« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

旭川とわたくし

帰ってまいりました。

寒かった・・・・・。

けど、おいし楽しかったです。

旭川。もう一度行きたいです。

今回は現地で車を出して下さった人がいたので、

足をのばして、美瑛と富良野まで行った。

いやーー。心洗われましたよ。

Biei

空気はおいしいし、人はいいし、食べ物はおいしいし。

旭川につくなり、案内のために来て下さった知人は、

The北海道」というかんじで、

ハムを枝に刺して焚き火焼いてるのが似合う、

むっすめっさんーよっくきーけや!という

雰囲気の人で、

とにかくいい人でございました。

美瑛の丘にいやされ、

麗郷の「北の国から」の五郎の石の家で

「やーるなーらいまっきゃねーー」と、

捨て身でやった田中邦衛の真似が

誰にも理解されず

かえってみんなに

「ごめんねー。あんまり見てなかったから」とか

謝られた日にはいっそ殺してほしかったけど。

Photo

特に最終日にお話をうかがった

三浦綾子さんの旦那様ときたら、

(ちなみに三浦さんもご主人も

敬虔なクリスチャンなのですが)

もー、どうしたらそんな世俗の

垢を全部落とした仏顔になれるのだ、という

 The 穏やか、というかんじの方で。

あー、わたくしも日々をあらためて、

よい人となって過ごそう・・・・と思いましたが、

その10時間後には

テレビでエドはるみなど見て、

大笑いしていた低俗な人間なので

無理かも。

色々書きたいことはあるのですが

とりあえず、

案内してくれて行った店は

全てがおいしかったので、

ここに列挙してみます。

27日昼

☆レストラン アーダッポル

オウム真理教のホーリーネームのような

店名だが、実はここ、カルビーの直営レストラン。

ポテトコロッケが、さくさくのじゅわじゅわで

おいしかったです。

(スープカレーはいまいちだと、カメラマンが

言ってました)

http://www.calbee-potato.com/aardapple/menu/potato.html

27日夜

☆ふくろう亭

お刺身も、いっぴんものもとにかくおいしい。

特にイカゴロのルイベは、イカ飯のように、

おなか部分にごろをペーストにしたものを詰めて

凍らせ、スライスしたもので、

日本酒にぴったり。

他、白子ポン酢、白子の天ぷら、毛ガニ

レバ刺し、からしなのおひたしなどなど、

とにかくおいしかったです。

この店のあるあたりは、いわゆる小便横丁的な

飲み屋街だったのを、「ふらり~と」としてちょっと

雰囲気ある路地につくりかえたようで、

そのたたずまいも素敵でした。

http://r.tabelog.com/hokkaido/rstdtlphoto/1004903/

28日 昼 吉法師

旭川ラーメン屋。

ここに投稿してある写真はどうかと思うが、

麺細め、脂ちゃっちゃの山頭火系でおいしかったです。

梅干の酸味がきいた塩がお勧め。

http://r.tabelog.com/hokkaido/rstdtl/1004925/

28日 夜 郷屋

創作ダイニングなんですが、ここのマスター、

猟もするそうで、シカ肉のカルパッチョがおいしかった。

私、鹿肉大好きなのですー。

http://g.pia.co.jp/shop/901264

28日 夜

ラーメン一蔵

これは、小腹がすいて一人で締めにあっさりと。

塩ラーメンもおいしかったけど、

醤油が人気みたいです。

http://www.ichi-kura.co.jp/menu.html

Ramenn

29日 昼 信濃路

北海道はそばの産地!

田舎そばがおいしかったです。

私のたべた冷やしたぬきは

そばの香りもよく、よかったのこと。

http://sayupapa.cocolog-nifty.com/oisiimono/2006/11/post_2e4c.html

29日 おやつ

田村ファーム

ジェラートが有名みたいですが、

ソフトクリーム食べました。

ミルク味でした。べとべとしなくておいしい。

http://yuge.moo.jp/gurume/gf-higasikagura.htm

しかし、いったいどんだけ食べたんだ。

そうそう、自分へのお土産に

チーズと、とうもろこし、

そして落葉というきのこを買ってきて、

昨日は帰ってから

落葉と、ベーコンとキャベツ、とうもろこしで

スープスパゲティーを作って食べました。

味が濃くてすごくおいしいきのこだった。

***

とりあえず、しばらくは粗食です。

はい。

2008年9月25日 (木)

告知とわたくし

本日、25日は、横浜の珈琲サロン「午後」で

ライブです。

18:30- 2set。20:00過ぎには終ってしまうので

皆様、会社に早退届けを出して、

横浜へGO

http://space.geocities.jp/caffe55lover/

週末は札幌と旭川に出張。

旭山動物園で狼とたわむれて

きます。

松嶋ともこ先生の、

チーターの次はライオン!

という向上心を見習って・・・。

2008年9月22日 (月)

土曜のスペイン、日曜のブラジル、とわたくし

土曜日。

高木さんのライブで数回ご一緒させていただいた

ロンロンさんのライブを見に、六本木SBTへ。

http://www.swingbox-tokyo.com/ronron/

すごい人と一緒にライブやらせていただいてたのね、

ありがとう、高木さん、ありがとうロンロン、

地球に生まれてよかった!

(嘘。ちょっとほんと)

その後は、SALSA SDADAへ。

飲んだ分だけ

踊らねば、踊りまくり、終電で帰りました。

日曜日。

サンバチームでご一緒している

お友達が出るブラジルイベントのため

大崎へ。

http://therabadas.wordpress.com/2008/09/09/the-rabadas-virgin-cafe/

いや、楽しかった。

フィルムの上映と

ライブ、DJなどで、変化もあったし。

フィルムの中で出てきた、

ファンキ(ブラジルファンク)歌手が

「あたしはお金もないし、ブスでデブで何もないけど

歌う権利だけはもってんだよー」と

絶叫していたのが、

ブラジルの林真理子的で、

はい、素敵。

途中でライブにカポエイラが入った。

カポエイラは、ブラジルに

奴隷として連れてこられたアフリカ黒人が

看守にばれないように、

ダンスに見せかけて発達させた格闘技なんだそうです。

長くなったが、ここからが本題。

ラテンまわりの人間模様、というのに

わたくしは少し前からとっても

興味を持っている。

さんさんと振り注ぐ、太陽の恵みの文化。

そこに集う人たちは

思いのほか閉鎖的で暗い。

というのがわたしの印象。

サルサまわりの女の人というのは

わりに身奇麗で、向上心、自己主張の強そうな

「怖い系いい女」が多いように見られるのだが

サルサまわりの男というのは

ださい、きもい、むさい、の3拍子が多く、

「サルサクラブを一歩でたら

女に声をかけただけで、痴漢扱いされそうな」

「会社ではまったく、笑うせぇるすまん的に

名前をつければ“窓際すわる(36)”」

いけてないタイプが多い。

さらにサンバまわりの女というのは

3種類にわかれ、

OLが、

自らの意外性の演出のために参加、

ラフかと思いきや、

そこはわりと縦社会。

縦社会を生き抜くのがうまいのはこのタイプで、

ますますなんだか自信がでている」ケースと、

「昨日までの自分よ、さようなら。

自分探しの一環で、

宗教を求めるかのように

いまいち肌にあってないと思われるサンバに手をだし、

まじめだもんだから、もっと突き詰めようと

ブラジルの男の人ともつきあうのだが、

その男の横で絶えず寄ってくる女を追い払うのに

監視してすりへってる」

そして

「何にも考えてない」。

比率としては、4:2:4。俺調べ。

対してサンバまわりの男というのは

「サンバがカラオケの3歩先にあるものと信じて疑わないバカ」

これが半数を占めるように思われる。

リズムのなんたるかを理解しない、

プロの叩くパーカッションと

俺様のカラオケ・タンバリン裁きを同等と考える。

まぁ楽しきゃなんでもいいんですけどね。

ちなみに私がどのタイプは

ご想像にお任せします。

明日、池袋VAGABOND ライブです。

ぜひお越しを!

2008年9月18日 (木)

”O Pai O!”とわたくし

昨日までしかやってない、

気になっていた映画を見に行った。

O PAIO!”

http://www.hispanicbeatfilmfestival.com/jp08/films/opaio.html

ブラジル映画です。

音楽が超よかった。

サントラあるみたいだから

買おうかな。

しっかし、ブラジル人はうるさい。

いちいち踊るわ、叫ぶわ、殴るわ。

飲むわ、食べるわ、歌うわ。

そして働かない。

誇張してるのかな、とも思ったが、

映画が終ったあとに、この情報をくれた

サンバチームの人に映画館で会ったら

彼は、この映画の舞台となるブラジル東北部、

サルバドルあたりに住んでいたそうで、

「もーーー、本当にああいう感じなんだよ、

汚くて活気があって、危なくて」と。

ちょっとうらやましい。

でも、水が止まるのは勘弁してほしい。

ブラジル舞台の映画というと、

今から10年くらい前に見て、

何回かテレビでもやっている

「セントラルステーション」というロードムービーが

結構好きだけど、

それとはまったく違う雰囲気でございました。

映画、といえば、最近

これも10年くらい前の日本映画

「ひみつの花園」を久々に見返した。

これ、今はすっかり中堅女優という

趣の西田尚美が

めちゃくちゃにお金に執着するOLという

主人公を演じているのですが、

面白いです。

ドラマ・白い巨塔でシリアスな役を

やっていた、

西田尚美と木村多江が、

ひっじょーーーにコミカルでございます。

時間があったら見てみてください。

はい。

以上どぇーーーす。

2008年9月17日 (水)

西郷さんとわたくし

■お知らせ■

「マスミューチュアル生命」の機関紙「Libre10月号に

カラー2ページでジャズボーカルとして紹介されています。

主にJazz’enkaについて、くどくど語らせていただきました。

みなさん、マスミューチュアル生命に加入してご覧下さい!

*****

なんだか忘れてました!

ライブ情報!

923日(火)池袋VAGABOND

Vo小林恵子 G可世木唯以 Pf坂本千恵 

19:30- 3set Charge Free

どうぞ、私の歌ってる前で

ドレミファイッキとかしないでください。

という感じの、フランクすぎる店。

楽しいです。

925日(木)横浜 珈琲サロン午後

Vo小林恵子 Sax亀岡純 Pf西村明子 +B

18:30- 2set ¥1000/1st

3回目になりました!おしゃれ喫茶店!

西村さんのピアノと亀岡さんのサックスが最高です。

104日(金)三軒茶屋 おやまの杉の子

Vo小林恵子 G可世木唯以

19:30- 2set Charge 投げ銭式

ここ、うどんおいしいです。

音もいいですよ。食べ物も豊富。

というわけで来てください。はい。

*******

昨日友人と

話をしていたときのことである。

三文字の名字ってかっこいいよねー

伊集院とか、円城寺とかーー、みたいな

くだらない話をしていた。

どうでもいい話だが、

わたくしは高校までは比較的

お嬢さんぽい状況にあったので、

周りの友人に、この由緒正しい系の

三文字名字が多い。

自分は小林なんていう、ドン百姓系の

名字なのに、なんだかいきなり

知り合いはすごいのよ的に、

ひいては、私だって昔は、昔は!と

意味わかんない自慢したい気分になり、

「わたすぃー、

クラスメイトに遠城寺さんとか

東伏見さんとかいたんですよーー。

あとぉー、先輩には六波羅さんとかー、

島津さんとかー、

そうそう、西郷さんの直系の西郷さん、

いましたよー」

と、

意味もなく乱暴に自慢を噴射したわけですな。

ここで、

友人と、もう1人、友人が連れてきてた

友人が、こういった。

「私、西郷さんて、何した人か

よくわかんないんだけど」。

鼻腔を膨らませて自慢した手前、

一生懸命自分の知ってる西郷さんについて

かきあつめて説明しました。

1:明治維新のとき、勝海舟とかと一緒に活躍し、

無血開城とかいうのをした。

2:篤姫を「三日間だけです」とだまして

  江戸城から連れ出したうそつき。

3:犬が好き。犬の散歩が好き。多分。

  

4:晩年、いきなり西南戦争を起こして、キレた。

5:自分をおいどん、と呼ぶ

6:顔が濃い。

完!

TheEnd

次号に続かない!

当然、彼女は納得すべくもなく。

これ以外に特記すべき

「西郷コンテンツ」があれば、

ぜひ教えてください。100文字以内で。

中学高校一貫教育の学校だったのだが、

歴史の授業は以上に進みが遅く、

江戸時代に入るか入らないかで

終ってしまうので、

いまだに、江戸時代と幕末のことは

まったく知らない。

いわんや、昭和をや。

その代わり、

甕棺墓、屈葬、土偶など

有史以前には詳しい。

あなたの幕末と私の土偶を交換して、

みんなで幸せになりましょう。

2008年9月11日 (木)

石破さんとわたくし

これ、おもしろい。

「がけっぷちのエガ」

http://jp.youtube.com/watch?v=x9QUFyp8EIY

********

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080910/stt0809101534012-n1.htm

今朝の日経に総裁選の

候補者の「横顔」と称して

短い紹介がのっていたのだが、

石破さんのとこで、

私は釘付けに。

元防衛大臣でどうのこうの、の後に、

「趣味はプラモデルづくりとカラオケ。

キャンディーズなど70年代のアイドルソングが

得意」

と、少ない行数の中の

かなりのスペースを割いて

まさに“横顔”をご紹介。

・あの目つき

・プラモデル

・あの髪型

・アイドルソング

・あの肩が不自然なスーツ

・キャンディーズ

・あのなんかふわふわした声

・雪が溶けて川になって流れてゆきます

・あの垢抜けないほっぺた

・もうすぐ春ですね

・あの「どっちかっていうと

政治家っていうより、角のパン屋の

親父って言われませんか?」な風貌

・恋をしてみませんか?

というこの並びが

トゥーマッチ!

ノーモア!

サンキュー、バットノーサンキュー!

ビルド失敗ってかんじがして。

臭いがつよい。

酸味が強い。

味のバランスが悪い。

前に石破さんは

「僕は麻生太郎幹事長は好きなんだよ。

秋葉原で麻生さんがオタクのみなさん“と

呼びかけたら、僕が横で“はーい!”と

答えたりして・・・」とおっしゃっていたが、

おちゃめの匙加減はその程度で

充分。

多分、横の人が

よけいなこといったんだろうな。

庶民にはこれくらいのほうが

ウケがようございます、みたいな。

もういいんだよ、

政治におちゃめが必要ないってのは

ここ数年でみんな辛酸なめつくして

分かってるんだからさ。

気の利いたこといえる人が

よい政治できるってことじゃないってことは

わかってるんだからさ。

話かわりますが

政治家だけじゃなくて

選挙権の話なんですけどね、

これ、前から主張してるんですが、

毎回、選挙前にテストして

それに合格した人しか

選挙権与えないっていう風にすればいいのに。

誰がその問題つくるんだ、

その手間隙は費用は?とかは

はい、考えてません。

しかもそうなれば組織表がとっちゃうのは

目に見えてるんですが

もう、それでもいいんじゃないかって

気がしてきますね。

と、乱暴になったところで

はい、以上です。

2008年9月 9日 (火)

「すべらない話」とわたくし

昨夜「すべらない話」のDVDを見ていたのだが、

結構笑えました。絶対嘘だ、と思うのもあったけど。

引越しに伴い、かわいがっていた犬を

どうしても次の家に連れていけなくなった

河本ファミリーが、山の中に犬を捨てに行く話に

むせびました。

タロ吉というその犬を連れて山に入り、

皆でタロ吉との別れを惜しんで泣き、

「元気でな」と思い入れたっぷりに首輪をはずした瞬間、

タロ吉は、振り返りもせず山の中に

転がるように走って消えてしまったというもの。

「すべらない話」というのは

考えてみると結構むずかしい。

その状況を愉しんで笑えることは多いけど、

誰がいつ話しても笑える話というのは

なかなかないですね。

私がよく使わせてもらうのは

大学時代の先輩の

Thanks For Your Message」のつづりを間違えて

半年の間、海外の取引先に

Thanks For Your Massage」と送りつけていた、という

「つまり、俺は半年もの間、

見ず知らずの外国人に

“もんでくれてありがとう”というメッセージを送って

いたんだよ」というものだ。

これのほか、なんかあったけー?と

考えていたとき、

これも自身の話ではないのだが、

大学の後輩、

Nちゃんの中学時代の話を思い出した。

Nちゃんの中学では、家庭科の夏休みの宿題で

「幼児のためになるものを

何か考えて縫う」というのがあったそうだ。

で、それを集めるときに、

「その作品の名前と特徴を、添付して

出すように」とお達しがあった。

集められた作品は、自身による説明書きと

ともに教室に展示される。

「名前:ガーゼ地の枕

特徴:吸湿性に優れ、手洗いできる」

「名前:食事用よだれかけ

特徴:ビニールコーティングの記事で、

こぼしてもしみにならない」

など、みんなが知恵をしぼった作品が並ぶ中、

Nちゃんの目は、

1人のちょっと変わり者の女子、B子の

作品に停まった。

どうということない布の人形に

ついていた説明は

「名前:ゆりえ」

「特徴:おちゃめでわがまま」

とあったそうだ。

「多分、ゆりえっていう名前の

おちゃめでわがままな女の子に

憧れがあったんでしょうね」

Nちゃんは言っていました。

ちなみにNちゃん自身も、

「中学校三年間の読書感想文は

全て1年の時に書いた

坊ちゃん“のものを、学年とクラスだけ

書き換えて出した」という

つわものです。

***

私にもなんかあったかな、と

思うが、なかなか難しい。

数年前に友人とバリに行ったとき、

向こうのクラフトの、ちょっと素敵な店に

入った。

そこで友人が腹を下し、トイレを貸してほしい、と

頼んでくれ、といわれたが(彼女は全然英語がしゃべれない)

その高慢ちきな店のお高くとまった店員は

「あら、ごめんなさい、ここでは貸せないから

お向かいの庶民の店のトイレを借りてくれる?」と言った。

ので、

「あのね。向かいの店で・・・」と途中まで

告げるなり、

友人はえらい勢いでとおりを渡り、

向かいの店にかけこんだ。

私はそのとき買い物していたものの

会計を済ませ、

彼女のあとを追った。

はたして、彼女はまだ、店内におり、

その横で店員がなにやら

真剣に探している。

店はカセットショップ(懐かしい)。

彼女は「トイレはどこですか?」という

英語さえ話せずに、店員に向かって

「トイレ!トイレ!」と連呼したところ、

店員は「彼女はトイレというグループの

カセットを

探しているらしい」と思ったらしく、

私が行ったときには「TOTO」とかの並んでいるとこで、

脂汗たらしながら「トイレ!」と叫ぶ彼女と

Oh・・・・、Where is “Toilet”・・・?」とか探している

店員がいた。

そんなグループいないっつーの。

事情を話し、大惨事はまぬがれたが、

あと2秒でやばかったそうな。

2008年9月 5日 (金)

著作○協会とわたくし

自分甘やかし続行中。

昨日は

ちょっといいマッサージにいき(甘1)

ケンタッキーフライドチキンの

ポテトつきを食べ(甘2)

家でちょっといいワイン飲みながら

(甘3)

チーザ(今わたくしがはまっている

圧倒的にチーズ味のお菓子)を食べ(甘4)

DVDを見た(甘5)。

今朝、友達が

「昨日ケイティーが号泣している夢をみたの」と

心配して連絡をくれたのだが、

その時間、私はチーザを食べてご満悦だったと思われ。

はい、

というわけで日曜日、常盤台ぜひいらして下さいませ!

詳細は昨日の日記に。

*******

先日とある店にJ○△SRACから

「店内でCDをかけているだけでも

届けが必要」との

書類が届いた。

このJ○△SRACってやつは

音楽家を守るためっていう大義名分はあると思うが、

本当にうるさこまかい。

以前私が歌ってた、

とても小さい店にも

いきなりやってきやがったのだが、

そこのマスターが

「なんだ!俺は客からチャージもらってないぞ。

それでも払うのか?」といったら

「はい。限られたスペース内での演奏には

全て著作権料が発生します」

と、しれーと答えた。

マスターは

「じゃ、なんだ、俺が今ここで、

ギター抱えて長渕歌っても、著作権料取るのか、

おまえらは!」

「とります」(眉一つ動かさない)

結局マスターは負けたらしいです。

はたしてそこまでうるさくやって、

音楽家にお金を還元されてるんですかね。

私は歌唱印税という形でしかもらわないので

わからないのですが。

結構、やつらと戦って負けてる人は多いので、

昨日、その店の人と一緒に

「やつら対策」を考えてみた。

■もし店番をしているときにやつらが現れたら・・・・

■お客さんがいる場合

  お客さん(怒らなさそうな人)を指差しながら

 

「あ、これは、今この人が今日買ってきたものを

  どーーしても今、今、ここで少しでも聴きたいっていうから。

  普段はガーシュインの曲しかかけてません!」

■お客さんがいない場合

 

「あー、1人だったんで好きなのかけてました。

  お客さんが見えたら、ほら、これに変えますよ」

  (“ラプソディーインブルー”を笑顔で差し出す)

■そんなこといって、普段はかけてるんじゃないですか?

  との問いには

 「とんでもない!うちでは文部省唱歌と軍歌と

  ガーシュインです。

  アイラとジョージです、アイ・ジョージじゃ

   ございません」

ここまでやったら帰ってくれないかな。

すごすごと。

で、今念のために見てみたら、

あらら、作曲家のジョージのほうは1937年没ですが、

アイラは長生きしてるんですね。

つまり詞の著作権は生きている。

ちなみに、JASR○△からもらったパンフには

死後何年たった人のものに関しては

著作権が発生しないなどの記述は

なかったように思います。

卑怯者!

さ、みなさまもリピート・アフター・ミー!

「ガーシュインしか聞いてません!」

「これはセルジオ・メンデスのように聞こえますが

 実は軍歌です!」

「堀口敬三先生を尊敬しております!」

「歌ってるように聞こえますが、ハミングです。

歌詞は聞き取れません!」

「ファンデーションは使ってません!」

2008年9月 4日 (木)

自分を甘やかすわたくし

■9月7日(日)、常盤台駅前でライブです。

ぜひお越しくださいませ!

16:00-くらいから 1時間弱の1セットです。

Vo小林恵子 G 可世木唯以 Bチョン・チェウ Ds今野大輔

********

最近、なんとなく

気持ちが落ち込んでいるので、

「自分あまやかしプログラム」実践中。

昨日は

朝、スポーツジムのお気に入り、

ラテンエアロに出てから出社(甘1)、 

おやつに、ダロワイヨのマカロンを食べ(甘2)

夕ご飯は目黒とんきのロースカツ(甘3)

ダイエット中なので、定食にはしませんでしたが、

豚肉をあげてあるって、これ以上の幸せはありません。

Ts3g0099

帰ってからは好きなDVDを見ながら(甘4)

かかと手入れと足のマッサージに熱中し(甘5)、

ロクシタンのボディーソープをおろして

風呂にゆっくり入り(甘6)

11時くらいに寝てしまう(甘7)

しかも、クーラー入れっぱなし(甘8)。

朝一番に起きて、桃を食べ(甘9)

珈琲もドイツのオーガニックのおいしいのを丁寧にいれた。

(甘10)

と、こんな感じですが、

ここまで書き連ねて、

自分がとても安上がりな人間であることを

感じ、

またブルーに。

早く人間になりたい。

2008年9月 1日 (月)

大仕事を終えたわたくし

木、金の椿山音楽祭。

本当に多くの方にお会いできて楽しかったです。

ありがとうございました。

なんか、これに向かって田才ちゃんと

夏を緊張してすごしていたので、

どっと力が抜けました。

*******

椿山音楽祭の緊張が覚めやらぬ土曜日。

知人の御宅のスタジオ開きのパーティーにゆく。

お寿司屋さんがその場で握ってくれたりして、

豪華でした。

で、撃沈。

帰りに車で送ってくれたお方様の話によれば

「30回くらい、ここどこですか?、と

聞いたあとに、爆睡していた」そうで。

恥ずかしい。

最悪。

なんとか家には戻れ、

次の日は、高校時代の後輩と

本牧のジャズ祭に行くことが決まっていた。

「11時に根岸駅ですからね」と連絡があり、

「頑張るよ」といい、

やっぱ、何年たってもわたくし先輩だし、

きちんと行かなきゃ、と思って

7時に起床、とにかくリンゴジュースを飲み、

桃を食べたところで、

そのまま嘔吐。

軽く萎えたが気分を取り直して

風呂に入る。

風呂から出てまた嘔吐。

しかも先ほど食べたものが

そのままでてるので

口を通る吐瀉物も酸味おさえめ、

リンゴ風味で余り辛くなく。

一応、身支度をととのえ鏡みたのですが

まんま、「今にも吐きそうな人」の顔だったので、

20年ぶりくらいで会うのにこれはないだろう、と

後輩に連絡し、

到着を2時間遅らせてもらいました。

で、もう一眠りして、相当復活。

でも、流石に今日は飲めないだろうな、と思い、

自分用にお茶とか買って行きましたが、

いやー、迎え酒って、本当に治りますねー。

昼日中から炎天下でビールのんでいたら

前日のアルコールがきれいに抜けて、

おいしくビール、チューハイ、ワインなどを

最後まで飲めました。

その場でBBQしたり、

素敵なバンドの時には前で盛り上がったりしながら

夜まで、本当に愉しく。

後輩とは寮の部屋が同じで、

仲がよかったのですが、あの修道院のよな生活をした

彼女と、長い年月を経て会う

一発目が「昼日中からビール」だったのが

不思議でした。

自意識さらけだし系の時期に

同じカマの飯を食べた後輩ですので、

なんか、あんまり長い間会ってないかんじが

しなかったです。

さて、今週末は板橋で野外ライブです。

詳細随時アップしていきます。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »