« 人間の成長とわたくし | トップページ | 幼馴染とわたくし »

2008年6月12日 (木)

竜飛岬とわたくし

眠い。

すっかり津軽弁が上手になって帰ってきました。

お聞かせできないのが残念です。

大好きな電車にも乗りました。

五能線!

Photo_2

津軽鉄道!

Photo_3

よく見ると前のプレートに

「走れメロス号」と書いてある。

激怒しながら乗りましょう。

JR津軽線!

Jr 

*******

千畳敷海岸で泊まった民宿では、

一升瓶を抱えた

宿のおやじがずーっと張り付いていたが、

竜飛ではおばさんがずーっと張り付いていた。

ここは釣り船をもっており、

とにかく、ご飯が豪華。

Ts3g0046

お刺身

(鯛、ほうぼう、たなご、たこ、さざえ

うに(殻つきで)

ホッケ焼き

サザエのツボ焼き

黒ソイの煮付け

なまこ酢

ホヤ酢

アンコウの共和え

ふきの岩ノリ和え

これにごはんと、白身のつみれのお味噌汁。

よく食べたよなー。

これだけちて12食で6500円。

ま、食べてる横で、ずーっと

津軽弁で「韓国ドラマの魅力」について

語り倒している女将の存在が

落ち着かないっちゃ、落ちつかないんですけどね。

「ぬほんのどらまは、すーぐちゅっちゅっちゅっちゅするけんど

あっつのはつがう!」とかいうのを、

ずーっとね。

「てんごくへのかいだんさびでおはするくれるほどみたさー」とかね。

街の至るところに、

「許さない! 密入国者に注意!」というポスターがあり、

下記の人々をみたら通報せよ、とあった。

*駐車場などでたむろしている外国人

*早朝、深夜などにひとけのない場所に停まっているワゴン車

*髪がぼさぼさ、はだし、ボロボロの服、など見るからに様子のおかしい人

などの項目に混じり

*異様に臭い人

というシンプルなのがあった。

やだなー、「異様に臭い人」。

密入国でなくてもいやだ。

ちなみに、この民宿、竜飛○○屋というのであるが、

私が名前を完全に「竜飛茶屋」と間違えており、

タクシー運転手に「そんな民宿は知らない」と言われて

「漁協のすぐ前にあるんです!」というと

「竜飛○○屋じゃないかな」と言われ、

途中から電話をかけた。

私「すみません、今日そちらに小林で3名の予約が入ってないですか?

宿「入ってたけど、さっき、今日は青森に泊まるからって、取り消し入ったー」

私「え?取り消してないですよ?」

宿「いんや、さっき電話さあったよ。取材の小林さんでしょ?」

私「はいそうですが」(あれ、なんで取材ってしってるの?)

宿「▲▲テレビの小林さん?」

私「いえ、違いますが」

宿「じゃ、予約は入ってないよ」

のようなやりとりがあったために、

村中の民宿に

「すいません、小林3名で予約が・・・」と

なみだ目で、電話をかけまくる羽目に。

結局、竜飛○○屋の韓国ドラマ女将が間違えていた、

ということなのだが、

こんな辺境の地に同じ日に東京から

小林さん3人がご宿泊・・・って

すごい偶然だなー、と思いました。

しかし、韓国ドラマ見てる暇があったら

宿帳で確認してほしかったざんす。

« 人間の成長とわたくし | トップページ | 幼馴染とわたくし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間の成長とわたくし | トップページ | 幼馴染とわたくし »