« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

コメントと英会話とわたくし

神戸のコンテストの模様が、

新しくHPにアップされて、

写真や受賞者のコメントが出ています。

http://www.art-farmer.com/kjvqc/

謙虚な受賞者たちの言葉の中で

どこまでとんちんかんなんだ、俺たちは。

もっとかっこいいこと書けばよかったです。

「歌うために生まれてきた私たちです」とか

どうでしょうね?

「命ある限り、歌います」とか、

どうでしょう☆ね。(意味なく、つのだ☆ひろを意識)

「田才で金、谷で金、ママでも金」とか

どうでしょうね。

全然谷じゃないし、ママでもないんですけどね。

っていうか結婚もしてないんですけどね。

「気が付くと歌っている自分に気が付きます」とか

どうでしょうね。

歌ってる内容が、スピッツとかなんですけどね。

「自分の中のメロディーを奏でていきたい」とか

どうでしょうね。

たいてい「ねーんまっつじゃーんぼっ!たからーくじ!」とか

なんですけどね。

***

春先によく見かける

「本屋でお客様~!“となれなれしく

声をかけてくる、英会話勧誘のけばい女」。

最近見かけません。

先日松尾スズキのエッセイを読んでいたら、

彼が見かけたおばさんは

このうるさい勧誘が

英会話のすばらしさをとうとうと並べ立てた後に、

こう答えていたそうです。

「ふーん。英語しゃべれるってそんなにえらいんだ。

でもね、私は英語しゃべらなくちゃならないときは

通訳雇うよ。

私が英語をちゃんと話せるようになるよりは、

通訳やとうくらいえらくなるほうが、

絶対に早いもん」

この台詞言ってみたい。

というわけで、「お客様―」と声をかけてほしい、私。

5日のライブ、ジャゼンカがJ???

是非お越しください!

悪いようにはしません!

http://www.jazzspot-j.com/

2008年5月23日 (金)

竜飛とわたくし

来月仕事で竜飛岬に行く。

石川さゆりが

「ごらんあれが竜飛岬 北のはずれとー」と

北海道をまるっきり無視して

歌った、

歌いあげた、あの竜飛です。

行きは青森の五所川原のあたりからずるずるあがって

行くのだが、

帰りのルートをさっき調べてみたら、

竜飛岬を2時少し前にでると、

東京に着くのが108分。

国内で8時間てすごい。

余裕でクアラルンプール行けます。

台湾なら往復できます。

パスポートのいらない外国。

竜飛岬。

美味しいものはなんだろう?と

見てみたら、

トップに出てきたのが

昆布とワカメ。

髪の毛ふさふさのもじゃもじゃにして帰ってきます。

てゆーか、みんなふさふさのもじゃもじゃなんだろうか。

調査してきます。

***ライブ案内***

おかげさまで、神戸ジャズボーカルクィーンコンテスト、新開地特別賞受賞。

これからはクィーンと呼んでください。で、飲ませてください!We Will Rock You

*5月29日(木)三軒茶屋 お山のすぎのこ 19:30-22:00投げ銭式

03-5486-0094 世田谷区三軒茶屋1-34-11 G可世木唯以 Vo こばやしけいこ 

びっくりするくらい普通のうどん屋です。なんでってかんじで。うどんおいしいです。

65日(木)新宿 J 19:15-3set ¥2000

03-3354-0335 新宿区新宿5-1-1ローヤルマンションB1F 

JAZZ’ENKA Pf若林稔 B斉藤草平 Vo Jazz’enka(田才靖子・こばやしけいこ)

神戸からの凱旋ライブ第1弾!ジャズの老舗に殴りこみだい!(相原勇風)

619日(木)高田馬場 SunnySide 19:30-23:00 3set ¥2000

03-5272-6119 新宿区西早稲田3-28-1 Jazz’enka 5日とメンバーは一緒

73日(木)本郷三丁目Gout 19:30-23:00 3set ¥2000

03-5800-9638 文京区本郷三丁目2-40-7 Vo こばやしけいこ+Pfトリオ

駅から近くてきれいです。

76日(日)横浜 珈琲サロン午後18:00-19:00 ChargeFree

045-325-1717 横浜市西区北幸1-11-15 Vo こばやしけいこ+B坂根格トリオ 

なんか全て謎なんですが、ちょっと楽しみ。珈琲サロン午後。午後って。

719日(土)水道橋東京倶楽部 19:30-23:00 2set ¥2000くらい

Vo高木盛正・こばやしけいこ Pf遠藤征二 B野中英士 高木さんとSwing

727日(日)斑尾JAZZFESTIVAL 11:00-

Vo こばやしけいこ+As伊藤晃カルテット てゆうか斑尾ってどこ?

828.29日(木・金)目白 椿山荘

シンラート音楽祭 Jazz’enka(田才靖子・こばやしけいこ)Pf伊原康二・B斉藤草平 

チケットは売っても心は売らないよ!なんか、これに出られるの、うれしい。自慢。

お問い合わせは、こばやしけいこまで。

 こばやしけいこライブ 春夏

おかげさまで、神戸ジャズボーカルクィーンコンテスト、特別賞受賞。

これからはクィーンと呼んでください。で、飲ませてください!We Will Rock You

*5月29日(木)三軒茶屋 お山のすぎのこ 19:30-22:00投げ銭式

03-5486-0094 世田谷区三軒茶屋1-34-11 G可世木唯以 Vo こばやしけいこ 

びっくりするくらい普通のうどん屋です。なんでってかんじで。うどんおいしいです。

65日(木)新宿 J 19:15-3set ¥2000

03-3354-0335 新宿区新宿5-1-1ローヤルマンションB1F 

JAZZ’ENKA Pf若林稔 B斉藤草平 Vo Jazz’enka(田才靖子・こばやしけいこ)

神戸からの凱旋ライブ第1弾!ジャズの老舗に殴りこみだい!(相原勇風)

619日(木)高田馬場 SunnySide 19:30-23:00 3set ¥2000

03-5272-6119 新宿区西早稲田3-28-1 Jazz’enka 5日とメンバーは一緒

73日(木)本郷三丁目Gout 19:30-23:00 3set ¥2000

03-5800-9638 文京区本郷三丁目2-40-7 Vo こばやしけいこ+Pfトリオ

駅から近くてきれいです。

76日(日)横浜 珈琲サロン午後18:00-19:00 ChargeFree

045-325-1717 横浜市西区北幸1-11-15 Vo こばやしけいこ+B坂根格トリオ 

なんか全て謎なんですが、ちょっと楽しみ。珈琲サロン午後。午後って。

719日(土)水道橋東京倶楽部 19:30-23:00 2set ¥2000くらい

Vo高木盛正・こばやしけいこ Pf遠藤征二 B野中英士 高木さんとSwing

727日(日)斑尾JAZZFESTIVAL 11:00-

Vo こばやしけいこ+As伊藤晃カルテット てゆうか斑尾ってどこ?

828.29日(木・金)目白 椿山荘

シンラート音楽祭 Jazz’enka(田才靖子・こばやしけいこ)Pf伊原康二・B斉藤草平 

チケットは売っても心は売らないよ!なんか、これに出られるの、結構えらいらしいです。自慢。

お問い合わせは、バミューダのこばやしけいこまで。

2008年5月21日 (水)

漫画飯とわたくし

今日の昼、

私が食べたランチ。

大盛り、と頼んだら

漫画みたいなてんこ盛りでした。

漫画めし、とでもいったらいいのでしょうか。

少し前に「あの肉」がはやった。

ギャートルズに出てくる「マンモスの肉」ですね。

阿佐ヶ谷の商店街に売ってるらしいです。

漫画肉。

漫画の中だから特別に

おいしそうに見える食べ物がある。

オバQの小池さんの、口の端から端まで

使って食べるラーメン。

漫画麺。

秘密のあっこちゃんなどが

学校に遅刻しそうになって

いってきまーすと走りながら食べる

トーストは漫画朝食。

普通そこまでして女学生は

朝食をとらないと思うのだが。

ドラ焼きは、

どらえもんが、あそこまで固執するから

なんだかおいしそうに見えるし、

イマドキ、

おはぎとスイカに夢中ってどうよ?と冷静に思うが

サザエさんを見ていると、

えらくおいしそうに見えるのは、

いちいちやつらが、人より

少しでも多くおはぎやスイカを

食べようと、こざかしく執着するからだと思う。

関係ないけど、

昔、サザエさんを見ていたら、

HEY!の

気まぐれで、いきなり天ぷら屋に

夕食を食べに行く、という話があった。

私の記憶が正しければ、

その際、彼らは天ぷら屋までの

道のりを一列に並んで

「わっしょい!わっしょい!」と

喜びの声を上げながら歩いていた。

そんな人いないだろう、と

小学生の私でも思ったものです。

何がいいたいかっていうと、

今、よくグルメ番組があるじゃないですか。

あの、箸の持ち方も分からない、

ものの食べ方しつけられてない、

3年後にはあんた、いないね、絶対、な

やっすいやつらが出てきて、

「おいしい食材はよい甘みがある」という

とある有名な食通人の言葉を鵜呑みにして

魚だろうが肉だろうが、甘い甘いとわめきちらしてる、

あーゆーの。

もっと執着してほしい。

執着すればもっとおいしそうに見えるのに。

ギャル曽根とほんじゃまかの石塚のレポートが

一見他と同じく一遍通のわりにおいしそうに見えるのは、

執着のせいではないか、と思うのだが・・・。

てゆうか、肉食べたい。

肉が好きなんです、

あと揚げ物。

Niku01

Ts3g0014

てゆうか、大盛りとかいうのもどうかと。

2008年5月16日 (金)

肉豆腐男とわたくし

昨日のGoutにお越しくださった皆さま

ありがとうございます。

月曜日、19日は可世木唯以トリオで

恵比寿駅前ストリートライブします。

19;00くらいから21:00くらいまで。

是非いらして投げ銭してくださーいね。

************

これは友人(女)の話である。

なんとなく、知り合った男の子と

お互いを探りあっているような

期間。

ふたりとも、仕事が忙しく、

一度食事に行ったあと、

なかなか予定があわず、会えなかった。

友人はある日、日曜日にぽっかりと

時間があいたので、

夕方6時くらいに、彼にメールをし、

「よかったら食事でもしませんか?」と

誘ってみた。

すると、すぐに電話があり、

「わー、電話ありがとうー。

でもさー、

今、俺、肉豆腐つくろうと思って

材料買って来ちゃったんだよねー、

肉豆腐。

この材料って、冷凍できるかなー」

この時点で友人は

ダメだこいつ、と思い、

どうぞ、今日は肉豆腐つくって食べてください、と

静かに受話器を置いたのだそうだ。

1:一ヶ月も会わない(しかも彼のほうが結構ご執心ぽい)、

 ちょっといいな、と思ってる女の人から電話があったとき、

 普通、男は肉豆腐を選ぶのか?

2:百歩譲って、肉豆腐つくったとしても

 「うちで一緒に食べない?」などの誘いがあってもいいだろうが。

3:肉豆腐の材料くらい1日おいたって腐らないだろう。

4:てゆーか、私のライバルが肉豆腐ってどういうこと?

5:そもそも、肉豆腐ってのが中途半端でいやだ

のような話を友人として盛り上がったのだが、

わたしはこの5の部分にとても共感しました。

こばやしけいこ VS 肉豆腐

そんなよわっちい戦いは私はいやだ。

しかも負けてるし。

2008年5月14日 (水)

生肉とわたくし

Jazz’enka,反響がいっぱいでびっくり。

お仕事の依頼などは、

jazz-enkambr.nifty.com

(@を小文字に直してください)

もしくは、

田才靖子ちゃんのHPから

メールでよろしくお願いいたします!

http://www.yasukochaya.com/

明日は本郷Goutでライブです。

ドラムの鈴木麻緒ちゃん、ピアノ寺島優樹さん、ベース、ロン勝田さんです。

是非お越しを!

http://jazz-gout.hp.infoseek.co.jp/

********

神戸でさんざん食べまくってきたので、

しばらくダイエットしようと、

夏までにはバービー人形のような

体になって、

有能な結婚詐欺師になろう、と

思っていたが、

夕方、友人から電話をもらい、

ついつい、池袋の大好きな

焼き鳥屋に行ってしまった。

母屋

http://www.omoya.tokyo.walkerplus.com/

ここはわたしの大好きな秋田清酒で

オリジナル日本酒をつくらせているのだ。

そして、ここのレバーがおいしいのだ。

生っぽくて。

生、といえば、

知人の話ですが、SMクラブの女の人と

仲良くなり(ちなみに彼女はSの人だったそうで)、

一緒に食事に行くことになった。

おいしいという焼肉屋に2人で行ったが、

彼女は生肉しか頼まない。

レバ刺しとか、ユッケとかそういうのかな。

生肉ばかりをバンバンたいらげる姿を見ていたら

「虎と食事をしているようで

緊張して、食べ物が喉を通らなくなった」のだそうだ。

すごいな、虎とお食事。

以前、引田天功が、自分のペットの

ホワイトタイガーを紹介していたが、

(室内放し飼い)

レポーターに

「目をあわさないでくださいね。

襲ってきますから」と、

命に別状のある注意を

笑顔でさらっとしていた。

あれ、襲われたら労災ですかね。

2008年5月13日 (火)

神戸ジャズボーカルクィーンコンテストとわたくし

神戸ジャズボーカルクィーンコンテスト、

帰ってきました!はい!

なんと、JAZZ’ENKA

「新開地特別賞受賞!」

嬉しいですねー。

やっぱ、副賞の中にある「肉まん」に

似てるからでしょうか、私たちったら。

以下、だらーっと模様を。

****

9日金曜夜。

「あれは庶民の乗るもので、

わたくしのようなお嬢様育ちには

無縁の乗り物ざます」と

思っていた深夜バス、神戸行きに乗り込む。

理由→連休にアウトレットで馬鹿買いしたので。

23:50発なので23:40にバスにつくと

すでに私以外は全員が席について、

毛布にくるまっている。

空気がよどんでいる。

犯罪者の1人や2人いそうな。

出発するとすぐに消灯。

みんなすぐに寝始めているが

前日、朝4時まで「前夜祭」を

勝手に繰り広げていたわたしは

眠れない。

「庶民はいいわねー

どこでもグーグー眠れて」

「わたくしなんて、

もう、ゆれが気になってきになって」のような

生意気メールを友人に送りつけていたが

気づいたら3時間くらい寝ており、

すごい馴染んでるじゃないか、自分。

最近読んだ占い本の

「どこにでもすぐに順応できるタイプですが

それゆえに、流れる水のごとく低いほうに

はまってゆくことも多く・・・」の文章が

頭をよぎる。

7時半。あっという間に神戸についてた。

新開地のホテルに荷物を預け

早めのチェックインを希望したが

1時間1000円かかるとのこと。

泣く泣く断念。

理由→連休にアウトレットで・(以下同文)・・。

近くのネットカフェで仮眠。

さらに、「湊湯」という銭湯が

12時から営業しているのを発見して、

ひとっぷろ。(私は銭湯が好き)

アンデスの塩湯で、美しくなり(妄想)

息を吹き返したところで三宮で

会社の元後輩と中華粥を食べ、

田才ちゃんと待ち合わせて

いよいよ、コンテスト初日を観戦に。

まず、レベルが高くてびっくり。

ただ、ずっと見ていると

「立ち上ってくる精神力」の

強烈さ、というのが人によって随分違うな、と

言うことに気が付かされた。

同じ人でもこっちの曲のときは

控えめだったものが、こっちではオーラ炸裂とか。

歌に心がどうした、とか

そういうのを持ち出すのは

あんまり好きじゃないのですが、

やっぱりそういうのもあるのだなー、と

認めざるを得なかった。

そのオーラが一番強かったのは

審査員の黒岩さんだった。流石です。

夜。

田才ちゃんと「明日、勝つために!」と

新開地で串カツをむさぼる。けど

いつもよりはセーブ。「牛筋のチーズ焼き」を

田才ちゃんはどうしても食べたがっていたが、

明日があるから、と我慢させる。

その後。

東京から応援に来て下さった

サワコ先生と合流して前夜祭は続く。

いったい何日間、前夜祭をやっているんでしょうか。

次の日は、朝からリハ。

全員の歌を聞きたくて、朝から見に行った。

やっぱりみんなうまいし気合入ってる。

シアトルからのゲストの2人も

去年のクィーンも最高によい。

とまぁこのように進んでいくわけですが。

本選。

私たちの出番になり、

私が歌い始め、田才ちゃんが着物で出てきたところで

忍び笑い。

さらに田才ちゃんの台詞場面ですでに、大きな笑い。

二曲目になると、ジャズのコンテストなのに、

みんな手拍子頭うちで、笑いながら

応援してくださいました。

コンテストのプログラムに

「ジャンルは違えど、友達同士だった

一緒に何かできないかと考えたユニットです。

笑って楽しんで下されば本望です」と

書きました。

「ジャズボーカルのコンテスト」という意味では

冷やかしにうつってしまうくらい

私たちは異端児だったと思うのですが、

それでも「おもろいから」と

呼んでくださり、励まし、盛り上げてくださった

皆様に感謝!

「馬鹿ですねー。絶対関西にあってますよ」(スタッフ)

「もー、お前らはほんとうに、コンテストとかに

出てくるなー」(ベーシスト)

「おまえら、くせものやなー」(スタッフ)

「おねえちゃんも、煙草すうか?」(競艇売り場前の知らないおじさん)

「また神戸に遊びにきてねー」(商店街であったおばさん)

など、皆様フレンドリーに

言葉をかけてくださり、それにも感謝!

夜は、まずは1軒、次に、昨夜の「串カツ」に

Kushikatu_2

お礼を言いに、1杯、

その後北野のジャズクラブ「sone」に行き、

さらに元町のJust in timeに流れたら

去年のクィーンの若林さんが飲んでおり、

さらにもう一軒(すでに場所が分からない)。

5軒はしご。

翌朝は、

前日も珈琲のみにいった

新開地の「エデン」でミックスサンド、

Kohi

豚まんで有名な「春陽軒」(だったかな?)で

豚マン、

Butaman

さらに「喫茶アキラ」で

おいしいホットケーキと、

Hottokeki

朝から3軒朝食のはしごをして、

新幹線で帰りました。 

新開地満喫。感謝感謝。

水がない、と泣きそうだった私に

自分のをくれたバスの運転手さんありがとう。

深夜バスをスードラの乗り物だなんて

いってすみません。

おいしい店を親切に教えてくれた

ビジネスホテル「水上」の方、ありがとう。

「なんでこんなに格安なの?まさか死人が・・・」とか

勝手な心配してすみません。

緊迫しまくった楽屋の中、

うるさくしてすみません、出演者の皆様。

仲良くしてくれてありがとうございます。

今のままのスタイルだけでなく

さらに工夫を重ねてみなさんに飽きずに楽しんでもらえるよう、

そして、

お互いのソロを精進しようねー、なんてことを

殊勝に話しながら戻ってきました。

これからも、どうぞ、jaZZ’enkaをよろしくでーす!

最後に、ちょっとうけた看板を2つ。

しょの1.

「勢いはあるけどポリーシーのない店」

Koin1

しょの2.普通の大判焼きでした。

Jinkoueisei

***ライブ予定****(5・30の代官山は店の都合でなくなりました)

5月15日(木)本郷GOUT (ソロ+Pfrトリオ)

5月29日(金)三軒茶屋 おやまの杉の子(ソロ+ギター)

6月5日(木)新宿J JAZZ’enka

6月19日(木)高田馬場SunnySide JAZZ’enka

7月6日()横浜 珈琲サロン午後 (ソロ+Tsトリオ)

7月26・27日(土・日)斑尾ジャズフェスティバル(ソロ)

8月28・29日(木・金)目白椿山荘 シンラート音楽祭 JAZZ’ENKA

 

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »