« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

ツボとわたくし

本日29日、本郷GOUTライブ。

この店、全然人が来ないので、

是非お越しください。

GOUTHP

http://jazz-gout.hp.infoseek.co.jp/

いぇい!

明日は石狩亭です。

石狩亭:高円寺駅南口に出て、

商店街を左に。

1本目の左角2F

21:00-でチャージフリーです。

そっちもよろしく。

*********

今、この春にでる「ツボの療法」の

本を編集中なんだが、

先ほど校正を読んでいたら

しゃっくりを止める、というところの

補足療法で、

「柿のヘタの干したのを10個、

カップ1杯の水で煮、

水分が半分になったところでそれを飲む」

みたいなのがあったのだが、

カップ1杯の水が半分になるまで

煮てるうちに

しゃっくりは止まるのではないか、と

思ったり思わなかったり。

2008年2月26日 (火)

秋田・蔵元見学とわたくし

秋田、やっぱりいいなー。

23日(土)。

080223_134101_2

9時ちょっとすぎの「こまち」に

駅弁を買って乗り込む。

わたしの買った「鯵の押し寿司」は

びっくりするくらい生臭くてまずかった。

みなさん、買わないように。

13:00過ぎに大曲に着くと、

今回の目的である、秋田清酒の蔵開きの

マイクロバスが目の前に。

私の大好きな「やまとしずく」「刈穂」などの

醸造会社なのね、ここは。

秋田旅行を計画した日に、是非、ここの

蔵を見学させてください、とお願いのメールを出したら

幸運にもこの日が蔵開きだったのでした。

この際のやりとりがあまりにも

親切で、丁寧だったので、

友人は

「見学した人たちを油断させて、

そのまま拉致監禁して

働かせているのではないか?」とおびえていた。

都会の人間は疑り深い。

バスの中は煮〆たような色の服を着た人たちが

口々に

「だべ、だべ」

「んだら、んだら」のような音声を

発していた。

近隣の方がおおいらしい。

私たちが最後の客だったので、

友人と席が離れてしまい、

「全体的に雰囲気が佃煮ぽいけど、

みんな何者だろうね?」とメールしたら

「これから、1年間

この人たちと地下で一緒に働くのか・・・」と

また疑り深いメールがもどってきた。

しかもいつの間にか地下になってる。

まず最初に通された部屋で

およその沿革を聞く。

その際にもすでに人々は

「利き酒」のところに群がっており、

私の隣で1人参加していた

不気味な男(ズボンの丈が変、くせ毛、

おもたそうな一重)が

「後で飲めるンだから、

今がっつかなくてもいいだろうに」みたいな

ことをニヒルぶって言ってた。

さっそく友人と2人で彼を「オウム」と

命名。

オウムは、酵母の開発室に異様に興味を示しており、

何度も、「高級酵母」の部屋をのぞいていたので、

「サリンの次は、酵母で人命を・・・」と思った。

この酒蔵を案内してくれた方が、

「ええ、酵母が発酵するときには

二酸化炭素が発生します。

今は少し収まってますが、

発酵がさかんなときは、結構な量がでるんですよ。

昨年は、二酸化炭素中毒で、

酒樽の中に人が落ちてなくなるという

不幸な事件があり・・・・・、

あ、うちじゃありませんよ(笑顔)

と、人が亡くなったことを

にこにこと話してくれた。

それまで、パンフレットに

「年間○リットルの生産」のように

メモ癖のある友人はメモっていたが、

いきなり、

「命名・死神」と大きく書いて、こちらに見せた。

笑うとこじゃないから

笑わせないで下さい。

全ての工程をみせてもらったあと、

今年、販売目的ではなく、

品評会に出すための初絞りのお酒を

飲ませてもらった。

とてもおいしかったので、

銘柄はなんていうんだろうね、と

友人にいうと

「死神」と答えた。

そんなお酒はありません。

会社の人にうかがったら、

売る場合には「飛白(ひはく)」となるらしい。

皆様、チェックしてみてください。

最後は、暖房の聞いた蔵で、

打ち立てのおそば、

つきたてのお餅、

秋田の数々のお漬物、

そして飲み放題の日本酒が用意された

部屋で、思う存分飲み食い。

向かいに座った夫婦と

仲良くなり、色々話していたら、

帰り際に「荷物になるけど」と

そこで買った蔵開きの日、限定の

日本酒を一本下さった。

ありがとう。やっぱ、秋田いいですね。

春ごろにはここで寄席も

行われるそうです。

またいきたいなー。

ちなみに、こちらの酒造会社でした。

秋田酒造(出羽鶴)

http://www.igeta.jp/

みなさん、飲み屋では

出羽鶴、刈穂、やまとしずくを

是非どうぞ!

ちなみに、

わが愛するバミューダトライアングルにも

地酒をいっぱい買ってきたので、

今週は秋田日本酒祭りです!

みんなで飲みましょうね。

http://blogs.yahoo.co.jp/bermuda_gcp

080223_134101

2008年2月19日 (火)

北関東とわたくし

明日から10度越えるそうですよ、

気温。

バミューダに、やっと石油ストーブが入って

温かくなりました。是非飲みに来てください。

****

近づいてきたぞ。

2月21日()高田馬場サニーサイド

JAZZ’ENKA LIVE

絶対に楽しいです。是非お越しください。

http://www.sunny-side.jp/

**********

日曜日に仕事で

足利に行った。

まるっきり期待してなかったということもあるが、

ひっじょーにいいところでした。

人は親切、食べ物もおいしく、

今まで「北関東なんか、なくてもいいのに」と

じつ馬鹿にしまくっていたわたくしの

目からうろこでございました。

最後、栃木駅近くの蔵作りの町並みを歩き、

あまりの寒さに居酒屋に飛び込んだ。

「路遊亭」 じゆうてい、と読むらしい。

ここで、なんとなくもしかしたらなー、と

思ったのだが、

はい、ご主人は見るからにヤンキー上がりでした、

夜露四苦。

メニューブックには「目に言う」、と

大書きされており。

メニューの洒落らしい。

「これで、北関東のヤンキーは

“おい、メニューのこと目に言うだってさ!”

“ギャハハハ!めにいう、めにいう”

“おい、サブ、見ろよ、目に言うだってさ”

のように小一時間は盛り上がるんでしょうね。

足利家も滅びるはずですよ・・・・」

と、

同行の教授に言ったら、

それはひどいのではないか、といわれた。

店内にどことなくメルヘンチックな雰囲気があることから

故ナンシー関の名言

「ヤンキーはファンシーが好き」を再確認。

ヤンキーじゃなかったらすみません。

シャイな、感じのいいご主人でありました。

郷土料理の店ではないが、

看板にしている朝採り野菜のメニューの

野菜は確かにおいしく、安くておいしかった。

ちなみに日曜日夜7時の栃木駅前は

この店しかあいてませんでした(のぞくファミレス)。

栃木は何かをあきらめているのかもしれない。

2008年2月 8日 (金)

おもしろ音源とわたくし

最近、めっきり更新してなくてすみません。

色々忙しくて・・・。

(えらそう)

****

これ、久々に聞いたけど

おもしろいな。

「開国を請うペリーさん」

http://perry-miyazaki.hp.infoseek.co.jp/perry.mp3

4,5年前にめちゃくちゃはやりましたね。

今、これの動画つきとか新バージョンとか

ありますが、

動画つきの中で、

吉野家バージョンがあり、これ、結構おもしろい。

音だけでも楽しめます。

http://okgwa.at.infoseek.co.jp/misc/perry_yoshinoya.html

個人的にはこれも大好きです。HOUSEミュージックと

かけてるところがまた・・・。

「あの女ハウス」

http://perry-miyazaki.hp.infoseek.co.jp/house.mp3

と、はい、手抜きです。

皆様是非ご覧下さい。

明日9日は高円寺石狩亭でライブです。

是非お越しを!

Vo小林恵子 G 可世木唯以

21:00- /22:30-

高円寺南口。

改札を右。駅出て、右。横断歩道を渡って

商店街を右に進む。

1個か2個目の左側に「メリーゴーランド」という

回転寿司あり。

その2階です。

日本語の歌も歌います。

■他のライブ

221日 高田馬場SunnySide JAZZ’enka

222日 池袋L-5 

229日 本郷Gout

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »