはジャジーな感じになるのかな?

☆4月17日(金)中野坂上 小原病院院内コンサート

Jazz'enka

418()新宿J

新宿区新宿5-1-1ローヤルマンションB1F

3354-0335 新宿御苑駅より徒歩5分 MC2000

http://www.jazzspot-j.com/

Voけばやし B坂根格グループ Pf寺島優樹 ほか

19:20-

老舗ジャズクラブJ

桜は散ったけど俺たちは散らない。

424日(金)三軒茶屋 お山のすぎの子

世田谷区三軒茶屋1-34-11 5486-0094 三軒茶屋駅より徒歩5

Vo小林恵子 G可世木唯以 DUO

19:30-20:30- MC 投げ銭

いつも通り、おとなしめの黄色いタック&パティーみたく

ゆるゆるやってます。うどんもおいしいですよ。

******

昨夜、

Jazz’enka田才ちゃんと、あと1人を交えて会食。

彼女は普段静岡に住んでおり、

わたしと田才ちゃんは何かと世話になっている。

今回の上京にあわせて

食事でもということになったのだ。

この彼女、本間ちゃん、通称トナコ。

http://www.o-h.co.jp/adessia/

翻訳家であり、妻であり、

乳児の母でもあり。

小さくて華奢な体のどこにそんなパワーが、と

いつも感心するくらいの努力家。

今回も医大で行われるセミナーに

どうしても出たいと、上京してきた。

「たまに頑張りすぎて、

倒れちゃったりすることもある」と

トナコさん。

そこに田才ちゃんも

「ああ、分かる。私も結構無理しちゃうほうだから」と

同調。

私も「ああ、分かる」と言おうとして

はた、と思った。

わかんない。その気持ち。

その瞬間は多分、3人同じだったと

思う。

トナコが

「ケイティーって

ほんっっっとに

頑張らないよねー」と、口を開く。

「私もそう思ったー。ケイティー頑張らないよねー」

と、田才ちゃん。

そこで、田才ちゃんが最近面食らった

「ケイティーが頑張らなかった事件」を

披露した。

先日、私たちがゲストで入ったパーティーは

ギターを原とも也さんにお願いした。

そう、シャープスアンドフラッツの原信夫さんの

ご子息。

原信夫さん作曲の「真っ赤な太陽」を

やれば、とも也さんの紹介にもなるし、

わりと年がいっている人が多いので

曲になじみもあるし、

「あの原さんのご子息が・・・」と

そういう人ともご縁があるのね、と

主催者の株をあげられることにもなるんじゃないか、と

考えて、

ま、選曲したわけですわ。

だけど、ライブが始まってもなんとなく

歌詞に自信がないなー、どうしましょ、と

思っていたのですね、私は。

その後の田才ちゃんの弁。

「びっくりしたよー。

曲始まってさ、歌い出したじゃない?

あれれ、なんか音が小さいって思ったらさ、

ケイティー、マイクもってなかったんだよ。

で、クラーヴェ(ラテンの打楽器)ならしながら、

会場で踊ってたんだよ!」

結局田才ちゃんが1人で歌いきってくれたが、

もし、田才ちゃんもわかんなくなったら

会場の人にマイクを渡して歌ってもらい、

あとはスキャットでごもっていこう思ってたんですがね。

私は昔、負けず嫌いのがんばりやだったはずで、

流した悔し涙の量は膨大だったはずなのだが

いつからこんな人になってしまったのだろうか。

2009年3月 9日 (月)

パーティーから肉までの間の私

怒濤のような日々でございました。

4日。

御世話になっているさくらクリニック、

澤村先生の医院のカルテ番号が30000番代まで

いったという祝賀パーティーのゲストで、

新宿京王プラザホテル、Jazz’enkaライブ。

メンバーはギターに原とも也さん、ベースは斉藤草平くん。

とても素敵な会場で、素敵なパーティーでした。

新宿区の人口が3万人くらいで、

その全員が来たっていっても過言ではない、ということです。

パーティー終了後、すぐに

タクシーで東京駅へ。

10時の夜行「サンライズ瀬戸」にて

姫路経由で大阪へ。

まずはフリースペースを確保して

澤村先生に

「電車の中で食べなさい」といただいたお弁当とビールで乾杯。

「なんでわざわざ夜行で」と聞かれましたが、

在来線は雪にも強いし、寝ている間に移動できるのも

助かる、ということで。

B寝台ソロは、MRIのように狭かったが

清潔でかんじよかった。

5日朝。

なんとか姫路で無事におり、

大阪港に8時くらいに到着。

すぐ、シャワーを浴び、朝食を食べ、

昼間の演歌教室のピアノの伴奏を練習した。

昼ご飯を食べてから、軽いリハ。

仮眠をとろうと思ったが気分がたかぶって

だめだった。

夕食後、ショウの準備をしていると

それまで上機嫌で鼻歌などを歌って

大騒ぎしていた田才ちゃんの目が

死人の目に。

そして顔色がヘン。

「田才ちゃん、もしや・・・」

「船酔いしちゃった・・・」

あわてて、トラベルミンをもらいに行くが

そんなのすでにきく段階じゃなかった。

彼女は帯もしめなくちゃならなくて

苦しそう。

結局「即効性がある」という

酔い止めの注射を打ったが、

それもあまりきかないまま、ステージの袖へ。

「声出したとたん、まじで吐いたらどうしよう」と

いっていたが、

大丈夫どころか、すごいパワーを見せてくれました。

彼女はお客様が盛り上がってくると客席をまわる

習性があるのだが、

今回はもう、ずっと降りっぱなし。

「せっかく照明を凝って考えたのに」と

後で注意を受けたくらい。

結構ゆれがきつくて(天候不良のため)

お客様も大変だったと思うのですが、

盛り上がりすぎるくらい盛り上がっていただき、

暖かいお客様に感謝です。

くつろいで、楽しんでくださったのはよかったのですが

盛り上げすぎて宴会場みたいにしちゃったのは

ちょっと反省。

みなさま、私たち、普段はもっと上品です。

翌日、船を下りて雨の中家へ帰る。

昼は中目黒の楽屋でランチライブをみた。

ここのランチはまじでおいしい。

夕方から先日書いた、パーティーへ。

残念ながらゴルゴにはあえず、

でもそうそうたるメンバーが集まってました。

次の日はさすがになにも

する気になれず、

1日家で、DVDみながら、

片付けだの繕いものだの、

保存食づくりだのにあけくれる。

夜、ジムへ。

夕食は、玄米に

朝しこんだ鮭のこぶじめと菜の花を

もって、海鮮丼風に。それに、

きんぴらをつくるときに少しよけておいた

ゴボウと人参、ウドの皮の千切りに、

豚ばらにくのコマをちょっと足して沢煮椀。

至福。休肝日。

日曜。

朝ジムへ。

ここで、わたくしは衝撃的に嬉しいことに

なったのです。

恥をしのんでいえば、10年ぶりだな。

はい、体重が40キロ代になりました!

正確には49キロね。

身長が159センチなんで、110センチ引いた

体重にやっと戻れた・・・。

これ「そんなに喜ぶことかよ」と

思うかも知れないけど、

私は一つの目標をもって、

年初からこのダイエットに

励んでいたのでした。

「50キロきったらリベラでがっつり食べたい」

リベラ→目黒通り沿いにある、プロレスラー御用達のステーキ屋

絶対、近日中に行く。

ていうか、昨日から油断して食べまくってるので

すでに2キロくらいはリバウンドしていると

思われますが、でも行く。

ちなみにダイエット方法ですが、

玄米がきいてる気がします。

同じ運動量でもやせやすい体になるような。

お試しください。

2009年3月 3日 (火)

えぇええええ!とわたくし

明日は、京王プラザのパーティーでJazz‘enka ,ゲスト演奏します!

そのまんま、終わったら東京駅に移動、

夜行列車で関西へ・・・。

あさっては大阪港から乗船し、

豪華客船で、Jazz‘enkaショウ!いぇい!

この流れの間だけちょっと忙しくて

アイドル気分ですが、

あとは結構暇なので

仕事ください。

*******

今週の金曜日。

「金曜の夜に、こっちに戻っているのなら、

出てもらいたい会合があるから

よろしくね」

と会社で言われた。

うちで長い間連載してくださってた

漫画家が去年亡くなったのだが、

その追悼の会なのですね。

「どなたが見えるんですか?」

その出席者を

後輩が持っており、

出席者を読み上げる。

後輩「里中まちこさんとか

竹宮けい子さんも来ますよ」

わたくし「へー、豪華だねー」

後輩「ちばてつやさんも来ますね」

わたくし「ふーん、大御所だね。

他は?」

後輩「私の知ってる人はそれくらいだなー。

さいとうたかおとかって知ってます?」

わたくし

Cocolog_oekaki_2009_03_03_20_17

「さいとう・たかを」って!!!!!

後輩「知ってるんですか?」

わたくし「知ってるも何も、あんた

ゴルゴだよ、ゴルゴ~!ゴルゴ~!」

後輩「ふーん」

(興味なさげ)

わたくし「ゴルゴ~!!!」

というわけで、

金曜日はゴルゴにあいます。

後ろに立って、殴られてきます。

ちなみにそのパーティーのある

うちの関連の建物で、

たった今、中島みゆきと松田聖子が

CM撮影してます。

2009年3月 2日 (月)

アフリカンパーカッションとわたくし

いきなり春っぽい。

今週はあさってはプライベートのパーティー、

その次の日から、

ふじ丸クルーズで、演奏してきます。

大阪から船に乗って、横須賀まで。

花粉から逃げられそうで嬉しい。

*****

日曜日。つまり昨日。

先日、人からいただいた西アフリカの太鼓、

ジャンベを持って蒲田まで。

どうせもらったのなら、

ちゃんとたたき方の基礎とパターン習いたいな、と

思ったのでネットで調べて、レッスンに参加してきました。

クラスは12,3人くらい。新入りは私ともう1人のOLさん。

教室の構成を見ると、

私と同年代ぽい女性  70

カップル 20%

年齢不詳男性 10%

というかんじでした。

これはやはり、

「家庭料理の基礎」や、「フラワーアレンジメント」を

習う娘があっという間に幸せにお嫁さんになるのに対し、

いつまでも

「西アフリカの太鼓」、だの、「くさび形文字を読み解く」、だの、

「入門ケルト語」「現代版・伊能忠敬の測量術」だのにクビをつっこむ女は

やはり、どうしたってそういうことなんだな、と思った。

ドイツの映画で「愛され作戦」という

おっかしいのがあり、私はDVD買ったくらい好きなのだが、

その主人公も30歳になったとき

「死に方教室」というのに入り、自分の棺桶をつくってたな、と

思いだしたりした。

深い意味はありません。

昨日は約2時間の間に、

基礎のたたき方、その応用、

定番のリズムパターン2種、

定番のもっていき方2種、

最後にみんなでアンサンブル、というかんじでしたが、

かなり楽しかった。

また行くと思う。

なんで行くかっていうと、

終わったあとに、少しだけ褒められたからとか

単純に楽しいからとかいろいろあるが

1番の理由は、

先生がかっこいいから。

ネットで写真見たときは

「何これ?土人?」と思ったけど、

実際お会いしたら

「モデル体型になった松崎茂を

備長炭で

こんがり焼いて脂分をおとし、

エゴマの葉っぱで巻いてさわやかに仕上げました」

っぽい人でした。

ちなみに私の太鼓はみんなのよりちょっと小型。

セネガルの太鼓だそうで、

鳴りはいまいちだけど、デザインがかわいいな、

と思いました。

Ts3g0222

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »