« 雷怖い、とわたくし | トップページ | 青森追加とJとわたくし »

2008年8月11日 (月)

歴史的大発見とわたくし

明日は新宿Jで、Jazz’enkaのライブです。

今回は初のドラム入り!

皆様是非、お越しください。

あなたのことですよ。

19:20-1set目。

明日は2setです。

■新宿J

http://www.jazzspot-j.com/

*******

6日から8日まで、

友達と青森を旅行した。

新幹線で八戸に入り、

八戸から特急で青森へ。

そこでレンタカーを借りて、

五所川原に行き、奥津軽の

稲垣温泉で一泊。

次の日は鯵ケ沢から十二湖、

白神ラインの壮絶な山道を超えて弘前を

通過して、十和田湖の十和田温泉で一泊。

青森県立の建物のなかの

レストランがまずい、遅い、高い、だった、とか、

Ts3g0073

立ちねぷたは、迫力はあったが

盛り上がりに欠けた、とか、

Ts3g0070

稲垣温泉はいいお湯だ、とか、

十和田湖の旅館が安いのによかったとか、

いろいろあるのだが、

最後に立ち寄った場所で、これらは

いっきに吹き飛んでしまった。

(斑尾の帰りもそうだったな)

*****

皆様。

イエス・キリストがどこで死んだかご存知ですか。

うん、ゴルゴダの丘で

磔になりましたね。

私もそう思っていました。

先週の木曜までは。

青森の山奥に

イエス・キリストの墓があるのをご存知だろうか。

「十和田湖からどこにぬける?」とか

浮かれて地図を見ていたときに、

私はそれを発見した。

発見してしまった。

新郷村というところにあるんです。

「キリストの墓」というものが。

見たい。

同行の友人たちは十和田湖の遊覧船に

ゆっくり乗ったりしたかったらしいが、

頼みこんで、とっとと出発。

八戸から車で30キロほどのところに、

はい、ありましたよ。キリストの墓。

近くに資料館があり、

意地悪なわたくしは、

「新郷村の民具」などはすっとばして

キリストコーナーに突入。

それによれば、こういうことらしい。

ある日、竹内さんとゆう茨城の人が

この村にやってきて、

「キリストがこの村に住んでいた」と言い出す。

理由:竹内さんちにあった古文書に、

そう書いてあったから。

竹内さんちの文書によれば、キリストは2度も

来日している。

一度目は「11代垂仁天皇の時代で、日本海の方からやってきて、

越中で尊い方の弟子となった」らしい。

ということは、

その時代に、日本にはキリストよりも

えらい人がいたってことになる。しかも

尊いことは分かっているのに、

名前が分からない。

残念ながら。

さらに、竹内古文書に寄れば、

「キリストはそこで11年修行したあとに、

日本を去り、モナコを通ってユダヤに帰った」のだそうだ。

なんでモナコ?

さらに、国に戻ったキリストは

「神国日本のすばらしさ」を語り続けたらしい。

キリストは、神の教えだけでなく

日本のすばらしさまで、広めていたことになる。

知りませんでした。聖書に書いてないですもんね。

さて、先にも言いましたが、

皆様もご存知のように、

キリストはローマの兵に取り押さえられ、

ゴルゴダの丘に磔となる。

とーこーろーがー。

竹内古文書はこの通説をも

ひっくりかえす。

「磔になったのは、

キリストではない。

キリストの弟のイスキリである」

イスキリ。

誰、それ。

イスキリ。

私は、小学校時代から日曜学校に通い、

中高はミッションスクールで朝夕礼拝があり、

大学も一応ミッション系、

今の職場も月曜の朝には朝礼でなく礼拝がある、

という、

比較的バイブリーな生活だが、

それでも今まで聴いたことなかった、

イスキリ。

はじめまして、イスキリ。

イスキリ。

しまりのない名前だ。

きっとぼやぼやしているうちに

兄の身代わりにされてしまったのだろう。

ま、そんなわけで、

まんまと逃げ出したキリストは、

シベリヤ・アラスカ経由で、船にのり

八戸に着く。

なんかかっこ悪い。

さらに、日本で「十来太郎大天空」という

名前に改名した。

別に改名しなくても

誰にも気づかれなかったと思うが、一度

ユダに裏切られ、全てに

猜疑心を持っているのだろう。

そして、青森の戸来村に住み着く。

ヘライ村。どことなくヘブライに似ている。

他にもここにキリストがいたことの

理由として、

1:旧坂口家の紋章が桔梗で

五茫星(ユダヤの星)に似ている。

2:子供が生まれてすぐに戸外に出すときは

 額に十字の印を書く

3:足がしびれたとき、人さし指につばをつけて

額に十字を3回きる

4:父を「アヤ」、母を「アバ」と呼ぶのは「アダム」と「イブ」の

転じたもの。

5:盆踊りのときの謎の文句が、古代ヘブライ語の

聖句に似ている。

などなど、

帯に短し、たすきにもやっぱり

短い、みたいなかんじで、

一般に喧伝される

キリストの偉業とはかけはなれた、

足のしびれだの、アラスカから八戸だの、

さえないものが多い。

さらに言えば、ここで

キリストはミユ子という女性と結婚し、

3人の女の子をもうけ、

106歳で天寿をまっとうした。

ということは、キリストの末裔は

日本にいる、ということになる。

すばらしい。

是非名乗りをあげていただきたい。

命の危険はあるだろうが。

ダン・ブラウン先生には是非

2作目のダヴィンチ・コードを

青森舞台に描いてほしい。

しかし、これ大丈夫なんでしょか、

その、野放しにして。

以前、長崎の外海の

遠藤周作「沈黙」の碑にペンキをかけた、

熱心なカトリック信者がいたというが、

ここ、襲撃されてもおかしくないですよね。

長くなっちゃった。

それにしても、

イスキリ。

なんだかねぇ。

Ts3g0087

« 雷怖い、とわたくし | トップページ | 青森追加とJとわたくし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雷怖い、とわたくし | トップページ | 青森追加とJとわたくし »