« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月29日 (水)

欧米か、とわたくし

明日はいよいよジャズとエンカのコラボ。

ほぼ満席にご予約いただきまして

ありがとうございます!

それが終わると、

小豆島へ。24の瞳に見つめられて

きれいになってきます。(勘違い)

■欧米か!とわたくし

昨日、わたくしはジムの

ラテンエアロに出た。

そのあと、ジムの外で立ち話などしていたら

このエアロのインストラクターの

クリスティーナちゃん

(顔がゲンコツくらいしかない美人の

ドイツ人)が出てきて、

かたことの日本語で話しかけてきた。

で、最後に

「また来週ねー」といって去っていったが、

手には

最近コンビニなどでよく売られている

カップ入りチーズ

(ゴーダとか、パルミジャーノとか、

ハード、セミハードタイプが

1センチ角に切られて入っているもの)

を握り締め、それを食べながら歩いていた。

あんだけハードな運動の後に、

あんな、のどにつっかえそうなもの

つまみながら歩いているなんて・・・・。

「欧米か」

と思いました。

欧米なんだけど。

ドイツだから米じゃないけど。

肉食人種の底力ってかんじだわ。

2006年11月 3日 (金)

日ハム優勝とヒロシとわたくし

うちの父ヒロシは日本ハムの
大ファン。

ドームの試合の年間全部の指定席を
購入したりして、
北海道にいっちまったあとは、

スカパーの日ハムの
試合をすべてうつす、
稀有なチャンネルを契約していた。

ここにきて、
優勝でしょ。

祝杯をあげた場所で、
飲みすぎて救急車で運ばれた
馬鹿っぷりである。

今日、久々に実家にいるんですが、
まず、父に

「お父さん、よかったね」といったら

満面の笑みで、

「お前にもこれをあげよう」と、
封筒をくれた。

何かと思ったら

「ハムジット」とかいう
日本ハム商品の商品券、2000円分。

しかも手紙つき。

「昭和21年、日本ハムファイターズのルーツ、
「セネターズ」のチームカラーに魅せられ、
応援し続けて、はや60年。

 このたび、やっと人生3回目の夢をみる
幸運に恵まれました。

シンジラレナーイ!

 ハムをどうぞ」

だって。

これが、巨人ファンとかなら
人生3回しか夢を見られないって
こともなかっただろうに。

ちなみに
この「ハムジット」は、

すでに5万円分購入し、

「おめでとうございます」といってくれた
人に配るそうだ。
(なんかファックスなんか
くれたりする人もいたそうです)

「とりあえず、5万だ。
まだまだ送る!」と。

ハム、好きな方、
今、ヒロシに「おめでとう」といえば

ハムジットが届きますよ。


« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »