« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月27日 (木)

のぞきみとわたくし

明日は代官山CafeDeFascieで、ライブです。

是非お越しください。

http://www.fascie.com/index2.htm

19:30- おしゃれディナーに最適!

要予約です。お特感ありますよん。

****

今朝。

電車で、

私の前に立っていた女の子は

少し前に合コンに行ったらしい。

そして、その中の男の子にほれた。

なんでそんなこと知ってるかっていうと

後ろからその子の

メールを盗み読んだから。

その女子は(さおちん)という名前らしい。

友人がその女子にあてたメールは

下記の通り。

「さおちんのいとけんのこと思う気持ちは

よく分かったよ。いとけんはそこまでさおちんが

思ってることには気づいてないと思う。

でも、二人はいい感じになると思う。

姉御風吹かせたって気にしてるけど、

自分で反省してたなら、いいんじゃないかな。

これから気をつければいいんだし(絵文字)。

いとけんの写真、こないだ撮ったの持ってるから

今度送るよ。

あと、菅田さんには言わないから安心して」

どうしてこんなに覚えてるかっていうと、

電車でやることなくて、

その子の後ろで、

「さおちん 姉御風・・」とか

キーワードをメモッたから。

さおちん(姉御肌らしい)は、

この名前わかんないけど

友人が、適当に言った「二人はいい感じ」という

フレーズが気に入ったらしく、

何度も何度も、ナーン度も、

その部分をスクロールして、読んでニヤニヤしていた。

みなさん、携帯を電車の中で

ぷちぷちしているのを見かけるが、

わたくしのような

下種な女が覗き見ている可能性があるから

気をつけましょう。

ちなみにさおちんはジャニーズファンにいがちな

姫だるま系。

菅田さんに何を言わないのかは、わからないまま。

2007年9月21日 (金)

トイレトイレとわたくし

今週来週?のライブ

■9月28日(金)代官山Café De Fascie

Vo KATYK

Pf寺尾篤 B斉藤草平

19:30- 2set

¥5000(フレンチディナー・コースつき。飲物・税・サ別)

http://www.fascie.com/index2.htm

予約必要です!

************

インドネシア料理、CABE

http://r.gnavi.co.jp/a652800/

目黒通りにあり

知人もおいしいよ、といっており、

以前から

とても気になっていた。

昨日、家に帰ったところ、

ちょうど小学校時代の幼馴染が

この近所で夕食を食べるというので、

彼を誘っていってみた。

写真とかとってないんですけど

全部おいしかったです。

犬のご飯のように

むさぼりました。

インドネシアはバリに2回ほど

行っただけ。

胃腸の具合がすぐ悪くなる友人と一緒だった。

クタビーチのIKAT(向こうの布です)の店、

暴力的に冷房のきいたその店で、

布を選んでいた彼女が

いきなり、

「あのさ、トイレに行きたくなったんだけど・・・」

という。

彼女は、びっくりするくらい

英語がしゃべれない。

私だってしゃべれないが、比ではない。

中1から高3まで休学していたのではないか、という

くらいだ。

なので、わたくしが

「トイレ、使わせてください」と店員にいうと、

その鼻持ちならない店員は

「ごめんなさいねぇ、うちでは

トイレを貸さないの。

向かいのカセットショップ(懐かしい・・・)に

行って下さらない?」

という。

「向かいなら、トイレ貸してくれる・・・・」

店員の言葉を彼女に伝えようとしたが、

全て聞かないうちに、

友人は車道に飛び出し、向かいの店に走りこんだ。

走りこむのはいいが、

彼女は向こうの店員になんといっていいか分からない。

その後、車に轢かれぬよう、右左を確認してから

わたくしが向かいの店に行くと、

カセットショップの店員と

脂汗をかいている彼女が

アーティスト名

T」の場所にいて、

店員は「オー、トイレ・・・・?

トイレ・・・・?」とうなっていた。

「トイレどこですか?」という言葉がでず、

「トイレット」という言葉も浮かばなかった彼女は

日本語発音で、店員に

「トイレトイレトイレ」と連呼したために、

店員は「トイレ」という

アーティストのカセットを探していると思ったみたいです。

TOTO」の「聖なる剣」とかを友人に

見せて

NO!トイレ!」ときれられていました。

その後、無事トイレを借りることができましたが、

さて、この日記の中に

何回トイレって言葉が出てくるでしょうね。

食事中の方すみません。

2007年9月12日 (水)

お寺とわたくし

14日、の某バーの1周年記念のパーティーで演奏します。

客層も若くて素敵なbarですので、

是非是非お越しくださいませ!

当日は、チャージ無し!ドリンクのみ!

私のライブのほかにもベリーダンスのイベントや

DJによるサルサタイムなどもあり、

ライブハウスなどとは違う雰囲気の楽しい予感です!

■当日の暫定プログラム

20:00- ベリーダンスパフォーマンス

20:40- DJ-MART SALSA

21:30- KATY-BOSSAMBA-

    Vo小林恵子 G伊藤紀彦 B鄭在祐

  ラテンパーカッションの友人が

コンガかついで飛び入り予定!

22:30-ベリーダンス USHASさんによる

   素敵なパフォーマンス!

23:00以降 DJ-MART SALSAで盛り上がろう!

詳細を知りたい方は

けばやしまで直でご連絡くださいませ。

*******

先日、うちの親戚が

改葬(お墓の引越し)をした。

田舎にあるお墓を都内に移したのだが、

その際、「離檀料」なるものを請求されたらしい。

檀家を離れるのに数十万から数百万かかる場合があり、

しかも

改葬にあたってはこの、元の寺のお坊さんから

改葬申請書というのに捺印してもらわねばならない。

離壇料をはねつけると、今度はお坊さんが

捺印しない、とごねるケースがあるらしい。

「墓質」

っていうのかね。

先日その専門家に話を聞いたら

「法律的には払う必要がない。

今までの感謝の気持ち程度の払うのは分かるが

数百万などありえない」

それでも捺印してくれないと

手続きできないのでは?というと、

役所に説明すれば便宜を図ってくれる場合も

あるらしいです。

(つまりはんこがなくても、許可がおりる)

「お寺は黙ってるといくらでも搾取してきますからね」と

その方はいっていた。

以前、某有名奈良の古刹で

某有名画家の展覧会があり、

その取材をしたおりに、

画家の絵の掲載料については話がすぐついたが

こちらでとった寺の中の写真を掲載するのに

1点いくらかかるか、聞いたら

「お気持ちで」としかかえってこず、困ったことがある。

画家の人の手前、あまり非常識な値段設定して

迷惑かけても悪いし、と思って

請求書を送ってくださいといったら、

なんと

写真6点の掲載料が

6点×7万円で 42万、ときた。

写真はこっちで撮ってて、あくまで掲載許可、なんですけど。

あわてて電話して、

これでは無理だといったら、

「ではお気持ちで」とまた言われ、

「こちらは1点○千円で考えていました」というと

「それで結構です」とのこと。

まぁ結果的に

「お気持ち」にはなったけど、なんだかすっきりしない。

バリ島のおみやげ物売りじゃないんだから。

どっからでてきたんだ、7万という数字は。

心臓の弱い新入社員とかだったら

びびって自殺しちゃうんじゃないだろうか。

というわけで

お寺こわい。

もちろん、悪い人ばかりじゃないんでしょうが。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »