« 能率の悪い焼き鳥屋とわたくし | トップページ | バス路線廃止とわたくし »

2006年9月22日 (金)

効率のいいとんかつ屋とわたくし

来週の金曜日は代官山Café De Fascieで歌います。

フレンチのおいしいディナーがついて、MC込み5000円。

是非お越しくださいませ。

http://www.fascie.com/index2.htm

Pf寺尾篤 +ベース

Vo 小林恵子・前田歌織ユニット

映画音楽とか、ハモものとかやろうかな、と。

**************

先日の焼き鳥屋と

ついになるような店にいった。

皆さんご存知の名店

「目黒・とんき」である。

http://tokyofood.exblog.jp/1312903

数日前の日記にも書いた気がすすが、

わたくしはとんかつ屋が嫌いである。

・トマトにきゅうり、キャベツの千切り、気張っても

せいぜいポテトサラダ程度しか

つけあわせのバリエーションのない

能のなさ。

それにソースがあんまり

好きではない。というか

お好み焼きなんかは好きだが、

とんかつにソースというのがいや。

というわけで、

洋食のカツレツは好きだが、

とんかつ屋にはあまり魅力を感じない。

ってまた繰り返しちゃった。

しかし、昨日

サルゾウが、どーーーーしても

とんかつ、しかも目黒のとんきを食べさせたい、

という。

そこまでいうなら、と

権之助坂を下ったよ。

かくして名店とんき。

まず、店に入るなり、

注文をきかれる。

席に着く前だ。

はい、ヒレかロースか、串ね!

そんなこと言われたって

その前まで

「悪魔の花嫁ってさー」などと

漫画の話してたのに、

いきなり何にしたらいいかなんて

おいら、分からないよ。

それでも

わたくしはロース派なので、

ロースを注文。

サルゾウもロースと串カツ1本、ビール1本

注文し、

白木のカウンター席に通される。

(注文してから通されるのだ)

ビールとピーナツがでてくる。

普通のビールとピーナツである。

それらをぽりぽり、ごくごくしていたが

一向にとんかつ様が出てこない。

カウンターの中を見ると、

衣つける人、

揚げる人、揚げたのを切る人、

など完全分業制で

ちゃっちゃかちゃっちゃか働いている。

無駄がない。

美しい。

だが

ビールを飲み終わっても、

まだとんかつ様がでてこない。

あんなにちゃかちゃか働いているのに、

なんていうことだ。

と、思ったらひとえに、

肉が分厚くて火が通るのに時間がかかるからなのね。

いらいらしながら20分ほど待つ。

その間も

人がどかすか入ってきて、

そのたびに

注文とりのおじさんは、

「はい、なににしますか?」と

食いつくように聞いている。

OLの二人組みが入ってきて

「えぇー・・。ヒレとロースかぁ・・・」

のように、

くねくね迷っていたら、

すぐにおじさんは

「はい、油が多いのがロース!

少ないのがヒレ!

はい、油多いの少ないの、どっちにしますか!」と。

普段わたくしは

このての

もじもじくねくね系の女が大嫌いだが、

このときばかりは

ちょっと同情。

一日中ひれとロースのこと

考えてるのは

あんただけなんだよ!
と。

そうこうするうちに、

とんかつ様が登場。

きめの細かい衣を

ちょっとディープに揚げてあり、

肉は厚い。

それをもそもそと食べていると

やはり客がばんばん入ってくる。

落ち着かない。

わたくしが出されたお茶を

飲み終わってないのに、

片付け係りのおじさんは

「はい、失礼しますー」と

とっととさげてしまったのでした。

感想:

1650円のとんかつは

1650円のペースで食べさせろ。

注文させろ。くつろがせろ。

横浜の750円の、素敵なカツレツのが

わたくしはやっぱり好きでごわす。

060801_12500001

« 能率の悪い焼き鳥屋とわたくし | トップページ | バス路線廃止とわたくし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能率の悪い焼き鳥屋とわたくし | トップページ | バス路線廃止とわたくし »